ラーメンめん風 @京都府京田辺市「激安なラーメン専門店」実食レビュー

京都府京田辺市にあるラーメン専門店「ラーメンめん風」さんへ行って来ました。とても行きづらい場所にあるので、こちらをご存知の方は京都のラーメンマニアでもあまりいないかもしれません。値段が安く、餃子とラーメンで580円、ラーメン+ミニ炒飯で600円というお手軽プライスのラーメン専門店です。

安い!ラーメン専門店「ラーメンめん風」へ行って来た


なかなか行きづらい場所にある「ラーメンめん風

なかなか行きづらい場所にある「ラーメンめん風

今回の「京都ラーメン速報」は、京都府京田辺市にあるラーメン店「ラーメンめん風」さんへ行って来ました。

こちらのラーメン店、存在自体は何年も前から知ってはいたものの、あまりにも行きづらい場所にあるため・・・・

なかなかの発見困難店です。

値段は安く、餃子とラーメンで580円

値段は安く、餃子とラーメンで580円

しかし、この「ラーメンめん風」さんは激安なラーメン専門店だったりします。

値段は安く、餃子とラーメンのセットで580円

サービスランチ(ラーメン+ミニ炒飯)で600円

サービスランチ(ラーメン+ミニ炒飯)で600円

サービスランチもあって、ラーメン+ミニ炒飯で600円というお手軽プライスなのです。

だが、やっぱり行きづらいのでまず最初に場所を説明しましょう。

京都駅から近鉄京都線で「興戸駅(こうどえき)」で下車

京都駅から近鉄京都線で「興戸駅(こうどえき)」で下車

京都から行く場合は、京都駅から近鉄京都線に乗車します。

急行ならひとつ手前の「新田辺駅」で下車して、普通に乗り換えます。

最寄り駅は「興戸駅(こうどえき)」なので下車してください。

駅の西側へ出て、府道22号からさらに西へと向かいます。

駅からは人が結構歩いているので、その流れについていくだけでほぼ目的地まで到着します。

人の流れについていくと到着するのがココです

人の流れについていくと到着するのがココです

人の流れについていくと到着するのがココ!

同志社大学の京田辺キャンパスです。

正門から入って中央広場の左側の道をまっすぐ

正門から入って中央広場の左側の道をまっすぐ

同志社大学の京田辺キャンパスの入口を入ります。

一般の方でも普通に入れるので問題ありません。

広場の左側の道を奥へまっすぐ

広場の左側の道を奥へまっすぐ

正門から入って中央広場の左側の道をまっすぐ進んでいきます。

道を渡って前の階段を上がります

道を渡って前の階段を上がります

道がありますので、それを渡ると目の前に建物があります。

階段を上がってください。

ファミマを通り過ぎます

ファミマを通り過ぎます

すぐにファミマがあるので通り過ぎます。

カフェテリアも通り過ぎます

カフェテリアも通り過ぎます

次にカフェテリアがありますが、こちらも通り過ぎます。

カフェテリアにもラーメンがあります

カフェテリアにもラーメンがあります

ちなみに、このカフェテリアにもラーメンがあります。

おいしんボ横丁へ到着

おいしんボ横丁へ到着

カフェテリアの先に「おいしんボ横丁」があるので入ります。

二軒目が「ラーメンめん風」さんです

二軒目が「ラーメンめん風」さんです

二軒目が「ラーメンめん風」さんなので食券を購入します。

めん風ラーメンは500円から

めん風ラーメンは500円から

メニューは「めん風ラーメン(500円)」や味噌に白湯ラーメンなど。

唐揚げがのったラーメンもあったりします。

もちろん、チャーハンや餃子もあり、学生に人気なのがボリュームがあるのに安い「唐揚げ(250円)」です。

めん風ラーメン 500円
味噌ラーメン 500円
白湯ラーメン 500円
チャーシュー麺 610円
唐揚げラーメン 610円
こってりラーメン 500円
炒飯 390円
炒飯大盛 500円
天津飯 400円
天津炒飯 450円
唐揚げ 250円
甘辛たれ唐揚げ 250円
温玉チャーシュー丼 400円
餃子 200円
ライス 130円
麺大盛り +100円
麺特盛り +150円

めん風ラーメン 実食レビュー


サービスランチ600円をチョイス

サービスランチ600円をチョイス

今回は「サービスランチ(600円)」をチョイスしました。

こちらは「めん風ラーメン+半炒飯」のセットで、スープは「めん風、味噌、白湯」から選べます。

ちなみに、何も言わないとスープは「めん風」になります。

めん風ラーメン、味は濃い目です

めん風ラーメン、味は濃い目です

大学の中にあるラーメン専門店ということもあり、味付けはかなり濃い目です。

見た目よりも醤油が強いです

見た目よりも醤油が強いです

見た目よりも醤油の辛さを感じます。

トッピングは「青ねぎもやしチャーシュー3枚」で、チャーシューはやや油っぽいコッテリで薄切りのものです。

麺も普通に多めです

麺も普通に多めです

味は普通ですが、値段は安いしボリュームがあります

炒飯はアッサリです

炒飯はアッサリです

炒飯はアッサリ味、中華味にごま油の風味をつけたものでした。

こちらも味は普通。

半炒飯ではありますが、こちらも量がありましたね。

学生さんにはとても良いお店だと思いますが、フードコートで食べる感じのラーメンに似ていました。

ラーメンめん風 営業情報


ラーメンめん風 は同志社大学京田辺キャンパス食堂・購買棟1階にあります

ラーメンめん風 は同志社大学京田辺キャンパス食堂・購買棟1階にあります

前述のように、ラーメンめん風さんは同志社大学京田辺キャンパス食堂・購買棟1階にあります。

営業時間は「11時~15時」で、土曜日だけ14時で営業終了です。

日曜日は休みなのでご注意ください。

席数は21ありますが、昼時は学生で混むの少し時間をずらすほうが良いと思います。

京都府京田辺市多々羅都谷1−3 同志社大学 京田辺キャンパス
営業時間:11時~15時(土曜日は14時まで)
定休日:日曜日
広告


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



京都ラーメン

関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。