かみのまち食堂 @京都・御薗橋「大衆バル」2018年4月新店オープン

京都・御薗橋に大衆バル「かみのまち食堂」が新店オープンしていました。現在は夜営業のみで、最近よく見る「バル、立呑み」店舗のような飲み屋さんです。この御薗橋界隈は学生が多いので定食類も揃えていました。開店日は2018年4月~5月にかけてだと思われ、「せんべろセットにせんべろセット」などのチョイ飲みセットと食事のメニューがありました。

場所は「吉田チキン」さんの真下で、「どんどん丼」が閉業された後に「かみのまち食堂」さんが新店オープンされています。

広告

京都・御薗橋に大衆バル「かみのまち食堂」が新店オープン


京都・御薗橋で新しい大衆バル「かみのまち食堂」が新店オープン

京都・御薗橋で新しい大衆バル「かみのまち食堂」が新店オープン

京都・御薗橋で新しい大衆バルが新店オープンしています。

お店の名前は「かみのまち食堂」という屋号で「食事と飲み屋」が一緒になったバル形式のお店です。

2018年4月中旬頃~5月に開店したと思われ、ランチがないかと立ち寄ってみたのですが、店頭の貼り紙には「しばらくの間は夜のみの営業とさせていただきます」と貼られており、夜営業の告知のみされていました。

当面は夜営業のみで飲み屋さんのようです

当面は夜営業のみで飲み屋さんのようです

場所は、御薗橋の「餃子の王将」隣というとわかりやすいでしょうか。

それとも「吉田チキン」さんの真下というほうが良いかもしれませんが、この前まで「どんどん丼」さんというステーキ丼のお店があった場所です。

店頭にはメニューが貼られており「せんべろセットにせんべろセット」などのチョイ飲みセットと食事のメニューが掲載されていました。

かみのまち食堂 メニューと値段


かみのまち食堂 せんべろセット(21時まで)

かみのまち食堂 せんべろセット(21時まで)

せんべろセット」というのは、1000円で「お好きなスピードメニュー2品+お好きな飲み物2杯」というセットのことです。

にせんべろセット」だと、2000円で「お好きな鍋メニューと〆のおじや+お好きなスピードメニュー2品+お好きな飲み物3杯」となっており、手頃にベロベロになれそうな価格設定になっていました。

他にも「定食&セット」というのもあるので、飲めない方とか食事だけという方でも大丈夫そうです。

定食&セットにある「鶏白湯ニューメンセット」が気になります

定食&セットにある「鶏白湯ニューメンセット」が気になります

私は外では飲まないので、定食&セットにある「鶏白湯ニューメンセット」が気になりました。

ニューメンは「そうめん」のことだと思いますが、それを鶏白湯で食べるセットで「ニューメン、唐揚げ3個、ご飯、漬物」の定食になっていました。

他にも「大盛り唐揚げ定食味噌カツ定食トンテキ定食パスタ各種」など、近くの京都産業大学生をターゲットにした感じのメニュー構成になっています。

一品メニューとスピードメニュー

一品メニューとスピードメニュー

揚げ物やワンコイン価格のメニューもあります

揚げ物やワンコイン価格のメニューもあります

かみのまち食堂 への行き方(アクセス方法)


京都・御薗橋「かみのまち食堂」

京都・御薗橋「かみのまち食堂」

さて、そんな新店「かみのまち食堂」さんへの行き方(アクセス方法)ですが、御薗橋東詰なので学生なども多い場所です。

通常は車で行くような場所ですが、京都市バスで京産大や鞍馬・貴船方面へ行くバスも使えます。

わかりやすくいうと「上賀茂神社」の近くで、鴨川を御薗橋で渡って「餃子の王将」が見えたら隣です。

京都市北区大宮南田尻町67-4
営業時間:11時~14:30、17時~23時
定休日:

※地図に登録しておきました。


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。