小皿中国料理よかっと @一乗寺 海老香るラーメン 実食レビュー

京都市左京区・一乗寺のおすすめ中華料理店「小皿中国料理よかっと」実食レビューです。一乗寺ラーメン街道にある四川料理のお店でラーメンを食べることもできます。コロナ対策は一乗寺でも最高レベルで安心して食事ができるお店です。

一乗寺ではレアな中華料理店「小皿中国料理よかっと」


小皿中国料理よかっと(京都・一乗寺)

小皿中国料理よかっと(京都・一乗寺)

京都市左京区にある四川料理のお店「小皿中国料理よかっと」はラーメン街道がある一乗寺では珍しい本格中華料理専門店です。

値段もリーズナブルでお昼も営業もしており「麻婆豆腐酢豚担々麺ラーメンワンタン麺」に点心をセットにしたランチを食べることができます。

お料理もおいしくて地元でも評判が良いので一度食べてみたかったお店です。

今回はこの「小皿中国料理よかっと」の雰囲気やどんなメニューがあるのかを実食レビューします。

どんなお店?(店舗概要)


地元民御用達の中華料理店です(小皿中国料理よかっと)

地元民御用達の中華料理店です(小皿中国料理よかっと)

こちらの「小皿中国料理よかっと」は一乗寺では珍しい本格四川料理を一品ずつ丁寧に作って提供しています。

値段はランチセットが1050円(税込)、ご夫婦経営で接客も良いので近隣住人の皆さんが普段使いでご飯を食べに来るお店です。

ひとりでも入りやすいので、お昼などは近くで働く方や地元のお客さんが食べに来るのをよく見かけます。

名物は一か月以上かけて漬けるお漬物を使ったチャーハン、あと四川麻婆豆腐も定評がありネットの評判も上々です。

このお店への行き方は?(駐車場の有無など)


Can★Do・びし屋のある交差点を左折(西行き)

Can★Do・びし屋のある交差点を左折(西行き)

場所は高野口を北に一乗寺ラーメン街道を進むと「Can★Do」や「びし屋」がある交差点がありますのでそれを左(西)に曲がったところにお店があります。

住所でいえば「〒606-8111 京都府京都市左京区高野泉町6-55」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場はありませんが、隣りがコインパーキングです(20分200円)。自転車駐輪場は近くにはありませんがバイクはひとつ南の交差点(曼殊院道)の西に60分100円の有料駐輪場があります(地図)。

店内の雰囲気は?(コロナ対策など)


小皿中国料理よかっと(店内写真)

小皿中国料理よかっと(店内写真)

店内はワンフロアに2名テーブルが5卓ほど、一度に10人程度が利用できる広さがあります。

庶民的な中華料理店で気軽に入れる雰囲気になっていました。

コロナ対策は一乗寺でも最高レベルで「マスク・検温・手指消毒・換気・入口開放・透明シールド・座席やドアノブの消毒」をしていました。

入口右にある消毒液の自動噴霧器は検温機能もあって、手を上にかざすと体温が表示できるという優れものです。

また、各テーブルにもアルコール消毒液があり自由に使うことができます。

このお店のメニューは?(実食レビュー)


海老ワンタン麺セット(1050円)

海老ワンタン麺セット(1050円)

ランチメニューは「四川麻婆豆腐酢豚担々麺鶏煮込みそば海老ワンタン麺」があり、値段は単品で870円です(税込)。

四川麻婆豆腐は「揚げ餅・ライス・スープ・香の物」が付いたセットがあり、酢豚は「点心・ライス・スープ・香の物」のセットになっていました。

麺類は「点心・ライス or 揚げ餅」がセットになっていて、セットはいずれも1050円(税込)です。

よかっとチャーハンはランチにもあります

よかっとチャーハンはランチにもあります

名物の「よかっとチャーハン」はランチにもあって値段はミニスープ付きで850円です。ただし、セット以外は税別表記になっているので別途消費税が必要です。

さて、チャーハンもすごく気になりますが、目的はラーメンなので今回は「海老ワンタン麺セット(1050円)」を注文してみました。

四川麻婆豆腐(850円、セットは1050円)
酢豚(850円、セットは1050円)
担々麺(850円、セットは1050円)
鶏煮込みそば(850円、セットは1050円)
海老ワンタン麺(850円、セットは1050円)
ワンタン麺は海老が香ってすごくおいしい

ワンタン麺は海老が香ってすごくおいしい

地元で人気だけあって味はとても美味しかったです。

ワンタン麺は海老の香りが良く、スープには海老の旨味がたっぷりと出ていました。

これは美味いとスープを何度も啜ってしまいます。

海老ワンタンは3つ入っていました

海老ワンタンは3つ入っていました

トッピングは「青梗菜青ねぎ海老ワンタン」で、海老ワンタンは3つ入っています。

お肉のつまった柔らかいワンタンは海老の風味がとてもよいので、ライスと一緒に食べるのがおすすめです。

天心2種はエビ蒸し餃子・蟹焼売

天心2種はエビ蒸し餃子・蟹焼売

セットの天心2種は「エビ蒸し餃子・蟹焼売」でした。

プリンとした具がたくさん入った点心で、こちらもエビとお肉の旨味が良くてむちゃくちゃ美味しかったです。

タレにつけてライスで食べると幸せ

タレにつけてライスで食べると幸せ

専用タレがあるのでそれに浸してライスと一緒に食べるとご飯がもりもり進みました。

さすが地元で評判があるお店だけあって素晴らしい味わいのお店で満足できました。

このお店の営業時間は?


小皿中国料理よかっと(一乗寺)

小皿中国料理よかっと(一乗寺)

今回紹介した「小皿中国料理よかっと」さんはラーメンが目立つ一乗寺では目立たない存在ではありますが、お料理はとても美味しくて気に入りました。

他のラーメン店が混んでて行列していても、こちらは穴場店なので混んでて食べられないということはないと思います。

営業時間はランチが12時~14時30分まで、ディナーは18時~22時までとなっています。ただし、時短営業要請期間は21時までとなるのでご注意ください。

ジャンル「四川中華料理店」
食事予算「1050円~」
ランチ営業「あり」
ディナー営業「あり」
営業時間「2時~14時30分・18時~22時」時短営業要請期間は21時まで
定休日「木曜日」
駐車場・駐輪場「なし」
住所「〒606-8111 京都府京都市左京区高野泉町6-55」
地図こちらをクリック(Google Maps)」
テイクアウト「ランチのお弁当(要予約)」
出前「なし」
電子決済「なし」
コロナ対策「マスク・検温・手指消毒・換気・入口開放・透明シールド・座席やドアノブの消毒」


この記事を書いた人

この記事は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。



京都ラーメン

関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。