洋食のトム @京都・堀川今出川「お気軽600円ランチ」実食レビュー

京都の堀川今出川には昭和チックなレストラン「洋食のトム」さんがあります。平日のみの営業で、お昼には600円で日替わりランチが食べられるというお店です。店内は入ってすぐカウンターがある激セマ店で昔懐かしい感じの洋食屋さんです。

広告

京都の堀川今出川には昭和チックなレストラン「洋食のトム」がある


洋食のトム、京都の堀川今出川に昭和チックな洋食店がある

洋食のトム、京都の堀川今出川に昭和チックな洋食店がある

今回の「京都ランチ」は、京都の堀川今出川にある昭和な洋食店「洋食のトム」さんへ行って来ました。

こちらのお店、カウンターだけの激セマ店ですが、お昼には600円でコーヒー付きの日替わりランチが食べられるのです。

また、堀川今出川で駐車場がある店はなかなかありませんが、こちらには小型車が駐車できる駐車場があります。

分かりづらいかもしれませんが洋食店です(洋食のトム)

分かりづらいかもしれませんが洋食店です(洋食のトム)

上の写真を見ると雰囲気がだいたい分かるかと思います。

道沿いにステンレスの入口、入ったらすぐにカウンターというお店です。

店内はカウンター6席ほど(洋食のトム)

店内はカウンター6席ほど(洋食のトム)

店内はカウンター6席ほどで、40年ほど前に東京の下町によくあったようなスタイルの洋食店でした。

高度成長期の忙しい労働者がサクサクッと食べて帰るスタイルの洋食店が昔はよくあったのですが、そんな時代を思い起こさせるお店です。

かすれて読めないメニューも昭和チック

かすれて読めないメニューも昭和チック

メニューは「魚フライ、エビフライ、ポークカツ、ハンバーグ」など洋食店ならあるだろうメニューはほとんど網羅しています。

日替わり定食は600円、トンカツ定食は650円と定食の値段は600円~800円とお気軽な価格設定です。

メニュー見るの面倒くさかったので日替わりにしました

メニュー見るの面倒くさかったので日替わりにしました

洋食のトム「日替わり定食」実食レビュー


洋食のトム「日替わり定食」600円

洋食のトム「日替わり定食」600円

ということで、こちらが日替わり定食(600円)です。

日替わり定食は「生野菜エビフリッタスパゲティミンチカツライス味噌汁」と十分な内容です。

エビフリッタとミンチカツ、この2品は日替わりのようでした

エビフリッタとミンチカツ、この2品は日替わりのようでした

ミンチカツは甘めで、エビフリッタはタルタルソース、ご飯が進みます。

味は良いも悪いもありませんが、私は美味しくガッツきました

タルタルソースもデミグラスソースも既製品、お味噌汁は「ほんだし」ですが、貧乏だった学生時代に東京の新橋や有楽町で夜のバイト前に食べてた洋食の味わいに似ていました。

学生の頃は、とにかく時間がなくて、朝7時には学校に出かけ、夕方16時~朝4時までバイトして、ちょっと寝てまた学校行って、そんな生活の中で早くて安く食べられる町の洋食屋さんによく行っていたのです。

なんか、そんな時代を思い出す味でしたね。

洋食のトム 営業情報


洋食のトム(店舗外観写真)

洋食のトム(店舗外観写真)

さて、そんなノスタルジックな「洋食のトム」さんですが、堀川今出川西入ル、一筋目を南へ下ルにお店があります。

すぐ北側は「白峯神宮」で、今出川通から油小路通をちょっと入ったところではあるのですが、一方通行なので今出川通からは車では入れません。

営業時間は「11時~18時」で平日のみの営業です。

京都府京都市上京区東今町
営業時間:11時~18時
定休日:土曜日、日曜日


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。