2019年6月14日新店オープン 愛宕菜館(京都府南丹市、ラーメン新店)

京都府南丹市の八木駅前にラーメン新店「愛宕菜館」さんが2019年6月14日に新店オープンしました。こちら、元は京都市内の鳴滝にあった「桃花春」オーナーさんが復帰後に開店させたラーメン店なんです。愛宕菜館では味噌ラーメンと塩ラーメンがメインになりましたが「焼飯」はほぼ同じものでした。

京都府南丹市にラーメン新店「愛宕菜館」が2019年6月14日新店オープン


2019年6月14日に新店オープンした「愛宕菜館」

2019年6月14日に新店オープンした「愛宕菜館」

今回の「京都ラーメン速報」は、2019年6月14日に新店オープンしたばかりの「愛宕菜館」さんの実食レビューです。

場所はJR山陰本線「八木駅前」で、京都府南丹市のラーメン新店です。

メニューは「みそラーメン塩ラーメン」の2種類。

オープンした6月14日から数日はラーメンのみの提供でしたが、2019年6月19日からサイドメニュー「焼飯餃子」などの提供が開始されました。

オーナーさんは、2018年1月に閉店した京都市内(鳴滝)のラーメン店「桃花春」のオーナーです。

メニューは「みそラーメン、塩ラーメン、焼飯、水餃子」などです(愛宕菜館)

メニューは「みそラーメン、塩ラーメン、焼飯、餃子」などです(愛宕菜館)

実はこちらのラーメン店、すでに桃花春の移転先として記事になっています。

記事を分けたのは少々ややこしい理由からですが、以下の通りです。

・2018年1月に閉店した鳴滝の「桃花春」は京動開発に営業権譲渡されており、新「桃花春」として2019年~2020年に京都市内で営業再開予定となっている。
・今回紹介する「愛宕菜館」は元・桃花春のオーナーが自分のお店として開店したので桃花春ブランドは踏襲していない。

つまり、この「愛宕菜館」は桃花春の移転先で間違いないのですが、営業権が他社に譲渡されているため・・・・

桃花春とは別物

という扱いなのです。

ということで、記事を分けて、本記事で京都府南丹市にある「愛宕菜館」さんの実食レビューを行います。

札幌冬季オリンピックの味噌ラーメン 実食レビュー


カウンターが7席ほどの「愛宕菜館」さん

カウンターが7席ほどの「愛宕菜館」さん

ということで、早速「愛宕菜館」さんに入店です。

店内はカウンター7席ほどで、厨房前と窓際に分かれて席が設置されています。

前述のようにラーメンは「味噌と塩のみ」で、今回は味噌ラーメンを食べてみたいと思います。

実はこの味噌ラーメン、本ブログ調べでは1972年に開催された「札幌冬季オリンピック」の頃にオーナーさんが中華料理店をしていた際に選手村で提供していたラーメンの復刻版という話なんです。

札幌冬季オリンピック(1972年)時代の味噌ラーメンが復活!?

札幌冬季オリンピック(1972年)時代の味噌ラーメンが復活!?

味噌ラーメンは辛くないもので、京都人の嗜好に合った味噌ラーメンになっています。

出汁は濃厚というわけではなく、味噌の香りが漂う「昔ながらの味噌ラーメン」という懐かしい味わいになっていました。

私は「札幌冬季オリンピック(1972年)」も記憶にありますが、この時代に東京の競馬場にあった今でいうフードコートで食べた味噌ラーメンを思い出しました。

昔懐かしい味わいの味噌ラーメンです(愛宕菜館)

昔懐かしい味わいの味噌ラーメンです(愛宕菜館)

オーナーさんの話では、まだ味噌ラーメンの味は固まっていないそうです。

理由は京都でも地域によってお客さんの嗜好があるからで、今後は八木エリアのお客さんの意見なども聞きながら味を調整されていくとのことでした。

麺は少しカタメですが、これも調整中です(愛宕菜館)

麺は少しカタメですが、これも調整中です(愛宕菜館)

麺は中細ストレートで、ややカタメの茹で加減でしたが、オーナーさんに「カタメに茹でてますがどうですか?」と聞かれました。

私はカタメが好きだし、関西は麺カタ文化なので「良いと思います」と答えましたが、この麺の茹で加減も変わっていく可能性はあります。

とかく、このエリアは高齢の方が多いので、麺は少しヤワメが良いというお客さんもきっといるからです。

トッピングは「青梗菜、玉ねぎ、モヤシ、牛すじ」です(愛宕菜館)

トッピングは「青梗菜、玉ねぎ、モヤシ、牛すじ」です(愛宕菜館)

味噌も塩ラーメンもトッピングは同じもので「青梗菜玉ねぎモヤシ牛すじ」が使われていました。

牛すじからは八角の香りがほんのりと香ってきて美味しい牛すじです。

ラーメンの味わいとしては「ややアッサリ」という感じ、前店の「桃花春」がニンニクたっぷりのラーメンだったのと相反して、愛宕菜館ではサッパリとしたラーメンが提供されているのが特徴だと思いました。

これからは暑い夏の時期なので味噌ラーメンは少し濃い目(辛め)が良いかなと思いましたが、これはこれで美味しい味噌ラーメンでした。

桃花春の焼飯も復刻、味はやや変化していました(愛宕菜館)

桃花春の焼飯も復刻、味はやや変化していました(愛宕菜館)

さて、桃花春といえば「焼飯」です(酢をたっぷりかけて食べるのがお薦め)。

その焼飯も復刻されていて食べることができました。

味は少し変化しており、具材に大きな違いがあります。

人参や玉ねぎの刻み方が前よりも細かくなっていた焼飯(愛宕菜館)

人参や玉ねぎの刻み方が前よりも細かくなっていた焼飯(愛宕菜館)

具材は「チャーシューではなく牛すじ」で、人参や玉ねぎの刻み方が前よりも細かくなっていました。

玉子も細かくなっているのと、チャーシューではなく牛すじなので脂っこさは前と比べて無くなっており「上品なチャーハンに変化した」という印象でした。

まぁ、でも私は前店のチャーハンのように具材をザックリと切った味がよく分かる焼飯も嫌いじゃなかったですよ。

・味噌ラーメンは1972年頃の味を復刻
・値段は800円
・チャーシューではなく牛すじを使っているのが特徴
・アッサリした辛くない味噌ラーメンで京都人の嗜好に合っている
・味は今後調整されるとのことでした
・桃花春の焼飯も復活
・焼飯は具材の切り方が細かくなっている

愛宕菜館 メニューと値段


ラーメンは800円、焼飯は小がなくなって600円(愛宕菜館)

ラーメンは800円、焼飯は小がなくなって600円(愛宕菜館)

では、今回紹介した「愛宕菜館」さんのメニューと値段についてです。

ラーメンは2種類でいずれも800円となっており、桃花春時代を知っている方であれば値段が上がったのが分かるかと思います(桃花春はラーメン600円台でした)。

焼飯は600円、桃花春では小焼飯とラーメンをセットに出来たのですが、それも無くなっています。

他には餃子がなくなって、鶏の唐揚げと水ぎょうざがラインナップされていました。

2021年6月時点で餃子は「水餃子」から「焼き餃子」に変更されています。

塩らーめん 800円
みそらーめん 800円
水ぎょうさ 600円
鶏の唐揚げ 600円
焼きめし 600円
ごはん 200円~250円

愛宕菜館 行列や待ち時間について


愛宕菜館では行列や待ち時間はある?

愛宕菜館では行列や待ち時間はある?

以前の桃花春ファンの方であれば、この「愛宕菜館」さんは気になるラーメン店だと思います。

桃花春はオーナーさんが疲労と寝不足などで倒れて入院して閉店となりましたが、今はお元気になっていますし、オーナーさんの顔を見に行くのも良いでしょう。

となると、気になるのが「行列や待ち時間」なのですが・・・・

そういったものはありませんでした。

開店時間は11時ですが、10分ほど遅れて開店するもオープン前行列などはなく普通に入店しました。

それから30分の間に5人ほど入店されましたが満席にはなりませんでした。

愛宕菜館 営業時間と定休日


営業時間は「11時~15時、18時~21時」です(愛宕菜館)

営業時間は「11時~15時、18時~21時」です(愛宕菜館)

では「愛宕菜館」さんの営業時間や定休日についてです。

営業時間は「11時~15時、18時~21時」ですが、当日は11時10分頃に開店されていました。

定休日は二連休で「月曜日、火曜日」となっています。

オープン初日だけはラーメン10食のみの営業だったそうで、サイドメニューもなかったのですが、2019年6月19日以降は通常営業されています。

京都府南丹市八木町八木東久保38 栄光マンション1階
営業時間:11時~15時、18時~21時
定休日:月曜日、火曜日

愛宕菜館 アクセス方法と駐車場について

では「愛宕菜館」さんへの行き方や駐車場についての情報です。

前述のようにJR山陰本線「八木駅」前なので、京都市内からなら電車で30分ほどの場所です。

亀岡駅までは急行が出ていますが、それ以降は普通に切り替わるので特急以外であれば「八木駅」には停車します。

運賃は花園駅から乗車して片道410円でした。

JR山陰本線「八木駅」から徒歩2分です(愛宕菜館)

JR山陰本線「八木駅」から徒歩2分です(愛宕菜館)

JR山陰本線「八木駅」から国道9号に出てすぐ左側です

JR山陰本線「八木駅」から国道9号に出てすぐ左側です

駅から国道9号に出て左を向くともう見えています(愛宕菜館)

駅から国道9号に出て左を向くともう見えています(愛宕菜館)

京都市内からだと電車で行くのが便利ですが、駐車場もあるとのことでした。

店舗の左側に駐車場へと入る小さい入口があるので、そこを入ると大きな駐車場があります。

入ってすぐ右に1台分「愛宕菜館」と書かれたスペースは確認できています(2台分ほどあるそうです)。

駐車場もありますが台数は少なめなので電車が便利です

駐車場もありますが台数は少なめなので電車が便利です

愛宕菜館 このお店の口コミは?


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



京都ラーメン

関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。