祇園麺処むらじ 先斗町店 @京都・河原町で2018年12月15日新店オープン

2018年12月15日に京都・先斗町で新店オープンしたラーメン店「祇園麺処むらじ 先斗町店」で醤油ラーメンを食べて来ました。同じ12月に室町店と先斗町店を開業しています。

祇園本店はテレビなどでもよく紹介される有名店で、「祇園麺処むらじ 先斗町店」でも同じ味を楽しむことができます。

広告

祇園麺処むらじ 先斗町店 が2018年12月15日新店オープン


祇園麺処むらじ が先斗町に3店舗目を新店オープン

祇園麺処むらじ が先斗町に3店舗目を新店オープン

今回の「京都ラーメン速報」は、2018年12月15日に新店オープンしたばかりのラーメン店「祇園麺処むらじ 先斗町店」さんの紹介です。

先日も室町店をレビューしたばかりですが、京都の中心街で連続の開業ということになります。

先斗町店は鴨川沿いにある1日2組限定の宿の地階にあり、その宿のオーナー様と「むらじ」のオーナー様(株式会社インデンスタイル)が知りたいだったことから、この場所での開業が決まったのだそうです。

・eXcafe京都嵐山本店
・清水菓寮六角庵
・祇園麺処むらじ
祇園麺処むらじ 室町店(2018年12月1日新店オープン)
祇園麺処むらじ 先斗町店(2018年12月15日新店オープン)

祇園麺処むらじ 先斗町店 店内の様子


カウンターのみ立ち食いのラーメン店です(祇園麺処むらじ 先斗町店)

カウンターのみ立ち食いのラーメン店です(祇園麺処むらじ 先斗町店)

店内はバーのようなカウンター形式で椅子などがない立ち食い形式になっています。

店員さんは室町店オープンの日にいらした女性のお二人です。

ひとりは祇園店の店主さんで、テレビなどにも出演されるなど話好きで人なつっこい方です。

いろいろと話しを聞いてみると、今回の出店は小さい店舗でトイレもなく不便ではあるものの、せっかく紹介してもらったテナントだし、祇園でお店を構えるチャンスはなかなかないということで出店を決めたのだそうです。

醤油ラーメン 実食レビュー(祇園麺処むらじ 先斗町店)


鶏白湯 醤油ラーメン(830円)は鶏のコクのあるスープです

鶏白湯 醤油ラーメン(830円)は鶏のコクのあるスープです

今回は「鶏白湯 醤油ラーメン(830円)」を食べることにしました。

基本は鶏のコクのあるスープで、それに塩味と醤油味のカエシを合わせたラーメンがあります。

鶏が濃いので塩だと鶏の風味がかなり強めに残りますが、醤油は本醸造のものを使っているので醤油の風味がよいアクセントになってちょうど良い感じになっていました。

醤油の色目は濃いですが、味は辛くないようになっているのが京都ラーメンらしいところです。

麺はスッキリとしたタイプ、中太ストレートみたいで塩よりも太い麺に思えました。

祇園麺処むらじ 先斗町店 メニューと値段


メニューと値段は3店舗とも共通です

メニューと値段は3店舗とも共通です

メニューと値段なのですが、これは祇園本店・室町店・先斗町店で共通になっています。

人気店なので、どこの店舗でも同じ味が味わえるというコンセプトは良いと思いますし、お客の視点から見てもそうしてもらう方がすぐ食べられそうなお店を選べるので利便性が高くなると思いました。

・鶏白湯 塩ラーメン 830円
・鶏白湯 醤油ラーメン 830円
・鶏白湯 檸檬ラーメン 880円
・むらじの鶏唐揚げ 600円
・鉄板チャーハン 500円

祇園麺処むらじ 先斗町店 営業時間と定休日


祇園麺処むらじ 先斗町店(外観、お店は地下です)

祇園麺処むらじ 先斗町店(外観、お店は地下です)

さて、祇園麺処むらじ 先斗町店の営業時間と定休日についてです。

営業時間は「11時30分~15時、17時~22時」の二部制、ただし土日祝は通し営業になります。

定休日は「不定休」です。

京都府京都市中京区木屋町鍋屋町232番地12(MAP
営業時間:11時30分~15時、17時~22時(土日祝は通し営業)※LO30分前
定休日:不定休
URL:http://www.inden-style.jp/

※地図に登録申請をしておきました。

>祇園麺処むらじ 先斗町店 アクセス方法

ということで「祇園麺処むらじ 先斗町店」への行き方を紹介しておきます。

河原町の中心、四条大橋から先斗町へ入って50メートルほど先右側にお店があります。

若干、外から分かりづらいかもしれませんが、暖簾を探してみてください。

先斗町なので駐車場はありませんが、近隣にはコインパーキングがあります。また、四条大橋東詰には自転車とバイクの有料駐輪場があります(駐輪場へとルート)。


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。