YADO Cafe Arashiyama @京都・嵐山「渡月橋近く 宿&カフェ」2018年9月1日新店オープン

2018年9月1日、京都・嵐山に「YADO Cafe Arashiyama」さんというカフェ&ホテルが新店オープンすることになっています。6月下旬に確認しに行ったところ、すでに建物が出来上がっていました。宿やカフェとしてどのようなものになるのかはまだ正確には分かっていないのですが、喧騒から少し離れた所にあるカフェなんで落ち着いた感じのカフェになりそうです。

では、この「YADO Cafe Arashiyama」さん、どんなカフェなのでしょうか。

広告

嵐山に宿とカフェの複合施設「YADO Cafe Arashiyama」が新店オープン


嵐山に新しいカフェ「YADO Cafe Arashiyama」が新店オープンします

嵐山に新しいカフェ「YADO Cafe Arashiyama」が新店オープンします

2018年9月1日、京都・嵐山に宿とカフェの複合施設「YADO Cafe Arashiyama」さんが新店オープンするそうです。

渡月橋から松尾大社まで抜ける時に通る道で、新しく建設工事をしていた建物なのですが、外観が見えるようになっていたので調べたところ「YADO Cafe Arashiyama」さんであることがわかりました。

この付近、道は狭いのですが、渡月橋からも徒歩1分かからない位の距離で、観光客が多いエリアから少し離れているにも関わらず行きやすい場所だったりします。

嵐山は他にも「ホテル嵐山」や「美術館」が新しく建設中で、なにかと賑わいが増していく注目エリアと言えるでしょう。

YADO Cafe Arashiyama どんなカフェなのか


YADO Cafe 、たぶん外を見ながらカフェがあるみたいな感じ

YADO Cafe 、たぶん外を見ながらカフェがあるみたいな感じ

この新しく開店するカフェ「YADO Cafe Arashiyama」さんですが、まだ詳細な情報が公開されていないので、どんなカフェになるかはハッキリとわかっていません。

ただ、Facebookやインスタグラムがあったので、それを見ると「ラテアート」に「エスプレッソ」などが提供されるようでした。

入口は北側にあり、そこからホテルロビーに入るような造りになっていました。

たぶん、そこからカフェにも入るようになるんだろうなという構造です。

オープンカフェという感じではなさそうで、大きなガラス窓から外を見られるような感じになりそうです。

もう少ししたら、カフェらしくなってくるので詳細がわかってくると思われました。

YADO Cafe Arashiyama への行き方(アクセス方法)


YADO Cafe Arashiyama 外観

YADO Cafe Arashiyama 外観

さて「YADO Cafe Arashiyama」さんの場所なのですが、渡月橋南側「旅館 花筏」さんのある通りで、松尾大社へ抜ける道沿いです。

渡月橋から徒歩1分ほどで、黒い建物なので目立ちます。

道が細いので地元の方以外は通らないと思いますが、この界隈は宿が多いので西洋人観光客などが多くいます。

阪急嵐山駅から左回りで渡月橋へ行く道の途中というと分かりやすいかもしれません。

京都府京都市西京区嵐山中尾下町45(地図
営業時間:13:30~17時(カフェ)、18時~21時(Bar)
定休日:
Twitter:https://twitter.com/yado_arashiyama
URL:https://www.instagram.com/yado.arashiyama/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。