【閉店】2019年6月13日オープン ラーメン野郎 一龍 宇治小倉店(二郎インスパイア新店)

2019年6月13日に京都府宇治市の小倉でラーメン新店「ラーメン野郎 一龍 宇治小倉店」が開業することになっています。近鉄京都線「小倉駅」から徒歩7分、5月21日に閉業したばかりの「麺匠 勝壱」さんのテナントに黄色い看板がすでに掲示されています。

最新情報:こちらの店舗は2020年1月31日で閉店となります(1月27日と29日は休み)。

ラーメン野郎 一龍 宇治小倉店 が2019年6月13日に新店オープン


2019年6月13日、宇治小倉に「ラーメン野郎 一龍 宇治小倉店」が新店オープン

2019年6月、宇治小倉に「ラーメン野郎 一龍 宇治小倉店」が新店オープン

宇治小倉でラーメン店が新店オープン準備中です。

お店の名前は「ラーメン野郎 一龍 宇治小倉店」、黄色い看板に黒文字の屋号がラーメン二郎インスパイアを彷彿させます。

場所は近鉄京都線「小倉駅」から徒歩10分かからない場所で、元は「麺匠 勝壱」さんという2018年6月30日に開店して2019年5月21日に閉店したラーメン店があった場所です。

看板には豚のマークがあります(ラーメン野郎 一龍 宇治小倉店)

看板には豚のマークがあります(ラーメン野郎 一龍 宇治小倉店)

看板には豚のマークがあることから豚骨ベースのラーメンであることは想像できることです。

看板の雰囲気からして豚骨ベースのラーメン二郎に似たメニューになるのではないかと予測されました。

すると、気になるのは「誰が開業するの?」ということだと思いますが、これについては別の情報から出町柳で2018年11月15日に閉店した「麺屋 一龍」さんの移転新店舗ではないかと推測することができます。

ラーメン野郎 一龍 宇治小倉店はラーメン二郎インスパイアのお店なのか?


ラーメン野郎 宇治小倉店はラーメン二郎インスパイア?(写真はラーメン二郎京都店)

ラーメン野郎 宇治小倉店はラーメン二郎インスパイア?(写真はラーメン二郎京都店)

2019年6月に新店オープンする「ラーメン野郎 一龍 宇治小倉店」ですが、看板が黄色地の黒字であること、そして豚骨ベースのラーメンであることを考慮すると「ラーメン二郎インスパイアのお店」ではないかと推測されますが、いったい誰がここで開業するのでしょうか。

これについては、別の情報があります。

実は、出町柳で2018年11月15日に閉店した「麺屋 一龍」さんが、新店舗「ラーメン野郎」を宇治市で開業すると2019年5月19日に告知しているのです。

このTweetでは場所まで言及されていませんが、2019年4月14日の投稿で「宇治市で再開」という投稿もされていたので、この時から調べていました。

看板には「一龍」という文字も見えます(ラーメン野郎 一龍 宇治小倉店)

看板には「一龍」という文字も見えます(ラーメン野郎 一龍 宇治小倉店)

上の写真に写る看板には「一龍」という文字もあり、ここが出町柳にあった「麺屋 一龍」さんの新店舗であることは、ほぼ間違いないでしょう。

一龍のオーナーさんはラーメン研究に熱心な方なので、その方がもし二郎インスパイアを作るのであれば、これは期待しても良いのではないでしょうか。

ラーメン野郎 一龍 宇治小倉店 オープン初日の様子


オープン初日の「ラーメン野郎 一龍 宇治小倉店」2019年6月13日撮影

オープン初日の「ラーメン野郎 一龍 宇治小倉店」2019年6月13日撮影

ということで、ラーメン野郎 一龍 宇治小倉店のオープン初日(2019年6月13日)に行って来ました。

オープン初日は先着100名様に麺大盛り又は肉マシ無料、開店前に10名程度の並びでちょうど店内が満席になる人数だったようです。

オープン初日は先着100名様に麺大盛り又は肉マシ無料でした(ラーメン野郎 一龍 宇治小倉店)

オープン初日は先着100名様に麺大盛り又は肉マシ無料でした(ラーメン野郎 一龍 宇治小倉店)

二郎系となっていますが、正確には「二郎インスパイア」ですね。

店内はカウンターのみ、出町柳の一龍オーナーさんがいました

店内はカウンターのみ、出町柳の一龍オーナーさんがいました

カウンターのみのお店で、厨房には出町柳の「一龍」オーナーさんがいました(店長ではなかったようで7月以降は別の方が厨房に入っています)。

メニューは基本「汁なし麺、屋台中華そば、野郎ラーメン」

メニューは基本「汁なし麺、屋台中華そば、野郎ラーメン」

メニューは3種類汁なし麺屋台中華そば野郎ラーメン」となっています。

ただし、野郎ラーメンの食券は販売されていなかったのと「野郎ラーメンはいつですか?」みたいな会話も中で聞いたのでまだみたいでした。

汁なし麺(大 400g)850円
汁なし麺(中 300g)750円
汁なし麺(小 200g)750円
汁なし麺(ミニ 150g)750円
屋台中華そば(大 210g)850円 ※140gの食券にプラス現金100円
屋台中華そば(中 140g)750円
野郎ラーメン(大 400g)850円
冷やし中華 950円(麺量選べます)
汁なし麺(中 300g)750円、ヤサイマシ、脂マシ

汁なし麺(中 300g)750円、ヤサイマシ、脂マシ

今回は「汁なし麺(中 300g)750円」を食べてみることにしました。

オーダーは「ヤサイマシ脂マシ」で、モヤシとキャベツに肉の塊が3つほど入っています。

写真で見てもわかりますが、量は結構ありますね。

麺は極太で8分くらい茹でてましたがカタメです

麺は極太で8分くらい茹でてましたがカタメです

麺は極太のカタメ、それでも8分は茹でていました。麺は木嶋製麺所さんらしいです(未確認)。

あと、ちょっと理由は分からないのですが、オーダーが通ってから20分ほどしてから麺を茹でていたので提供まで時間がかかっていました。

結局、11時45分着、10分待って着席、さらに20分後に麺茹で、麺茹で始めてから10分で着丼という流れだったので着席から着丼まで30分でした。

タレは風味よく辛み控えめ、甘みのあるものでした

タレは風味よく辛み控えめ、甘みのあるものでした

タレは色が濃いのですが、そんなに辛くはなく、醤油(湯浅醤油)の風味はよく感じられるものです。

甘さのバランスも良く、二郎インスパイアとしてはよく出来ていると思いました。

一乗寺の池田屋さんに近い味わいですね。

ラーメン野郎 一龍 宇治小倉店 営業時間やアクセス方法


麺匠 勝壱の跡地でオープンした「ラーメン野郎 宇治小倉店」

麺匠 勝壱の跡地でオープンした「ラーメン野郎 宇治小倉店」

では「ラーメン野郎 宇治小倉店」さんの場所とアクセス方法についてです。

住所は「京都府宇治市小倉町西浦99−81」で、近鉄京都線「小倉駅」から徒歩7分ほどです。

国道24号の「オートバンク宇治店」の交差点を西へ、そのまま真っすぐ左手にお店があります。

営業時間は「11時30分~22時(L.O.21時30分)」で定休日は「水曜日、隔週火曜日」です。

京都府宇治市小倉町西浦99−81
営業時間:11時30分~22時(L.O.21時30分)
定休日:水曜日、隔週火曜日
公式Twitter:https://twitter.com/gTOEgj3dPVonRBk


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



京都ラーメン

関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。