マーラーカオ専門店「凜凜甜品(リンリンデザート)」リニューアルオープン

京都市東山区、八坂神社すぐ近くでマーラーカオ専門店が2021年3月23日からオープンします。お店の名前は「凜凜甜品(リンリンデザート)」さんで、かき氷のお店からリニューアルしてスイーツ「マーラーカオ」のお店になりました。

マーラーカオ専門店「凜凜甜品(リンリンデザート)」


マーラーカオ専門店「凜凜甜品(リンリンデザート)」リニューアルオープン

マーラーカオ専門店「凜凜甜品(リンリンデザート)」リニューアルオープン

京都市東山区、八坂神社のすぐ北側にある香港・台湾・中国スイーツ専門店「凜凜甜品(リンリンデザート)」さんが、2021年3月23日から「マーラーカオ専門店」にリニューアルオープンすることになりました。

まだ日本では知名度が低いマーラーカオ。

しかし、台湾カステラの次に来るのではと思われるスイーツなんです。

凜凜甜品(リンリンデザート)のマーラーカオは素材にこだわった自信作。

米粉と卵で蒸しあげたマーラーカオはふんわりとしており、中はシットリとクリーミーな食感になるよう絶妙なタイミングで提供される逸品です。

今回はこの「凜凜甜品(リンリンデザート)」さんの雰囲気や「マーラーカオ」を実食レビューします。

店内の雰囲気は?(コロナ対策など)


凜凜甜品(リンリンデザート)は祇園の路地奥にある珍しいスイーツ店

凜凜甜品(リンリンデザート)は祇園の路地奥にある珍しいスイーツ店

さて、京都の「凜凜甜品(リンリンデザート)」さんですが祇園の路地奥にあるという面白いお店です。

京都で路地奥にあるお店はたくさんありますが、凜凜甜品(リンリンデザート)さんの路地は他の路地とちょっと違ってすぐには見つからない場所にあります。

京都らしい路地奥にある凜凜甜品(リンリンデザート)見つけられるかな?

京都らしい路地奥にある凜凜甜品(リンリンデザート)見つけられるかな?

カウンター8席、路地にある京町家を利用したカフェになっています

カウンター8席、路地にある京町家を利用したカフェになっています

八坂神社のすぐ北側、祇園花月からも近い場所ですが、路地に入ると静かな雰囲気です。

店内はカウンター、香港・台湾・中国の雑貨なども並んでいます。

京都の町家をリノベーションした雰囲気の良いお店です。

スイーツ「マーラーカオ」ってなに?


スイーツ「マーラーカオ」とは?!

スイーツ「マーラーカオ」とは?!

では「マーラーカオ」ってどんなスイーツなのでしょうか?

マーラーカオは漢字で書くと「馬拉糕」で、優しい甘さのカステラのようなお菓子です。

最近流行りだした「台湾カステラ」との違いは・・・・

焼く(台湾カステラ)のか蒸す(マーラーカオ)の違いです

台湾カステラ(焼き菓子)
マーラーカオ(蒸したお菓子)
凜凜甜品(リンリンデザート)のマーラーカオ

凜凜甜品(リンリンデザート)のマーラーカオ

凜凜甜品(リンリンデザート)のマーラーカオは「米粉・卵」を時間をかけて蒸した身体に優しい素材にこだわったスイーツ。

表面はふっくらしていますが、中はシットリとしていて「生カステラ」のような絶妙な食感になっています。

ジャムを付けていただきます

ジャムを付けていただきます

ジャムで食べるようになっていて「小豆カスタード杏仁山査子(さんざし)」のジャムが付いてきます。

山査子(さんざし)は赤いポリフェノール果実と言われるフルーツで、ほんのり酸っぱい味わいが甘いマーラーカオにとてもよく合っていました。

烏龍茶と麩で作ったラスクもセットになったリンリンデザートのマーラーカオ

烏龍茶と麩で作ったラスクもセットになったリンリンデザートのマーラーカオ

マーラーカオは烏龍茶と麩で作ったラスクも付いて1500円で提供。

急須はいくつも用意された中から好みのものを選べるようになっています。

烏龍茶は好みの急須を選ぶことができます

烏龍茶は好みの急須を選ぶことができます

甘いマーラーカオに烏龍茶がよく合います

甘いマーラーカオに烏龍茶がよく合います

日本ではまだ珍しい「マーラーカオ」を楽しむことができるのが凜凜甜品(リンリンデザート)というお店。

台湾カステラよりもシットリとした味わいが特徴的なスイーツです。

食べたい方は凜凜甜品(リンリンデザート)の公式LINEで予約ができますので、(こちらをクリック)して表示されたバーコードをスマホのカメラで読み込んでご利用ください。

なお、予約可能時間は「12時・13時30分・15時」の三部制。

都合の良い時間でご予約をお願いします。

このお店への行き方は?(駐車場の有無など)


凜凜甜品(リンリンデザート)店舗外観写真

凜凜甜品(リンリンデザート)店舗外観写真

では「凜凜甜品(リンリンデザート)」さんへの行き方や営業時間についてです。

場所は祇園北側と呼ばれる八坂神社に近いところです。

八坂神社の西楼門を右に見て北に向かって歩くと、コインパーキングの手前に「三宝建設」という工務店のビルがあります。

そのビルの右わきに細い路地があるのですが、その奥にお店があります。

住所でいえば「〒605-0073 京都府京都市東山区祇園町北側313−7」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場はありませんが、コインパーキングが北側にあります。

バイクは八坂神社の西楼門の北側から入れる地下に有料のバイク駐輪場があるのでそちらを利用すると良いでしょう(30分100円)。

電車の場合は「祇園四条駅」を下車、そこから八坂神社まで徒歩5分かからないくらいです。

ジャンル「マーラーカオ専門店」
食事予算「1500円」
ランチ営業「あり(8時から営業)」
営業時間「12時・13時30分・15時の三部制」
定休日「月曜日、木曜日」←2021年8月から定休日が「火曜日、金曜日」になります。
駐車場・駐輪場「なし」
住所「〒605-0073 京都府京都市東山区祇園町北側313−7」
地図こちらをクリック(Google Maps)」
コロナ対策「手指消毒・マスク」
公式https://select-type.com/p/linlintianpin/


この記事を書いた人

この記事は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。



スイーツ

京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西の・スイーツ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。