らーめん大 京都深草店 閉店@京都の二郎インスパイアを実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は、二郎インスパイアのラーメンを深草で食べることができるお店「らーめん大 京都深草店」へ行ってきました。値段は700円からで、野菜は多めでチャーシューは少なめですが、麺量はデフォルトで300gあります。ベースのスープは豚の味がよく感じられ、醤油ダレは辛みや苦味などがないので、すんなりと食べることができました。

最新情報:2021年4月にこちらのお店は閉店となりました。

京都のラーメン二郎インスパイア「らーめん大 京都深草店」


らーめん大 京都深草店(2018年1月28日撮影)

らーめん大 京都深草店(2018年1月28日撮影)

初めて「らーめん大 京都深草店」に食べに行ったのは、まだオープン間もない頃で2014年頃のことです(開業日は2013年11月18日)。

東京にあった「ラーメン二郎 堀切店」が「ラーメン大 堀切店」となって、それが京都の深草に「ラーメン大 京都深草店」を出店してたという流れです。

京都では、すでに「ラーメン荘」という二郎インスパイアのお店があったのですが、深草に「らーめん大」という二郎インスパイアのお店あるというのを聞いて食べに行った記憶があります。

その頃は、正直あまり美味しいとは思わずに、その後は足が遠のいていました。

2018年1月に、祇園・繩手通「メントメシ ザコヤ」のオーナーに「立ち上げに関わっていた」という話を聞いて、さらに「今はフランチャイズ店と同じ味になっている」という話だったので、2018年1月28日に食べに行ってみることにしました。

らーめん大 メニューと価格


らーめん大 メニュー価格

らーめん大 メニュー価格

らーめん大のメニューと価格ですが「醤油らーめん 700円」からでデフォルトの麺量は300gとなっています。

味によって基本のメニューが5種類あって、いずれも二郎インスパイアです。

麺量を200gにしたい場合は「女子盛り」というメニューを選択することになっています。

・醤油らーめん 700円
・塩らーめん 700円
・花椒赤辛らーめん 850円
・鮮香煮干らーめん 850円
・熟成黒にんにく 850円
・女子盛り(醤油、塩)700円
・女子盛り(赤辛、煮干、黒にんいく)850円

麺の増量は400gと500gがあり「400gは無料」で「500gは麺増量+100円」となっています。

400gと500gの場合は「400gクリップ」というのが自販機の左側にあるので、どちらの増量でもチケットにクリップを付けて出します。

500gの場合は「チケット400gクリップ麺増量+100円」をカウンター上に置くことになります。

らーめん大 注文方法


味の好みも注文可能です

味の好みも注文可能です

二郎インスパイアなので「味の好み」も注文可能です。

同じく「にんにく入れますか」と聞かれた時に答えるようになっていますが、今回は「全部普通」で注文しました。

ラーメン大は「普通」で注文しても、かなり分量が多いからです。

・野菜(増し増し、増し、多め、普通、少なめ)
・味(薄め、普通、濃め)
・脂(少め、普通、多め、増し、増し増し)
・にんにく or しょうが(あり)※通常は入っていない

醤油ラーメン 実食レビュー


醤油ラーメン(700円、麺300g、全部普通)

醤油ラーメン(700円、麺300g、全部普通)

こちらが「醤油ラーメン(700円、麺300g、全部普通)」です。

他の二郎系やインスパイアよりも「野菜」の分量が多く肉が少なめになっています。

スープは乳化して「まろやかな味わい」です

スープは乳化して「まろやかな味わい」です

スープは豚がベースですが、旨味はよく出ている乳化スープになっていました。

醤油ダレは若干甘めで、辛さはほとんどありません。

やや独特の舌の脇の方で感じるうま味があって、わかりやすく言うと「味の素」を舐めた時のような味わいがします。

でも、これが意外と飲みやすいスープになっていました。

麺はゴワゴワしてないので食べやすいです

麺はゴワゴワしてないので食べやすいです

麺は極太麺ですが「ラーメン二郎 京都店」などの多店舗と比較すると少し細めになっていました。

は、のどごしが良く、手もみも軽めなのでツルツルと食べられる麺になっています。

分量は多いのですが、この麺が思ったより消化が良かったので腹持ちはしない麺になっています。

チャーシューはスライス肉

チャーシューはスライス肉

他店だとチャーシューは厚みのものが出てくるのですが、らーめん大ではスライスされたものが入っていました。

二郎系・インスパイアではチャーシューを食べるのも一苦労すが、「らーめん大 京都深草店」は分量自体が多くないので普通に食べきることができました。

他店と比較すると、全体的な味付けは「ライト」で醤油のカドがたつようなこともなく、スープの味がよく出ているので普通に美味しく食べることができました。

味は良い方だと思います。

らーめん大 京都深草店 への行き方(アクセス方法)


らーめん大 京都深草店は深草駅から徒歩5分くらいの場所にあります

らーめん大 京都深草店は深草駅から徒歩5分くらいの場所にあります

らーめん大 京都深草店 への行き方(アクセス方法)ですが、京阪本線「深草駅」から西口で龍谷大学まで行くと「師団街道」があるので、それを南に5分ほど歩いた所です。

駐車場はなく、駐輪場もありませんが駅からはさほど歩きません。

藤森駅」からも同じくらいなので、どちらで降りても行くことができます。

京都府京都市伏見区深草野田町17−2
営業時間:11時~15時、17時~24時(日曜日のみ10時~15時)
定休日:家族の誕生日、子供の学校行事日
URL:http://www.food-ff.com/


関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。