柳月堂 ハイジパン @京都・出町柳「1953年創業の老舗パン屋」で名物パンを食べる

京都民が昔から愛する老舗パンが出町柳にあります。お店の名前は「ベーカリー柳月堂(りゅうげつどう)」さんと言う、1953年創業という昔ながらのパン屋さんです。地元の方でいつも賑わっており、観光客の方はさほど来ないと思います。

観光ガイドで知る京都と地元民が行く京都は違いますが、京都観光をするならこういう地元のお店にもぜひ行ってもらいたいです。

広告

京都の地元民が長年買い続ける愛すべきパン屋「ベーカリー柳月堂」


1953年創業の老舗パン屋「京都・柳月堂」

1953年創業の老舗パン屋「京都・柳月堂」

京都の老舗パン屋さんといえば、有名どころがいくつもあります。

京都の大手ブログでも紹介されているパン屋もあり、地元の方だけでなく観光客の皆さんも買いに来るお店が「まるき製パン所」とか「大正製パン所」とか「志津屋」さんでしょうか。

しかし、京都の地元民が長年買い続ける愛すべきパン屋もあります。

それが、1953年創業の・・・・

ベーカリー柳月堂

です。

ベーカリー柳月堂のパン


ベーカリー柳月堂のパンは昔ながらの柔らかいイーストパンです

ベーカリー柳月堂のパンは昔ながらの柔らかいイーストパンです

ベーカリー柳月堂のパンは、一言でいえば「昔ながらのおいしいパン」です。

最近流行りの天然酵母とかではなく、パンの香りがよく出たイーストで作る懐かしいパンです。

値段も安くて、主な価格帯は130円です。

クロワッサンの種類が多く、名物の白パン「ハイジパン」もあります。

ぶどうパン(95円)こんがりしてますが柔らかいパンが多いです

ぶどうパン(95円)こんがりしてますが柔らかいパンが多いです

上の写真は「ぶどうパン(95円)」で、こんがりしてますが柔らかいパンです。

外国人向けのハード系パン屋さんも多いのが京都ですが、昔から地元の方に愛されるパン屋というのはソフト食感のものばかりです。

高齢の方が多い京都、固いパンは食べづらいですし、小さい子どもでも安心して食べられるのはソフト系パンです。

・ハムクロワッサン 150円
・ウインナークロワッサン 150円
・北海道つぶあんパン 130円
・チョコレートデニッシュ 105円
・くるみクロワッサン 150円
・えんどう立地 130円
・くるみデニッシュ 130円
・メープルブレンド 160円
・チーズ入りフランクデニッシュ 180円
・アーモンドチョコワッサン 150円
・チーズデニッシュ 140円
・やきもちあんあパン 130円
・プレーンクロワッサン 110円
・クリームパン 130円
・りんごちゃん 130円
・ぶどうパン 95円
・ハイジの白パン 85円
オリジナルの買い物袋も老舗感があります(ベーカリー柳月堂)

オリジナルの買い物袋も老舗感があります(ベーカリー柳月堂)

ハイジの白パン


これが名物の「ハイジの白パン」素朴で懐かしい味わい

これが名物の「ハイジの白パン」素朴で懐かしい味わい

柳月堂ベーカリーさんでパンといえば「ハイジの白パン」です。

値段は85円とお安く、柔らかすぎてフワフワとした白パンからはパンの香りがプンプン漂ってきます。

パンが潰れないように優しく掴んでちぎるのですが、それでも柔らかすぎてペショッとなります。

中はシットリとしており、ほんのりモッチリとした食感が見事です。

店頭のいたるところに並んでおり、オススメのパンです。

プレーンクロワッサン


ふんわりとした「プレーンクロワッサン」

ふんわりとした「プレーンクロワッサン」

やわらかいクロワッサンです。

バターの風味もするのですが、それよりもパンの風味のほうが強調されています。

流行りのパイのようなサクサクしたものではなく、昔ながらのフンワリとしたクロワッサンなので、サッパリとした味かなと思ったら違いました。

コクがあり美味しいし、焼いて食べるとよさそうなクロワッサンでした。

ベーカリー柳月堂 アクセス方法


ベーカリー柳月堂への行き方(出町柳駅の前です)

ベーカリー柳月堂への行き方(出町柳駅の前です)

さて、優しい味わいで昔ながらの風味が特徴のパンを売る「ベーカリー柳月堂(りゅうげつどう)」さんへの行き方です。

叡電「出町柳駅」の改札を真正面に見て右へ、細い道が百万遍方面へと続くのですが、細くなる手前右側に「ベーカリー柳月堂」さんがあります。

お向かいは「自転車・バイク駐輪場(有料)」で、二階には「名曲喫茶柳月堂」という同じ経営のカフェですが、カフェは柳月堂で買ったパンを持ち込むことができます。

営業時間は朝7時から夜22時まで、長い営業時間は地元密着型のパン屋さんだからこそでしょう。

京都府京都市左京区田中下柳町5−1
営業時間:7時~22時
定休日:土曜日


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。