Zzz coffee ズズズ コーヒー(京都コーヒー・下京区)2021年4月17日オープン

京都市下京区、京都中央卸売市場の近くで自家焙煎珈琲豆の販売を行う「Zzz coffee ズズズ コーヒー」が2021年4月17日に新店オープンしました。カフェではありませんが今回はカフェカテゴリーで紹介します。

2021年4月17日オープン Zzz coffee ズズズ コーヒー


2021年4月17日オープン Zzz coffee ズズズ コーヒー

2021年4月17日オープン Zzz coffee ズズズ コーヒー

京都市下京区、京都中央卸売市場のスグ近くでコーヒー豆の販売を行う「Zzz coffee ズズズ コーヒー」が2021年4月17日に新店オープンです。

自家焙煎珈琲豆が120g(880円)から販売されていました。

ゲストハウスの一角に小屋を建て、そこで営業しているお店でカフェではありません

ゲストハウスの小屋で営業しています

ゲストハウスの小屋で営業しています

でも、コーヒー豆を購入すると一杯試飲できて明るい雰囲気の店内でコーヒーを飲むこともできます。

店内にはコーヒー豆だけでなく本もたくさん並んでいて、本が読めるところも開放されているようです。

店内には本がたくさん並んでいました

店内には本がたくさん並んでいました

4月22日にお店を見かけて、店頭で確認したところ営業日は土曜日と日曜日(12時から)ということで、今回は4月24日の12時過ぎに訪問してきました。

今回はこの「Zzz coffee ズズズ コーヒー」の雰囲気やどんなコーヒー豆があるのかを実食レビューします。

店内の雰囲気は?(コロナ対策など)


Zzz coffee ズズズ コーヒー(店内写真)

Zzz coffee ズズズ コーヒー(店内写真)

今回紹介する「Zzz coffee ズズズ コーヒー」さんはゲストハウス「平旅籠ひばり」の中にあります。

新型コロナで宿泊業は休止中で、今は本格的に焙煎珈琲豆の販売を行っているのです。

入口に手指消毒液があるので、それで手指を消毒してから入店しました。

コーヒー豆より本が多い店内

コーヒー豆より本が多い店内

この「Zzz coffee ズズズ コーヒー」はコーヒー豆と本のお店。

コーヒー豆より本が多くて本も販売しているようです。

では、どんなコーヒー豆があるのでしょうか?

このお店のコーヒー豆は?


コーヒー豆は120g(880円)から販売

コーヒー豆は120g(880円)から販売

コーヒー豆は120g(880円)から販売していて、200gだと1210円です。

大きい袋と小さい袋になっているので見た目で量がわかります。

袋は白と黒で、白は浅煎り寄りのコーヒー、黒は深煎り寄りの焙煎です。

「グアテマラ」と「東ティモール」のブレンドコーヒー

「グアテマラ」と「東ティモール」のブレンドコーヒー

今回は「Rip Van Winkle(深煎り)」を購入しました。

アメリカの本をイメージした焙煎だそうで、香りは強めの深煎りですがスッキリとした後味です。

Rip Van Winkle(深煎り)

Rip Van Winkle(深煎り)

袋の裏にはコーヒーの説明が書かれており、店主さんは本好きなんだなというのを感じる文章が書かれていました。

ちなみに「グアテマラ」と「東ティモール」のブレンドコーヒーです。

村上春樹の小説「眠り」をイメージした焙煎豆

村上春樹の小説「眠り」をイメージした焙煎豆

こちらは村上春樹の小説「眠り」をイメージした焙煎豆で「17日目」というブレンドです。

17日目を試飲してきました

17日目を試飲してきました

コーヒー豆を買うと試飲ができるので、購入したのとは別のブレンドをいただいてきました。

こちらは中煎りくらいの浅めの焙煎ですがシッカリとした香ばしさでありながらアッサリとした後味のコーヒーです。

どちらかというとスッキリとした味わいでありながら香り(苦味)もシッカリとしている焙煎のお店ですね。

お店の雰囲気も良いしイイ感じのお店でした

お店の雰囲気も良いしイイ感じのお店でした

店主さんも気さくな方でお店の雰囲気も良いしイイ感じのお店でした。

焙煎所とは思えない雰囲気のお店というのも面白いですね。

このお店への行き方は?(駐車場の有無など)


Zzz coffee ズズズ コーヒー(店舗外観写真)

Zzz coffee ズズズ コーヒー(店舗外観写真)

では「Zzz coffee ズズズ コーヒー」への行き方や営業情報についてです。

場所は京都中央卸売市場の西側、七本松通からだと「名代肉の大川」さんのところを西に入って次の角にお店があります。

住所でいえば「〒600-8847 京都府京都市下京区朱雀分木町57−2」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場はありませんが、店頭に多少は駐輪可能です。

営業時間は「12時~17時」で土曜日と日曜日のみの営業です。

ジャンル「コーヒー豆専門店(自家焙煎)」
営業時間「12時~17時」
定休日「平日(土日のみ営業)」
駐車場・駐輪場「なし」
住所「〒600-8847 京都府京都市下京区朱雀分木町57−2」
地図こちらをクリック(Google Maps)」
テイクアウト「テイクアウトのみ(試飲可能)」
コロナ対策「手指消毒・マスク」
公式https://hibarihostel.com/


この記事を書いた人

この記事は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。



京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新型コロナウイルスと戦う飲食店やテークアウトをするお店を紹介しています。店舗などをまとめ、新型コロナウイルスに打ち勝つことが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!