Cafe Jack(カフェジャック)@京都・太秦に2018年1月18日新店オープン

2018年1月18日に京都・太秦で新しいカフェ「Cafe Jack(カフェ・ジャック)」が新店オープンしています。嵐電「車折神社前駅」から徒歩5分くらい場所で、神社前のセブンイレブンの少し西側のマンション下にお店があります。値段はドリンク類が400円程度で、ランチセットが1000円となっています。他にもサンドイッチとドリンク、ケーキとドリンクで700円となっており、観光客が立ち寄るのを想定しているようでした。

店頭には「クセになるコーヒー」と書かれた看板が目立ちます。

広告

京都・太秦に「Cafe Jack」2018年1月18日新店オープン


「Cafe Jack」2018年1月18日新店オープン

「Cafe Jack」2018年1月18日新店オープン

2018年1月18日に京都で「Cafe Jack(カフェ・ジャック)」さんが新店オープンしています。

三条通を嵐山に向かう途中「車折神社(くるまざきじんじゃ)」の西で工事しているのが気になっていたのですが、カフェになっていました。

オープン記念で「京のにおい袋」をプレゼント中(先着200名)と書かれた赤い看板が目立ちますが、建物の左隅っこにあるので通りからはあまり目立たない場所にあります。

営業時間は10時~18時となっており、この付近まで歩いてくる観光客がターゲット層のようです。

クセになるコーヒー?

クセになるコーヒー?

メニューと値段


コーヒーは400円、ケーキのセットで700円になっていました

コーヒーは400円、ケーキのセットで700円になっていました

カフェなのでコーヒーとケーキがメインですが、ランチ時間にはドリンク付きのランチセットが1000円で提供されています。

ドリンク類はごくごく普通の取り揃えで「コーヒー紅茶コーラオレンジジュース」が各400円となっています。

スイーツ類はケーキがあり、ドリンクセットで700円となっていました。

ランチは週替わりになっています

ランチは週替わりになっています

ドリンクの値段は普通ですが、ランチは車折神社が近い観光地近郊エリアということで少し価格は高めの設定になっていました。

・コーヒー 400円
・紅茶 400円
・コーラ 400円
・オレンジジュース 400円
・パウンドケーキ 500円
・パンケーキ 500円
・チョコブラウニー 500円
・ワッフル 500円
・クレームブリュレ 500円
・鶏のからあげランチ 1000円
・オムライス 1000円
・サンドイッチ(ハム&チーズ)500円
・サンドイッチ(ベーコン&レタス)500円

Cafe Jack(カフェ・ジャック)アクセス方法


Cafe Jack(カフェ・ジャック)外観

Cafe Jack(カフェ・ジャック)外観

Cafe Jack(カフェ・ジャック)への行き方(アクセス方法)ですが、最寄り駅は京福電鉄嵐山線「車折神社駅」になります。

場所的には、嵐電の利用がオススメで、この付近は道が狭いので自家用車だと行きづらい場所になります。(コインパーキングは周辺にあります)

JR京都駅からだと、地下鉄で「太秦天神川駅」まで出て、嵐電天神川駅から乗車できます。大阪からなら阪急線で「西院駅」まで行けば嵐電の乗り換えることがでるようになっています。

京都市バス(11系統)・京都バス(63、66、67、73系統)もありますが、本数が1時間に1本~2本なので利便性は低いと言えます。

京都府京都市右京区嵯峨明星町31−4
営業時間:10時~18時
定休日:火曜日、水曜日
URL:http://www.cafe-jack.com/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新規・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。