2020年5月8日オープン フードスタンド コスモチカ (カフェ、京都・衣笠)

京都の平野神社すぐ近くに新しくロシア料理のフードスタンドが新店オープンしています。お店の名前は「フードスタンド コスモチカ」さん、雑貨屋さん「Vesna!」に併設されているスタンド形式のお店です。ピロシキロシアンティーなどお手軽価格で販売されています。

2020年5月8日オープン フードスタンド コスモチカ


2020年5月8日オープン フードスタンド コスモチカ

2020年5月8日オープン フードスタンド コスモチカ

2020年5月8日、自宅近くの衣笠に「フードスタンド コスモチカ」さんが新店オープン。

お店はロシア雑貨を扱う「Vesna!」さんに併設されており、ロシア料理をスタンド形式で販売するお店です。

メインのフードは2つ「惑星ピロシキ」と「月のサンド」

メインのフードは2つ「惑星ピロシキ」と「月のサンド」

メインのフードは2つあって「惑星ピロシキ」と「月のサンド」という商品。

今ならオープン記念で、パンやクッキーにサラダと一緒になったセットを販売中です。

惑星ピロシキ(350円)

惑星ピロシキ(350円)

惑星ピロシキ(350円)はロシアのスナックフード「ピロシキ」をアレンジした一品です。

丸型のピロシキの中には「ミンチゆで卵コメうずら卵」が入っています。

月のサンドイッチ(400円)

月のサンドイッチ(400円)

月のサンドイッチはパストラミビーフのサンドイッチ。

自家製カッテージチーズ林檎が入ってヘルシーなサンドイッチになっています。

ドリンクもロシアのものをアレンジしています

ドリンクもロシアのものをアレンジしています

ドリンクもあって「木いちごソーダ(300円)、ロシアンティー(250円)、今空の月のハーブティ(150円)」などがあります。

値段はお気軽な価格なので、気軽に立ち寄れそうです。

木いちごソーダは「黒パン工房イクラ」さんのジャムを使っていました。

セットにも一切れついてくる米粉の食パン

セットにも一切れついてくる米粉の食パン

上のパンは、セットにも一切れついてくる米粉の食パンです。

星形にカットされていて、名付けて「シリウス糀星 米粉食パン(500円)」です。

糀で発酵させたパンで、米粉なのでモッチリと仕上がっています。

お店も可愛らしい感じで、すぐ近くの立命館大学の女子にウケそうです。

今回は「京都カフェ」として紹介しましたが、フード販売がメインでパンは他にもいくつか種類がありましたよ。

フードスタンド コスモチカ はどこにある?


フードスタンド コスモチカは立命館大学衣笠校舎東口へ向かう途中にあります

フードスタンド コスモチカは立命館大学衣笠校舎東口へ向かう途中にあります

では「フードスタンド コスモチカ」さんはどこにあるお店なのでしょうか?

場所は立命館大学衣笠校舎東口へ向かう途中にあります。

平野神社から上立売通りを西へ、小松原児童公園の真北にあるフードスタンドです。

営業時間は「10時30分~18時」で、定休日は「水曜日、木曜日」です。

〒603-8341 京都府京都市北区小松原北町119
営業時間:10時30分~18時
定休日:水曜日、木曜日(2020年5月は火曜日も休み)
公式Twitter:https://mobile.twitter.com/Kocmoyka
公式Instagram:https://www.instagram.com/kocmoyca/
公式サイト:https://ukpa.shopinfo.jp/


京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。