2019年7月27日オープン 肉奉行 京都牛光 (寺町通、黒毛和牛、肉寿司新店)

京都の寺町通に黒毛和牛の肉寿司を提供するお店「肉奉行 京都牛光(うしみつ)」さんが2019年7月27日に新店オープンしていました。見た目も豪華でキレイな肉寿司で気になったので食べてみることにしました。

広告

2019年7月27日オープン 肉奉行 京都牛光


2019年7月27日に新店オープン「肉奉行 京都牛光」

2019年7月27日に新店オープン「肉奉行 京都牛光」

京都の寺町通黒毛和牛を使った肉料理専門店が2019年7月27日に新店オープンしていました。

場所は寺町通の錦小路通り(錦市場)と交わる辺りで、観光客が多い一等地です。

正式な店名は「肉奉行 京都牛光(うしみつ)」というのだそうです。

黒毛和牛などの肉寿司メインのお店です

黒毛和牛などの肉寿司メインのお店です

なんのお店かというと、黒毛和牛(一部)を基本に「肉寿司ステーキ肉まぶし」などを食べることができるお店です。

黒毛和牛を使った肉寿司は3貫580円からで、価格的には良心的な値段が付いています。

肉寿司は(茶漬けセット)は1580円とリーズナブル

肉寿司は(茶漬けセット)は1580円とリーズナブル

お肉は黒毛和牛(もしくは牛肉)の赤身を低温ローストしたもので、それを酢飯で食べたり、お茶漬けが肉まぶしにして食べるというスタイルになっていました。

メニューに「黒毛和牛」と書かれていれば、デフォルトで黒毛和牛を使用。

書いていなければ、追加料金で黒毛和牛を使ったものにできるそうです。

黒毛和牛 肉寿司(茶漬けセット)1580円
黒毛和牛 肉握り寿司 580円(三貫)
黒毛和牛 肉寿司(小)580円
肉まぶし(茶漬けセット)980円~2480円
ステーキ 980円~2480円

黒毛和牛 肉寿司(茶漬けセット)実食レビュー


黒毛和牛 肉寿司(茶漬けセット)1580円

黒毛和牛 肉寿司(茶漬けセット)1580円

黒毛和牛を使ったメニューでメインの料理は「黒毛和牛 肉寿司(茶漬けセット)1580円」のようでしたので、今回をそれを注文。

黒毛和牛とイクラが酢飯の上に盛られています

黒毛和牛とイクラが酢飯の上に盛られています

木桶の中に酢飯を入れ、その上に黒毛和牛のローストビーフとイクラをのせてある料理です。

そのまま食べるとややイクラの塩辛さを感じる肉寿司となっていました。

そのまま食べて、牛出汁でお茶漬けにして食べてと二度楽しめる料理です

そのまま食べて、牛出汁でお茶漬けにして食べてと二度楽しめる料理です

お茶漬けとメニューに書かれている場合は牛出汁がついてきます。

牛出汁は濃厚で美味しいのですが、酢飯も濃いのでややアンバランスさを感じる仕上がりです。

濃厚な牛肉出汁でお茶漬けにもできます

濃厚な牛肉出汁でお茶漬けにもできます

値段や内容は申し分ありませんが、やはり酢飯が京都の人には濃すぎる感がありました。

外国人向けの料理店なのかもしれませんね。

肉奉行 京都牛光 営業時間とアクセス方法


場所は寺町通の錦通(錦市場)と交わる辺り

場所は寺町通の錦通(錦市場)と交わる辺り

この「肉奉行 京都牛光」さんですが、錦小路通りを歩いて寺町通に出たところで左を向くとすぐにお店があります。

見た目や値段、場所などを考えると中国人観光客をターゲット層にしているようにも思えました。

営業時間は「11時30分~18時30分」でランチ利用がメインになるかと思います。

京都府京都市中京区東側町534
営業時間:11時30分~18時30分
定休日:不定休
公式サイト:https://www.ushimitsu.net/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。