【閉店】京都ラーメン350円「安宅屋飯店」で激安・大盛ラーメン 実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は、円町にある「安宅屋飯店」さんという地元では安くて大盛りのお店を紹介します。値段は激安でラーメン350円餃子は200円だし、炒飯ですら400円です。量も多くて、町の中華料理屋さんなので安心して入れるお店なんです。今回はこの「安宅屋飯店」さんで中華料理を5種類食べて来ました。

料理を5種食べても合計金額は2150円というとてもリーズナブルなお店でした。

最新情報:こちらのお店は2018年12月1日で閉店となりました。

京都の庶民中華ならラーメンが350円!


実は京都では350円でラーメンを食べることができます

実は京都では350円でラーメンを食べることができます

あまり知られていませんが、京都といえば「激安でラーメン」を食べることができる町です。

有名なラーメン激戦区である「四条河原・祇園エリア」や「一乗寺エリア」でラーメンを食べると普通は800円くらいするのですが、なんと観光エリア以外ではラーメンを300円台で食べることができます。

今回紹介するのは、円町(太子道)で長年愛されている庶民中華の王道店「安宅屋飯店」さんという中華料理店です。

こちらでは、ラーメンが350円、餃子も200円という安心価格で食事をすることができるのです。

今回はラーメン・餃子以外にも「やきめし豚の唐揚げ揚げやきそば」などを食べて来ましたので実食レビューしたいと思います。

京都・円町の「安宅屋飯店」はラーメン350円で餃子が200円と激安


京都・円町の「安宅屋飯店」さんは昭和から愛されている地元の中華料理店です

京都・円町の「安宅屋飯店」さんは昭和から愛されている地元の中華料理店です

ということで、京都の円町にある「安宅屋飯店」さんへやってきました。

西大路太子道の交差点すぐ西側にあるお店ですが、古い建物で夜だけ営業のためか、あまり目立ちません。でも、店内に入るとお客さんも多くて賑わっていました。

店内の様子は、昔からある地元の中華料理店という雰囲気です。

そのため、気兼ねもいらないし、それで値段も安かったら地元の方で賑わうのも当然だと思いました。

安宅屋飯店のメニュー、古くて読めませんがラーメンは350円~500円と激安です

安宅屋飯店のメニュー、古くて読めませんがラーメンは350円~500円と激安です

店内に掲示されたメニューを見てみると、そこには嬉しい価格設定になっている中華料理がたくさん書かれています。

よくよく見ると、ラーメンは350円で、チャーシューメンですら500円です。

さらに、なんと餃子は200円です!

一番高いメニューでも700円なんて激安過ぎですよね。

ラーメン 350円
チャーシューメン 500円
五目野菜そば 500円
チャンポン麺 500円
かに玉入りラーメン 500円
やきそば 400円
あげやきそば 600円
餃子 200円
炒飯 400円
中華丼 450円
天津飯 450円

京都ラーメン350円・餃子200円 実食レビュー


こちらが350円のラーメン、トッピングもあってチャーシュー入りです

こちらが350円のラーメン、トッピングもあってチャーシュー入りです

こちらが「安宅屋飯店」名物の350円ラーメンです。

食べに来られたお客さんの多くが注文しており、美味しそうにラーメンをすすっていました。

トッピングは「チャーシューねぎもやし」とシンプルではありますが、トッピングも麺も量はちゃんとありました。

スープも鶏ガラベースでしょうか、やや化調の味わいがしますが、シッカリとした味付けで色味も醤油が濃いめのラーメンになっています。

味も問題なく普通においしく食べることができるラーメンで、ラーメン一杯食べて350円で満腹になるのだから、ものすごくコスパの良いお店です。

200円餃子、こちらは少し小さめで味もマイルドです

200円餃子、こちらは少し小さめで味もマイルドです

さて、こちらが200円の餃子です。

大きさは少し小さめですが、この値段を維持するのは大変だと思います。

味は京都らしく結構なライト風味ですが、サイズも味も「いかにも京都の餃子」という感じがします。

京都餃子って「小さくて、味は控えめ」なのが特徴なのですが、祇園なんかだと、これより小さくて薄味の餃子が高額な値段で売られていたりしますから、それを考えれば全然お得だと思いました。

こちらも美味しくいただいて完食!

でも、ちょっと物足りなかったので他にも注文してみることにしました。

炒飯も今どき400円という爆安チャーハンでした


チャーハンも安い安宅屋飯店(400円)

チャーハンも安い安宅屋飯店(400円)

ラーメンと餃子で550円と値段も安いので、もうちょっと色々と食べてみたくなりました。

そこで「炒飯 400円」を注文すると、ご飯の量もあるシッカリとした味付けされた炒飯が出てきました。

パッと見で「これが400円って安いよな」と思う品質で、具材もちゃんと「ねぎチャーシュー」が入っています。

味付けは餃子と同じでライトだったのですが、薄味というわけでもなく、中華味もほんのり感じられる炒飯だったので「炒飯+餃子 600円」という組み合わせもありだなと思う内容になっていました。

揚げ焼きそば(600円)大盛りで食べごたえがあります


揚げ焼きそば(600円)は大盛りで食べごたえあり

揚げ焼きそば(600円)は大盛りで食べごたえあり

ここで、もうひとつ気になるメニューがありました。

他のお客さんが注文していたのですが、なんとテンコモリになった「揚げ焼きそば」があったのです。

値段を見てみると、なんと600円

思わず注文してたのが上の写真の「揚げ焼きそば」です。

丼には、太麺の揚げ焼きそばがギッシリと詰め込んであります

丼には、太麺の揚げ焼きそばがギッシリと詰め込んであります

具材の「豚肉もやしネギしいたけにんじん」が、少し濃い目の醤油色の餡掛けと一緒に炒めてあり、かなり良い匂いが漂ってきます。

麺は太麺の焼きそばを油で揚げたもので、カリカリとした軽い食感の揚げ麺が丼の下にギッシリと詰まっていましが、麺は油の風味が強いので、具材の餡掛けがもうちょっと濃い目ならもっと美味しいかなという印象でした。

とはいえ、これで600円なら満足できる「揚げ焼きそば」です。

安宅屋飯店 への行き方(アクセス方法)


安宅屋飯店さんは夜のみ営業で水曜日が定休日です

安宅屋飯店さんは夜のみ営業で水曜日が定休日です

結局、安い安いと言いながら「ラーメン餃子炒飯揚げ焼きそばぶたの天ぷら」と5品目も食べてしまったのですが、それだけ食べても会計は2150円でした。

つまり1品の平均価格が400円なのです。

古いお店ではありますが、値段は昭和のままで庶民の味方とも言えるお店だと思います。

ぶたの天ぷら(600円)も食べて合計2150円でした

ぶたの天ぷら(600円)も食べて合計2150円でした

一品料理も400円~750円と安くて量も多いものでした

一品料理も400円~750円と安くて量も多いものでした

ここまで激安だと、この「安宅屋飯店」さんへ行きたいと思われた方も多いはずです。

ということで「安宅屋飯店」さんへの行き方なのですが、駐車場などは一切ないので電車か京都市バスで移動することになります。

場所「西大路通」から「太子道」を西へ入ってスグなので、分かりやすいかと思います。

JR山陰本線「円町駅」からは徒歩5分くらい、京都市バスなら「太子道バス停」から徒歩1分かかりません。

JR京都駅からだと京都市バス「205系統」で行くことができますし、四条からだと「26系統27系統」、四条河原町からなら「203系統」がこのバス停を通るので便利な立地にあると思います。

京都府京都市中京区西ノ京中御門東町107
営業時間:17時~24時
定休日:水曜日


今回の「京都ラーメンブログ」は、ラーメンとうどんが安く食べられるお店を厳選して紹介します。値段は「かけうどん 200円」と「中華そば 300円」が最安値で、どのお店も500円より安い値段のお店ばかりです。実は京都にはこういう昭和の値段のままで販売している大衆食堂(麺類一式の店)が多く残っており、学生も多い町であることからお値段据え置きのお店も多いのです。では、その「激安大衆食堂」とは、どこにあるなんというお店なのでしょうか。



京都ラーメン

関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。