食パン専門店 ラ・パン 出町柳店 @京都で2018年12月19日新店オープン

2018年12月19日に新店オープンした高級食パン専門店「ラ・パン(LA PAN)出町柳店」へ行って来ました。11時のオープン前から並んだのですが、目的は「生クリームやハチミツを使った生食パン」です。

では「ラ・パン出町柳店」の生食パンとはどのようなパンなのでしょうか。

広告

高級食パン専門店「ラ・パン(LA PAN)」が新店オープン(京都・出町柳)


高級食パン専門店「ラ・パン(LA PAN)」オープン初日の様子

高級食パン専門店「ラ・パン(LA PAN)」オープン初日の様子

今回の「京都パン屋ブログ」は、2018年12月19日に新店オープンの高級食パン専門店「ラ・パン(LA PAN)」さんの紹介です。

11時にオープンということでオープン行列に並んできました。

ラ・パン(LA PAN)」さんの食パンは生クリームやハチミツを使った食パンで、広告では「感じたことのない口溶け、高級クリーミー生食パン」と書かれていました。

値段は一斤で440円から、最近流行りの生食パン専門店で、それもパン激戦区の出町柳での出店ということで注目です。

ラ・パン(LA PAN)の高級生食パンについて


甘味がとても強めに出ている食パンです(ラ・パン)

甘味がとても強めに出ている食パンです(ラ・パン)

ラ・パン(LA PAN)は「東京・大阪・京都」にある食パン専門店で、京都では今回オープンした「ラ・パン 出町柳店」が初出店となります。

世界中から選びぬいた小麦に生クリームとハチミツでまろやかに仕上げた甘い食パンです。

食パンとしては軽いタッチの食感ですが、甘味と生クリームのコクがよく出ています。

かなり甘い」という印象が強く、そのまま生食で食べるのをかなり意識したパンと言えそうでした。

好みの問題ではありますが、小麦感をたっぷり楽しみたいパン派の方だとちょっと物足りないかもしれません。そういう小麦感を味わえる食パンは徒歩1分ほど離れた激ウマ食パンの店「アルチザナル」さんへ行った方が良いと感じました。

・世界中から選びぬいた小麦を使用
・乳製品(生クリーム)使用
・ハチミツ使用
・耳まで柔らかいパン
・卵とイースト不使用

ラ・パン(LA PAN)の高級生食パンの値段


一斤440円から購入可能です(ラ・パン)

一斤440円から購入可能です(ラ・パン)

では、この「ラ・パン(LA PAN)」の高級生食パンの値段はいくらくらいなのでしょうか。

値段は一斤440円からで高めの値段だと思います。

価格的にはきめ細かいパンで知られる「乃が美」さんとほぼ同額です。

1斤 440円
1.5斤 660円
2斤 880円

ラ・パン出町柳店 営業時間と定休日


食パン専門店 LA・PAN ラ・パン出町柳店

食パン専門店 LA・PAN ラ・パン出町柳店

では「ラ・パン出町柳店」さんの営業時間と定休日についてです。

営業時間は「11時~18時」で、定休日は「なし」となっています。

食パンのみの営業なのでパン屋さんとしては少し遅めの営業開始になっています。

京都府京都市上京区青龍町249
営業時間:11時~18時
定休日:不定休
公式サイト:http://www.la-pan.jp

ラ・パン出町柳店 アクセス方法

最後に「ラ・パン出町柳店」さんへの行き方についてです。

河原町今出川の交差点(北西角)のテナントで、京阪本線・叡山電鉄本線「出町柳駅」から徒歩4分ほどの場所です。

京都市営バス「河原町今出川バス停」からは近いので、バスで行くのがおすすめです。

地下鉄烏丸線「今出川駅」からも行くことができますが、少し歩いて徒歩12分ほど離れています。

駐車場や駐輪場はありませんので、自家用車で行く場合はご注意ください。


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。