京都の「らーめん日本一」が全店閉店へ

京都市内でド根性ラーメンというデカ盛りグルメを提供していた「ラーメン日本一」系統のラーメン店が2021年3月31日で京都市内から全店舗閉店となります。かつてはテレビで紹介されたこともあった京都ラーメンのレジェンド的なグループでした。

京都の「らーめん日本一」が全店閉店


2021年3月31日で閉店する丹波口の「らーめん日本一」

2021年3月31日で閉店する丹波口の「らーめん日本一」

京都の名物、デカ盛ラーメンのお店「らーめん日本一」が2021年3月31日をもって閉店することが判明しました。

ド根性ラーメンを時間制限内で完食すれば無料という「デカ盛りチャレンジ」があるラーメン店で、京都では老舗のラーメングループが「らーめん日本一」です。

かつて市内に3店舗堀川北山西賀茂丹波口」の3か所にありましたが、最後まで営業していた丹波口の店舗が2021年3月31日で閉店すると告知しています。

閉店を告知する貼紙(らーめん日本一 丹波口店)

閉店を告知する貼紙(らーめん日本一 丹波口店)

閉店を告知する貼紙には簡単にこのように書かれていました。

<お知らせ>今月末をもちまして閉店する事となりました・・・・
御迷惑をお掛けしますが宜ろしくお願い致します(原文ママ)

ド根性ラーメンは20分で2杯完食すれば無料となるルール

ド根性ラーメンは20分で2杯完食すれば無料となるルール

デカ盛りチャレンジである「ド根性ラーメン(1200円)」の完食ルールは店舗で若干異なる内容でしたが、丹波口の店舗では・・・・

(A)1杯を8分以内で完食したら次回使える600円の金券進呈
(B)2杯を20分以内で完食したら代金無料
(C)3杯を40分以内で完食したら代金無料+1万円進呈

という条件でチャレンジすることができました。

京都の「らーめん日本一」について


西賀茂「ド根性ラーメン日本一」は弟子の店でした

西賀茂「ド根性ラーメン日本一」は弟子の店でした

かつて、ラーメン日本一は京都市内に3か所ありました。

本店は堀川北山で2014年頃まで営業していた「日本一」です。

安く大盛りのラーメン店として有名だったお店です。

その時から本店の息子夫婦が丹波口でも系列店を営業しており、そちらが今回閉店する最後の「らーめん日本一」となります。

もうひとつは2020年3月17日で閉店した西賀茂の「ド根性ラーメン日本一」で、こちらは本店の弟子が開業していました。

2021年3月31日をもって丹波口店が閉店することで京都市内にあったラーメン日本一は全店舗閉店ということになります。

日本一(堀川北山)2014年頃に閉店、鶏ベースのラーメン
らーめん日本一(丹波口)2021年3月31日閉店店、鶏ベースのラーメン
ド根性ラーメン日本一(西賀茂)2020年3月17日閉店店、豚骨ベースのラーメン


この記事を書いた人

この記事は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。



関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!