餃子の王将 出町店 @京都が閉店!閉店の理由とは?

京都市上京区の出町にある餃子の王将(出町店)が2020年10月31日で閉店してしまうことが分かりました。閉店理由はなんと・・・・。店頭に「めし代のない人 お腹いっぱいただで食べさせてあげます。」と書かれた王将のレジェンド店のような存在の店舗が閉業する前にぜひ行ってみてください。

餃子の王将 出町店 @京都が2020年10月31日で閉店


めし代のない人 お腹いっぱいただで食べさせてあげます。

めし代のない人 お腹いっぱいただで食べさせてあげます。

めし代のない人 お腹いっぱいただで食べさせてあげます。」と書かれた年季の入った貼紙。

これは京都の出町にある餃子の王将である出町店に貼られたポスターです。

条件は学生であることと、仕送りが遅れていたり、昨日からなにも食べてないという条件だが、人情を感じる京都の名店です。

その「餃子の王将 出町店」が2020年10月31日で閉店してしまうのです。

値段は500円前後のものがほとんど(餃子の王将 出町店)

値段は500円前後のものがほとんど(餃子の王将 出町店)

この「餃子の王将 出町店」は王将がまだ先代の社長の時代から営業しているお店で、古き良き王将時代の味が残っているお店でもあります。

店内はカウンターのみ、細長い店内にはオープンの11時から学生や近所の旦那衆で混むほどの人気店です。

そんな「餃子の王将 出町店」が2020年10月31日で閉店してしまう・・・・

なぜなのでしょうか?

餃子の王将 出町店 閉店の理由とは


貧乏学生の胃袋を満たしてきた「餃子の王将 出町店」はなぜ閉店するのか?

貧乏学生の胃袋を満たしてきた「餃子の王将 出町店」はなぜ閉店するのか?

上の写真は「餃子の王将 出町店」の焼きめしセット(税込700円)。

ミニチャーハン、唐揚げ2個、餃子3個、冷奴」のセットでボリュームがあります。

独自のセットメニューが多いのも昔からの餃子の王将の特徴で、こういったセットが京都の学生の胃袋を満たしてきたのは事実です。

11時オープン、オープンから客席の半分以上が埋まっているというお店です。

そんな人気店がなぜ閉店となるのか?

お店の方に確認すると意外な答えが返ってきました。

店の方定年なんですよ」

歴史を感じる餃子の王将(出町店)

歴史を感じる餃子の王将(出町店)

定年!?

まさかの返事に少し戸惑うが、店主高齢のため閉業するお店は京都にはたくさんあります。

理由はそれと似たものではありますが、今回の閉店理由は「定年」です。

これは店主にはまだやる気はあるものの仕方なく閉店するという意味がこもっている返事でした。

「先代の社長の時は動けなくなるまで王将でいられたんですが」と店の方

「先代の社長の時は動けなくなるまで王将でいられたんですが」と店の方

この定年で閉業というのは、自分の意志ではないという意味合いも含んでいるようでした。

これは直後に話してくれたことからも明白でした。

店の方先代の社長の時は動けなくなるまで王将でいられたんですが

先代の王将社長の時代、まだゆるやかなチェーン展開をしていた王将の時代には定年という制度がなく、店主は自らが動けなくなるまで店を続けることができました。

しかし、今の社長の代では「定年」という制度があり、高齢の店主は店を辞めなければならないというのが理由なのです。

もちろん、王将の看板を下げて営業ということもできますが、この店舗の権利がどうなのかまでは分かりませんでした。

※その後報道された京都新聞の取材によれば、定年で後継者も見つからず、店主も高齢ということが閉店理由ということでした。餃子の王将本部は継続に尽力してくれたとのことですがお店を継ぐ人がいなかったので閉店という決断になったそうです。

餃子の王将 出町店 はどこにある?


餃子の王将 出町店は出町桝形商店街の中ほど南側にあります

餃子の王将 出町店は出町桝形商店街の中ほど南側にあります

2020年10月31日で閉店する「餃子の王将 出町店」前にぜひ食べておきたい方も多いことでしょう。

では、この店舗はどこにあるのでしょうか。

出町柳駅から河合橋で高野川と賀茂川を渡り西へ、すぐに見えてくる出町桝形商店街を入り、2筋目を南に下がったところです。

営業時間は「11時~22時30分」で、定休日は「月曜日」

閉店まではまだ時間がありますが、直前になるほど混雑しそうです。

ぜひ、お早目の来店をお薦めします。

〒602-0824 京都府京都市上京区一真町70(地図
営業時間:11時~22時30分
定休日:月曜日
公式サイト:http://map.ohsho.co.jp/b/ohsho/info/4831/


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。