2019年8月5日オープン ボナペティ 千本中立売店

千本中立売店にあった「パン・ド・ブルー 千本中立売店」さんが閉店したところに、「ボナペティ 元田中店」さんが2019年8月5日に移転して「ボナペティ 千本中立売店」として新店オープンしました。ややこしいのですが、平たくいえば千本中立売にある110円パン屋さんへ行って来たのでレビューします。

広告

2019年8月5日オープン ボナペティ 千本中立売店


2019年8月5日オープン ボナペティ 千本中立売店

2019年8月5日オープン ボナペティ 千本中立売店

千本今出川を南へ、中立売通少し手前にオープンしたパン屋「ボナペティ 千本中立売店」さんです。

2019年8月中頃に開業していたパン屋さんで、いわゆる100円パン屋さんのジャンルになるかと思います。

今回「新店」で書いてますが、厳密には新店ではありません。

屋号とオーナーさんが替わったのですがパンの内容はあまりかわりません

屋号とオーナーさんが替わったのですがパンの内容はあまりかわりません

元々、ここは太秦にもあるパン屋の姉妹店「パン・ド・ブルー 千本中立売店」さんです。

つまり、系列として同じく110円パンを提供する「Petit Blanc(プティブラン)」のグループで、姉妹店として「パンドブルー、パン処和水や、ほっぷすこっち、le pain K、伊三郎製ぱん、リトルストーン、プティ・ボヌール、パン・ド・ボヌール、ぱんの小屋amour、BonBon、45’s bakery、かたぎはらのパン屋さん、ひなたぼっこ、ぱんの壷、ぱんの蔵、ボナペティ、パンドりバー、パンジロー、マルモベーカリー、天使のパン、ぷてぃぶらん&オムジェ」といった多くのブランド系列店の中のひとつでした。

姉妹店の「パン・ド・ブルー 千本中立売店」さんと「ボナペティ 元田中店」さんが閉店し、「ボナペティ 元田中店」さんが「パン・ド・ブルー 千本中立売店」さんの跡地に移転して「ボナペティ 千本中立売店」となったのが正確な流れです。

ボナペティ 千本中立売店 のパン


匠バーガーおろしソース 120円

匠バーガーおろしソース 120円

パンは100円ちょっとから170円程度までの品揃えで、菓子パンや惣菜パンが多くありました。

今回は「ホットドッグ(マスタード&ケチャップ)120円」と「匠バーガーおろしソース 120円」を購入、2個で240円と激安ですが内容はなかなかのものです。

匠バーガーおろしソース、お昼ごはんにちょうど良い

匠バーガーおろしソース、お昼ごはんにちょうど良い

バーガーはこの値段で大きさは普通にあるし、中のハンバーグも満足いく大きさです。

松屋のハンバーグにちょと似た味わい、玉ねぎ千切りにおろしソースで子供でも大人でも好きそうな味わいです。

ホットドッグ(マスタード&ケチャップ)120円

ホットドッグ(マスタード&ケチャップ)120円

厚みのあるふんわりしたパンに大きなソーセージ、シンプルですがこのボリュームで120円とお得な感じがします。

2個食べたらお腹も落ち着いたし、それで240円ならすごく良いのではないでしょうか。

ボナペティ 千本中立売店 営業情報


ボナペティ 千本中立売店

ボナペティ 千本中立売店

さて「ボナペティ 千本中立売店」さんがあるのは、屋号のとおりで千本中立売です。

千本中立売を少し北に上がった西側で、お向かいはイズミヤがあります。

ちなみにイズミヤの中にも100円パンのお店があります。

営業時間は「8時~19時」で、定休日は「木曜日」となっていました。

京都府京都市上京区西中筋町13
営業時間:8時~19時
定休日:木曜日


京都のパン屋さんを紹介するカテゴリーです。京都の知られざるパン屋を開拓し、新店速報には定評があります。他の京都ブロガーも注目している地元密着メディア「お墨付き!」でも人気のあるカテゴリーです。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。