京珉 春日店(春日京珉)が2020年10月で閉店

京都市右京区、西院駅から春日通を下がったところにあった老舗の中華料理店「京珉 春日店(春日京珉)」が2020年10月に閉店していました。ラーメン400円という激安のお店でしたが、店主も高齢ということもあり時代の流れを感じます。

京珉 春日店(春日京珉)が2020年10月で閉店


京珉 春日店(春日京珉)が2020年10月に閉店

京珉 春日店(春日京珉)が2020年10月に閉店

京珉 春日店(春日京珉)が2020年10月に閉店していました。

気が付いたのは2020年12月2日とだいぶ遅れましたが、該当テナントの看板も外れており廃業したのは確実です。

少し調べたところ2020年10月に閉業されたみたいでした。

すでにそのテナントでは別の工事が始まっており「京珉 春日店(春日京珉)」の面影はありません

京珉 春日店(春日京珉)は京都でも老舗の中華料理店で、ラーメンは400円とすごく安い昔の値段でやっていたお店です。

私も利用したことがある昭和レトロなお店だっただけに残念です。

店内の様子は?(新型コロナ対策など)


在りし日の「京珉 春日店(春日京珉)」2020年8月15日撮影

在りし日の「京珉 春日店(春日京珉)」2020年8月15日撮影

在りし日の「京珉 春日店(春日京珉)」です。

これは2020年8月15日に食べに行った際に撮影したものですが、昭和の香りが残る良い店でした。

店内の様子、カウンターのみの正統派中華料理店

店内の様子、カウンターのみの正統派中華料理店

店内はカウンターのみ、赤い椅子が正統派の中華料理店を感じさせます。

メニューも赤色、最近はラーメン専門店が多いですが、少し昔まではこういった中華料理店でラーメンを食べるも当たり前の時代でした。

このお店のメニューは?


昭和の時代そのままの値段

昭和の時代そのままの値段

メニューは広東語でしょうか、昔ながらの書体が雰囲気があります。

中国語の下には日本語でも表記があり「中華丼(480円)焼肉丼(520円)天津飯(480円)」とかなりの激安です。

これは昭和の時代そのままの値段ですね。

中華料理の一品も500円前後とお安い

中華料理の一品も500円前後とお安い

中華料理の一品も500円前後とお安いです。

五目焼きそば(500円)はとても安い

五目焼きそば(500円)はとても安い

五目焼きそば(500円)中華そば(400円)と麺類も財布に優しいお値段です。

五目焼きそば(500円)


五目焼きそば(500円)

五目焼きそば(500円)

五目焼きそば(500円)を食べてみたのですが、結構優しい味わいでした。

昔の中華料理店なので中華の調味料がすごいかなと思っていたのですが、京都の町中華のような味わいです。

麺は揚げた太麺で、量は少なめですが、野菜炒めの餡は多めにかかっていました。

メニュー


中華そば(400円)

中華そば(400円)

飯類、あんかけ類のメニュー

飯類、あんかけ類のメニュー

餃子、麺類、揚げ物、炒め物などのメニュー

餃子、麺類、揚げ物、炒め物などのメニュー

このお店への行き方や営業時間は?


京珉 春日店(春日京珉)店舗外観写真

京珉 春日店(春日京珉)店舗外観写真

では「京珉 春日店(春日京珉)」はどこにあったお店なのでしょうか。

通りとしては「春日通(佐井通)」で、西院駅の西側を通る春日通を下がって4分くらいのところです。

近くには「佰食屋」とか「らーめん鶴武者」がある飲食店が集中しているエリアです。

営業時間は「11時30分~14時30分、17時30分~22時30分」で、定休日は「不定休」でした。

〒615-0026 京都府京都市右京区西院北矢掛町46−2(地図
営業時間:11時30分~14時30分、17時30分~22時30分
定休日:

このお店の口コミは?


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!