2020年9月1日オープン 中野屋 今出川店 (京都二郎インスパイア)

京都市上京区の今出川駅近く、これまで「中野屋ラーメンTHE JIRO 今出川店」だったラーメン店が2020年9月1日にリニューアルをして「中野屋 今出川店」となりました。これまでも二郎インスパイアでしたが、新店舗も二郎インスパイアです。ただ、以前より二郎系ラーメンに近い気がします。

2020年9月1日オープン 中野屋 今出川店


2020年9月1日オープン 中野屋 今出川店

2020年9月1日オープン 中野屋 今出川店

今出川駅のすぐ近くに二郎インスパイアのラーメン店「中野屋 今出川店」が2020年9月1日に新店オープンしました。

といっても厳密にはリニューアル、2017年7月18日に開業した「中野屋にぼ次朗 今出川店」が、2018年8月に屋号を「中野屋ラーメンTHE JIRO 今出川店」と変更。

その後、さらに2020年9月1日に「中野屋 今出川店」と名称変更しています。

ただ、今回のリニューアルではメニューなどは大きく変更され、内容面も変わっていますので新店扱いとします。

今出川の「中野屋ラーメンTHE JIRO 今出川店」が屋号を「中野屋」に変更、メニューも一新

今出川の「中野屋ラーメンTHE JIRO 今出川店」が屋号を「中野屋」に変更、メニューも一新

これまで「中野屋にぼ次朗 今出川」も「中野屋ラーメンTHE JIRO 今出川店」も、二郎インスパイアではあったものの「煮干し」を使ったラーメンを提供していました。

また、メニューの種類も多く「煮干し豚骨魚介」スープのラーメンがありました。

今回のリニューアルではラーメンは3種類ですが、豚骨に絞っていそうです。

また、いろいろと二郎っぽい雰囲気を持ったルールも書かれていました。

今回の変更点は「屋号」のみならず、メニューと味に変更があったと言えます。

中野屋にぼ次朗 今出川店(2017年7月18日オープン)
中野屋ラーメンTHE JIRO 今出川店(2018年8月屋号変更)
中野屋 今出川店(2020年9月1日屋号変更)← NEW!

このお店のメニューは?


メニューは「ラーメン、油そば、つけそば」の3種類

メニューは「ラーメン、油そば、つけそば」の3種類

さて、外観や店内は大きく変化はありませんが、前述のようにメニューは大きく変わりました。

メニューは「ラーメン油そばつけそば」の3種類です。

それぞれに麺量があり「300g、400g、500g」が選べますが、値段は麺量で変わります。

このあたりは二郎っぽくはありませんが、麺量で値段が変わる方が公正に思えます。

前述のように「煮干し、魚介」を使ったラーメンはなくなっており表記がありませんでした。

メニューとは違う分量が書かれた貼紙

メニューとは違う分量が書かれた貼紙

なお、メニューにはないのですが別途貼紙に「ミニ(250g)」と「大(700g)」という表記も見られました。

これについては後から気が付いたので、確認できていませんが、さらに別の貼紙には正確そうな分量が書いてあり「ミニ(180g)」も選択できるとありました(700gはないみたいです)。

麺の分量はこの記載が正しいと思われます

麺の分量はこの記載が正しいと思われます

ラーメン小(300g)850円


ラーメン小(300g)850円

ラーメン小(300g)850円

今回は「ラーメン小(300g)850円」を注文。

コールなどはなく、確認されたのは「麺量多いけど大丈夫ですか?」と「にんにくいれますか?」を最初に聞かれただけです。

ただ、そこで何も言わなければ「全部ふつう」でオーダーされるだけで「野菜、背脂、タレ」の分量をオーダー可能です。

「野菜、背脂、タレ」の分量をオーダー可能

「野菜、背脂、タレ」の分量をオーダー可能

上がカスタマイズで、野菜は100g~600gで調整可能です。あとは脂マシマシタレマシマシまではオーダーできるとあります。

背脂は塊で入っています

背脂は塊で入っています

ただ、背脂は大きい塊で入っています(普通でオーダー)ので、マシマシにすると大変なことになりそうです。

スープは豚骨

スープは豚骨

以前のメニューは「豚骨らーめん」でも煮干しスープが使われていました(煮干し+豚骨)。

しかし、今回のリニューアルで「豚骨」のみになっているようです。

タレの辛さなどは以前より辛さがマイルドになっているように思えました。以前が少し辛かったのでちょうど良いかも。

スープはほんのり甘みがあります(前と同じ)。

麺はかなり太く、ストレート麺です

麺はかなり太く、ストレート麺です

は以前と同じ「ミネヤ食品工業(大阪府枚方市)のものですが、前よりもかなり太めの麺を採用しています。

また、以前は手もみでしたが、ストレートになっていました。

スープは単独で飲むと美味しいです。

ただ、この太い麺だとスープがあまり絡まないようです。

食べていて「麺の味しかしない」と思う局面がしばしばありました。

そのため、タレのオーダーを「増し」にするという選択肢もありかと思われました。

中野屋 今出川店のルール(五か条)


中野屋 今出川店のルール(五か条)

中野屋 今出川店のルール(五か条)

順番が前後しますが、入店するとまずルールがあると告知されます。

中野屋 今出川店のルール(五か条)」というやつですが、よくある二郎系のルールそのままです。

まぁいいんですが、二郎系と違って麺量で値段変わるし、値段も少しお高めだし、5番を除いてここまで要求する必要があるのかは疑問でした。

あと、コロナ対策のことを考えれば、テーブルは店員さんが責任もってアルコール消毒するという流れが今は一般的です。この五か条を見るかぎりではそうなっていませんでした。

個人的には25分で食べるというルールもかなり厳しいです。

若い人ならいいのですが、私で300gを食べるのに25分きっちりくらいです(今回は急いで20分で食べました)。今回は知らないで入っているので仕方なかったのですが、基本的に時間制限が短いお店は利用したくありません。食べるのに時間がかかって迷惑がかかるからというのと、もう少し味わって食べたいからです。

外にもルールが貼りだしてあれば、それを見て入店するのを辞めるという選択肢があります。もちろん、入ってから注文しないで出るということもできますが、あまり気持ちの良いやり方ではありませんし、券売機制なので返金をお願いするのもお互いに面倒です。

ルールは店頭に貼ってあると分かりやすいです(入店しないですぐに他店に行けます)。 

このお店への行き方や営業時間は?


中野屋 今出川店(店舗外観写真)

中野屋 今出川店(店舗外観写真)

さて、今回リニューアルした「中野屋 今出川店」の場所や営業時間についてです。

地下鉄の「今出川駅」が最寄、烏丸今出川を西へ、今出川通沿いの最初の信号手前です。

地下鉄からなら4番もしくは6番出口で地上にでると良いでしょう。

営業時間は「11時30分~15時、17時~21時30分」で、定休日は「不定休」でした。

Uber Eats に対応、電子決済は非対応でした。

〒602-0901 京都府京都市上京区北小路室町390−4(地図
営業時間:11時30分~15時、17時~21時30分
定休日:不定休
公式Twitter:https://mobile.twitter.com/nakanoya_0901
広告


京都ラーメン

関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。