【閉店】元祖ラーメン宝 萬両本店 @京都・伏見が2018年10月20日新店オープン

京都市伏見区に「元祖ラーメン宝 萬両本店」が新店オープンしています。2018年10月20日から営業しており、元は「弁慶ラーメン 本店」でリニューアルなのですが、建物自体が異なるので新店といっても良いでしょう。

黒毛和牛特製ラーメンという黄金の器に盛り付けられたラーメンがあります。

最新情報:この店舗は2019年10月20日に閉店しています。

元祖ラーメン宝 萬両本店 が2018年10月20日新店オープン


新店オープンしたばかりの「元祖ラーメン宝 萬両本店」

新店オープンしたばかりの「元祖ラーメン宝 萬両本店」

2018年10月20日に新店オープンした「元祖ラーメン宝 萬両本店」さんへ行って来ました。

厳密にはリニューアルで、元は「弁慶ラーメン 本店」です。

建物は新しく駐車場に建てられた店舗で、弁慶の旧建物は使われていません。

ここは「宝産業」というラーメンの食材全般を扱う会社で、そのパイロット店が「元祖ラーメン宝 萬両本店」という位置づけです。

では、この「元祖ラーメン宝 萬両本店」ではいったいどんなラーメンが食べられるのでしょうか。

元祖ラーメン宝 萬両本店 黒毛和牛特製ラーメン


ラーメンは「萬両ラーメン」と「黒毛和牛 特製ラーメン」があります

ラーメンは「萬両ラーメン」と「黒毛和牛 特製ラーメン」があります

ラーメンは「萬両ラーメン」と「黒毛和牛 特製ラーメン」があり、味はそれぞれ「醤油」がありました。

どちらも熟成平打手もみ麺を使っており、後者の「黒毛和牛 特製ラーメン」は金色のラーメンどんぶりを使用した特製ラーメンになっています。

ということで、迷うことなく「黒毛和牛 特製ラーメン」を発注です。

黒毛和牛特製ラーメン(醤油)実食レビュー


黒毛和牛特製ラーメン(醤油)1300円(ラーメン宝 萬両本店)

黒毛和牛特製ラーメン(醤油)1300円(ラーメン宝 萬両本店)

ということで、こちらが「黒毛和牛特製ラーメン(醤油)1300円」です。

金色の黄金ラーメンどんぶりに盛り付けされたラーメンで、黒毛和牛がたくさんトッピングされているのが特徴です。

他に「ほうれん草、焼きネギ」などが入っています。

スープについて


スープは「豚、鶏、魚介」の合わせスープです(ラーメン宝 萬両本店)

スープは「豚、鶏、魚介」の合わせスープです(ラーメン宝 萬両本店)

スープは「豚、鶏、魚介」の合わせスープですが、味付けはアッサリで和風スープのように魚介(昆布)の旨味を感じます。

豚と鶏も使われていますが、どちらも主張が少なく、背脂や油がたっぷりでコクが出ていました。

醤油ダレは辛味はあるのですが、香りは和牛の味わいが全面に出ているタイプで、スープよりも和牛と麺の存在感を感じました。

麺について


麺は熟成平打手もみ麺です(ラーメン宝 萬両本店)

麺は熟成平打手もみ麺です(ラーメン宝 萬両本店)

麺は熟成平打手もみ麺を使っていて、かんすいで熟成された黄色い麺です。

熟成されているのでコシと独特の香りがあり、スープと絡めるとチュルチュルとコシのある麺を感じられます。

玉子麺なので麺自体に味わいがあるタイプです。

ただ、太麺なのにスープが味付けサッパリなので、食べていると麺の方が強調されているように感じます。

スープに油っぽさがあるので、そのようにしたのだと思います。

牛肉がたっぷり入っています(ラーメン宝 萬両本店)

牛肉がたっぷり入っています(ラーメン宝 萬両本店)

なお、スープ自体は旨味があり、辛さも控えめなので関西風のラーメンという感じがします。

全体的には麺と牛肉が勝っていて、京都では見ないタイプの味わいでした。

元祖ラーメン宝 萬両本店 とは


店内は一般的なロードサイド店の雰囲気です(元祖ラーメン宝 萬両本店)

店内は一般的なロードサイド店の雰囲気です(元祖ラーメン宝 萬両本店)

店内はカウンターが7席ほどでしょうか、それに4人から6人座れそうな大きなテーブルが3卓ほどありました。

前述のように、元は「弁慶ラーメン 本店」というお店があり(別棟)、ラーメンの食材全般を扱う会社「宝産業」が展開しているパイロット店のうちの1店舗になります。

宝麺製作所

宝麺製作所

上の写真のように、旧「弁慶ラーメン」は使われておらず、その奥は「宝麺製作所」という看板が付いていました。

平たくいえば「宝産業の敷地にある直営店」ですね。

元祖ラーメン宝 萬両本店 メニューと値段


元祖ラーメン宝 萬両本店 メニューと値段

元祖ラーメン宝 萬両本店 メニューと値段

ラーメンは2種類で「萬両ラーメン」が750円「黒毛和牛 特製ラーメン」が1300円となっています。

セットメニューもあり、+350円で「唐揚げセット」、+250円で「餃子セット」にすることもできます。

値段は京都で一般的な価格帯です。

メニューは以前の「弁慶ラーメン」とはまったく違うタイプのラーメンになっていました。

・萬両ラーメン(醤油、塩)750円
・黒毛和牛特製ラーメン(醤油、塩)1300円

元祖ラーメン宝 萬両本店 営業時間や定休日


元祖ラーメン宝 萬両本店、宝産業の麺工場と併設されています

元祖ラーメン宝 萬両本店、宝産業の麺工場と併設されています

「元祖ラーメン宝 萬両本店」の営業時間なのですが「11時~」で閉業時間を聞いておくのを忘れましたが、たぶん24時とかでしょう。

定休日はたぶん「不定休」です。

京都府京都市伏見区横大路下三栖宮ノ後35
営業時間:11時~
定休日:
公式サイト:http://www.takara-jp.com/

元祖ラーメン宝 萬両本店 アクセス方法

「元祖ラーメン宝 萬両本店」のへの行き方です。

京阪国道(1号線)を南へ、外環道と交差する「横大路」の交差点を左折(東へ)してすぐの場所です。

曲がるところに「マクドナルト」や「ワークマン」があるので覚えておくと目印になります。

大型の駐車場があるので自家用車でもまったく問題なく、行きやすいお店と言えそうです。


関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。