麺屋とも @京都・元田中「昔ながらの中華そば」実食レビュー

京都・元田中駅前に新しいラーメン店「麺屋とも」が2018年2月20日に新店オープンしていました。昔なつかしい中華そばの味と店頭に書かれていましたので、早速「中華そば 600円」を食べることにしました。ラーメンは鶏ガラベースのライトな味付けになっており、トッピングなどは醤油味が効いた味付けです。店内には車イスでも入店可能になっています。

元田中は学生が多いので「麺屋とも」さんのような素朴なラーメンは珍しいかもしれません。

京都の元田中に昔ながらの中華そば店が新店オープン


叡電「元田中駅」前にラーメン店が新店オープン(2018年2月20日)

叡電「元田中駅」前にラーメン店が新店オープン(2018年2月20日)

2018年2月20日、京都に新しいラーメン店麺屋とも」さんが新店オープンしています。

昔ながらのラーメンをキャッチコピーにしたお店ですが、昔ながらの京風ラーメンのような味付けではなく、醤油の味を活かした関東風の味付けになっているラーメンです。

場所は、元「麺中夢中」があったテナントで、京都の一乗寺にも近い叡電「元田中駅」前になります。

元「麺中夢中」があったテナント

元「麺中夢中」があったテナント

元田中は、学生が比較的多い立地で、ラーメン店が周辺に数店舗あります。

前の店はTwitterで意味深なTweetを残して突然閉店してしまいましたが、その後にオープンした新しいラーメン店はどのような味なのでしょうか。

気になったのでオープン直後のランチタイムに食べに行って来ました。

麺屋とも 店内の様子


店内はL字カウンター8席ほど

店内はL字カウンター8席ほど

お店は「L字カウンター」になっており、全部で8席ほどでした。

ご年配の男性店主がラーメンを調理しており、他はご年配の女性3名で注文や配膳をしています。

周囲を見渡すと、新店なのでお祝いの花があって「重厚軍団池田屋」から贈られていました。どちらも一乗寺のラーメン店ですね。

卓上には「柿ピー」が置かれています

卓上には「柿ピー」が置かれています

注文は食券制なので、入口左の券売機で購入することになります。

カウンターには「柿ピー」が置かれていますが、好きな方は食べても良いみたいです。

他には「一味コショウしいたけ昆布」が置かれていました。

また、店内はフラットなのでバリアフリーに対応していますので、車いすでも食べに行くことができます。

麺屋とも メニューと値段


麺屋とも メニューと値段

麺屋とも メニューと値段

メニューと値段は、中華そばが600円からとリーズナブルな価格帯です。

ラーメンは「醤油」の2種類で、塩味は+50円の価格設定になっています。

中華そば 並 600円
中華そば 大 700円
中華そば 塩 並 650円
中華そば 塩 大 750円
白ごはん 100円
鶏ごはん 150円
味玉子 100円
普通のカレーライス 500円

まだ未発売でしたが「ワンタン麺」もレパートリーにあり、ラーメン定食セットもそのうち販売されるようでした。

麺屋とも 中華そば 実食レビュー


中華そば 並 600円

中華そば 並 600円

今回は「中華そば 並 600円」を食べてみることにしました。

トッピングは「チャーシューきくらげメンマ細ねぎ」とシンプルですが4種類ほど入っています。

チャーシューも厚切りで、600円にしては頑張った内容だなと思いました。

スープは「鶏ガラ昆布しいたけ」を使っており、出汁の味は出ていますが、醤油味はかなりライトというか薄味になっていました。

京都の老舗ラーメン店のように「鶏とか豚の強烈な香り」というのなく、普通の中華そばという味わいです。

麺は富田屋のものを使用

麺は富田屋のものを使用

は細めのストレートでオーソドックスですが美味しい麺で、北大路の富田屋のものを使っていました。

スープが薄味なので、麺は小麦の味わいを感じられるようになっています。

また、トッピングは「きくらげ」以外はすべて「醤油味」がストレートに感じられる味付けなので、非常に素朴な味わいのラーメンと言えそうでした。

鶏めし 150円

鶏めし 150円

鶏めし 150円」も食べたところ、醤油味の効いた鶏の細切れが入った鶏めしが出てきました。

味は五目寿司のような味わいで、ほんのり酢飯の味がするものです。元はお寿司の職人さんかなにかでしょうか?

値段が安いのでラーメンと一緒に気楽に食べられるのが良いですね。

麺屋とも への行き方(アクセス方法)


麺屋とも外観、タクシーがずっと停まって動かないので邪魔でした

麺屋とも外観、タクシーがずっと停まって動かないので邪魔でした

さて、元田中の新しいラーメン店「麺屋とも」さんへの行き方(アクセス方法)ですが、叡電の「元田中駅」なので、出町柳から叡電を使って行くことになります。

東大路通沿いなので京都市バスでも行くことができますが、JR京都駅からだと「206系統」で行くことができます。

営業時間は昼のみ(11:30~15:30)なのですが、オープン初日は14時には売り切れ閉店となっていました。

駐車場はなく、すぐ隣の駐車場は全く無関係なので「駐車禁止」と店頭に貼り出してありました。

目の前も東大路通で交通量が多いので、店頭駐車はしないで近隣のコインパーキングを使うようにしてください。

京都府京都市左京区田中里ノ内町34
営業時間:11:30~15:30(売り切れ終了)
定休日:不定休


京都ラーメン

関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。