らーめん三条 @京都「三条食彩ろおじ 堺町の道」で新店オープン

2018年9月8日に新店オープンした京都のラーメン店「らーめん三条」さんへ行って来ました。鶏ガラと豚骨の合わせスープは京都独特のラーメン「宝屋系」に似ています。烏丸御池駅から徒歩5分くらいの「堺町通六角上る」に開店したラーメン店です。

どんなラーメンなのかをサクサクッと紹介したいと思います。

広告

堺町通六角上る「らーめん三条」が2018年9月8日新店オープン


「らーめん三条」が2018年9月8日新店オープン

「らーめん三条」が2018年9月8日新店オープン

2018年9月8日に京都市中京区・堺町通六角上る付近に新しいラーメン店が開店しています。

お店の名前は「らーめん三条」さん。

京都らしい醤油ラーメン、煮干しラーメン、濃厚鶏白湯ラーメンに担々麺があるラーメン店です。

最近、開業した「三条食彩ろおじ 堺町の道」という飲食テナントの入った建物にあります。

一階はカウンター6席ほど

一階はカウンター6席ほど

二階はテーブル席があります

二階はテーブル席があります

一階はカウンターのみで、二階にテーブル席がありました。

まだオープン初日ですが、開店直後からご年配の方々が来店されており、食べている間に後客9名ほどいらっしゃいました。

余談なのですが、こちらのオーナーさん見覚えのある方で、以前どこかのラーメン店で見たことがあります。

中で話しても、クセのある感じがやっぱり覚えがあります。しかし、どうしても思い出せませんでした。

聞き出そうとしたのですが、教えてもらえないことが多かったので、今のところ前店は不明です。

らーめん三条 メニューと値段


らーめん三条 メニューと値段

らーめん三条 メニューと値段

ラーメンは4種類「醤油ラーメン煮干しラーメン(豚骨と煮干し)、鶏白湯ラーメン担々麺」です。

値段は700円~850円となっていました。

醤油ラーメン(鶏ガラと豚骨)700円
煮干しラーメン(豚骨と煮干し)800円
濃厚鶏白湯拉麺 850円
担々麺 850円

醤油ラーメン(鶏ガラと豚骨)


醤油ラーメン(鶏ガラと豚骨)700円

醤油ラーメン(鶏ガラと豚骨)700円

醤油ラーメンは「鶏ガラと豚骨」それに香味野菜だと思います。

宝屋系に似た味わいで、京都の方なら食べたことはあると思いますが、やや独特の香味の香りがするラーメンです。

麺は中細ストレート、最初のひとくちで感じる独特の麺の風味で製麺所の見当はスグついたのですが「内緒」だそうなので書きません。

濃厚鶏白湯拉麺


濃厚鶏白湯拉麺 850円

濃厚鶏白湯拉麺 850円

濃いめの鶏白湯にピリッとするタレの、こちらも京都でも時々見かけるタイプの鶏白湯ラーメンでした。

トロミが強めで、辛味の中に旨味と刺激があるのは、かつての「等持院ラーメン円満や」さんを思い出しますが、それよりもやや味付けはマイルドでした。

ラーメン京」さんにも近い味わいで、やはりこちらも宝屋系に近い味わいでした。

らーめん三条 アクセス方法


「三条食彩ろおじ 堺町の道」という飲食テナントの入った建物にあります

「三条食彩ろおじ 堺町の道」という飲食テナントの入った建物にあります

今回は珍しく簡単に流す紹介でしたが、場所も簡単に説明します。

ものすごく分かりやすくいうと「イノダコーヒー本店」真正面です。

以上です。

都府京都市中京区道祐町135
営業時間:11:30~20時頃(現在未定)
定休日:不定休(今のところ)


この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。