2019年12月オープン 銀座に志かわ 亀岡店 (京都、高級食パン新店)

水にこだわった高級食パン専門店「銀座に志かわ 亀岡店」が京都府亀岡市の国道9号線「古世口」交差点で新店オープンです。オープン日は2019年12月となっており、現在はまだ工事などは始まっていませんでした。

広告

2019年12月オープン 銀座に志かわ 亀岡店


京都府亀岡市「古世口」に高級食パン専門店「銀座に志かわ 亀岡店」が新店オープン

京都府亀岡市「古世口」に高級食パン専門店「銀座に志かわ 亀岡店」が新店オープン

京都府亀岡市の国道9号線「古世口」交差点に高級食パン専門店「銀座に志かわ 亀岡店」が新店オープンするそうです。

オープン日は2019年12月となっており、現時点ではまだ工事などは始まっていませんでした。

銀座に志かわといえば高級食パン発祥の地である関西に関東から進出してきたお店で、今ものすごい勢いで新店を全国に展開中のグループです。

2019年に入ってからでも、京都で3店舗の「銀座に志かわ」が開業しており、今回の亀岡店で4店舗目となります。

2019年9月27日オープン 銀座に志かわ京都北白川店
2019年7月20日オープン 銀座に志かわ京田辺店
2019年2月21日オープン 銀座に志かわ京都桂店

では、高級食パン「銀座に志かわ」のパンとはどのようなパンなのでしょうか。

高級食パン「銀座に志かわ」のパンとは


銀座に志かわ 1本(2斤)の食パンは800円(税込864円)

銀座に志かわ 1本(2斤)の食パンは800円(税込864円)

パンは、1本(2斤)で800円(税込864円)と高価なパンです

しかし、これまでのオープンを見ていると、オープン当初は予約が埋まり、当日分も整理券制になるなど混雑がしてきた人気店です。

当日販売はひとり2本までの制限があるなど、入手困難なパンとしても知られています。

食材にはカナダ産の高級小麦、生クリーム、蜂蜜を使った甘さが特徴的な食パンです(銀座に志かわ)

食材にはカナダ産の高級小麦、生クリーム、蜂蜜を使った甘さが特徴的な食パンです(銀座に志かわ)

食材は「カナダ産の高級小麦生クリーム蜂蜜」を使っており、水にこだわった高級食パンです。

味は甘味が強め、トーストにしても甘みがよく残り、香ばしさがでる食パンで美味しい食パンだと思います。

値段は1本(2斤)で800円(税込864円)
食材にこだわった食パン
食材に「カナダ産の高級小麦、生クリーム、蜂蜜」を使っている
購入は当日販売分があり、1時間に30本程度ずつ販売
当日販売分は整理券をもらって購入確定(ひとり2本まで)
電話予約も可能(早めに予約しないと数週間待ちとなる)

銀座に志かわ 亀岡店 について


銀座に志かわ 亀岡店、たぶんこの空きテナントです

銀座に志かわ 亀岡店、たぶんこの空きテナントです

では「銀座に志かわ 亀岡店」はどこにオープンするのでしょうか?

住所は「京都府亀岡市古世町西向林2-2」で確定しており、そこには「ジョリーパスタ」と「空きテナント」が一軒ずつあります。

たぶん、この空きテナントのところが「銀座に志かわ 亀岡店」になると思われました。

駐車場は広く、これまでの京都の「銀座に志かわ」になかった駐車場完備店です。

目の前の国道9号は渋滞することも多く、ロードサイド店への出入りが大変なところです。しかし、古世口の信号の手前なので他に比べて比較的入りやすいお店かもしれません。

京都府亀岡市古世町西向林2-2
営業時間:10時~18時
定休日:不定休
公式サイト:https://ginza-nishikawa.co.jp/


京都のパン屋さんを紹介するカテゴリーです。京都の知られざるパン屋を開拓し、新店速報には定評があります。他の京都ブロガーも注目している地元密着メディア「お墨付き!」でも人気のあるカテゴリーです。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。