麺処 丸昌 @京都・上鳥羽ラーメン店が2018年2月5日新店オープン

ラーメン店「麺処 丸昌」が、2018年2月5日に新店オープンすると告知されています。場所は京都の上鳥羽口駅から徒歩10分ほどの「大宮通」沿いで、元「コリアンダイニング haruharu」だったテナントです。「丸昌(まるしょう)」という京都・清湯ラーメン店です。

最新情報:オープン日は「2月5日」と告知されました。

最新情報:2018年5月末に深草に2号店が新店オープン予定です。

広告

京都・上鳥羽にラーメン店「麺処 丸昌」が新店オープン


京都・十条にラーメン店「丸昌」が新店オープン

京都・十条にラーメン店「丸昌」が新店オープン

ラーメン店麺処 丸昌(まるしょう)」が、2018年2月5日に新店オープンすると告知されています。

場所は上鳥羽で、元「コリアンダイニング haruharu」が営業していたテナントと思われます。

「コリアンダイニング haruharu」は、2軒北の狭い店舗でオープンした後、2017年10月15日に隣の元「つのだ食堂」跡に引っ越して、旧店舗は空きテナントになっています。

「麺処 丸昌」がオープンするのは「コリアンダイニング haruharu」の新店舗の方です。

旧店舗は、2017年4月に「ステーキ丼 せんど」というお店が出店計画を立てていたこともあるのですが、ずっと空きテナントのままです。

メニューと値段


清湯ラーメンのお店になる予定です

清湯ラーメンのお店になる予定です

2018年1月5日時点では工事すらしていませんでしたが、1月28日にはポスターやメニューが貼りだされていました。

それによると「ドロドロ系や、白湯系がブームの現代ですが、丸昌はあえて、もっとも難しいと言われている清湯スープを使い、昔ながらの味で勝負!!」と書かれていました。

メニューは「醤油ラーメン 750円、塩ラーメン 850円、味噌ラーメン 850円」となっており、清湯勝負というよりも「普通のよくあるなんでもあるラーメン店」という感じになっています。

ラーメンは750円です

ラーメンは750円です

醤油ラーメン 750円
塩ラーメン 850円
味噌ラーメン 850円(20食限定)

サイドメニューには「唐揚げ餃子キムチメンマメンタイコ」ほかにも焼肉丼があるので、コリアンダイニング時代にもあったメニューをラーメン店でも一部出しているようです。

ランチ(11時~15時)はセットもあります

ランチ(11時~15時)はセットもあります

麺処 丸昌 醤油ラーメン 実食レビュー


2018年2月5日に新店オープンした「処 丸昌」

2018年2月5日に新店オープンした「処 丸昌」

ということで、2018年2月5日に新店オープンした「麺処 丸昌」でラーメンを食べてきましたので実食レビューします。

醤油味噌と揃っており、味噌が限定20食というのにも惹かれたのですが、今回は「醤油らーめん 750円」を食べてみることにしました。

醤油ラーメンは標準的な京都ラーメンです

醤油ラーメンは標準的な京都ラーメンです

醤油ラーメンは、いわゆる豚骨醤油(清湯)で「標準的な京都ラーメン」です。

それに「青ねぎもやしメンマチャーシュー」が多めにトッピングされているのが特徴的でした。

一般的に、京都ラーメンは「細もやし」を使うことが多いのですが、こちらでは普通のもやしが使われています。

スープは背脂ではなく油が多め

スープは背脂ではなく油が多め

スープは背脂ではなく油が多めになっています。

京都ラーメンというと「背脂」がかかっており、油は少な目なのが特徴ですが、油が多いので「第一旭、ラーメン藤」と似たラーメンになっています。

味は豚骨の「まろやかさ」というのが出ている味で、ラーメン藤に似ているかなという感じの味わいがしました。

やや醤油のカドがたった味付けで、ベースの豚骨の味はマイルドなので、京都のラーメン好きの方には「少し薄いかな」と感じるようで、料理人でラーメンマニアの知人と感想を話し合ったところ「出汁の味は薄いかな」という結論になりました。

ということで「アキラ系」ではないですね。(そもそもアキラというのは第一旭のチェーン店のことですし)

近藤製麺(ラーメン藤)の中太ストレート麺

近藤製麺(ラーメン藤)の中太ストレート麺

麺は「近藤製麺」ということなので「ラーメン藤」と同じ麺です。

茹で方を聞かれるので「普通」で注文して、やや固めで出てくるようでした。

中太ストレート麺なので歯ごたえのある麺でしたが、固めが好みなのでちょうど良い感じかなと思いました。

麺処 丸昌 アクセス方法


京都・十条にラーメン店「丸昌」

京都・十条にラーメン店「丸昌」

ラーメン丸昌の場所は、京都市南区上鳥羽で近鉄京都線「上鳥羽口」から徒歩10分ほどの「大宮通」沿いです。

寂しい通りですが、4車線(片道2車線)ある大通りで、交通量はあります。

近隣には工場が多いため、昼間の集客は見込めるとおもいますが、住宅地ではないため夜の人とおりはほとんどありません。

京都府京都市南区上鳥羽角田町83−2
営業時間:11時~15時、18時~21:45
定休日:日曜日


この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新規・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。