2021年8月31日オープン 八三一 やそいち

京都の飲食新店「八三一(やそいち)」実食レビュー。場所は京都市上京区河原町丸太町(神宮丸太町エリア)での開業。開業日は2021年8月31日。八三一(やそいち)は丼ものと汁ものがあるファーストフード店のようなお店で、野菜を中心に海鮮や肉を使った丼ぶりメニューがありました。

2021年8月31日オープン 八三一(やそいち)

2021年8月31日オープン 八三一(やそいち)

こんにちは、京都中を観察して飲食新店を探しているリサーチャーノーディレイ(Twitter:@nodelayworks)」です。毎日、京都市内・京都府南部・京都府北部」を巡って見つけた新店をこれまで1600店舗以上紹介してきました。


ノーディレイ(顔写真)
京都市上京区で新店オープンした「八三一(やそいち)」を紹介します。

京都御所の東側、河原町丸太町上がってすぐ東側(神宮丸太町エリア)での開店です。丼もの・汁ものを提供する和食店です。


2021年8月31日オープン


八三一 (丼もの・神宮丸太町)

八三一 (丼もの・神宮丸太町)

京都市上京区、御所東の河原町通沿いで新店オープンした「八三一(やそいち)」へ行ってきましたので実食レビューします。

オープン日(開業日)は2021年8月31日で、8月8日からプレ営業をしています。

丼もの・汁もの がある和食店

丼もの・汁もの がある和食店

ジャンルとしては和食店丼もの汁ものを提供するお店。

ファーストフード店のような装いで入りやすい雰囲気になっていました。

場所は河原町丸太町上るすぐ東側

場所は河原町丸太町上るすぐ東側

お店の場所河原町丸太町上るすぐ東側です。

今回はここで新しく開業した「八三一(やそいち)」を実食レビューします。

実食レビュー


河原町丸太町では目立つファーストフード風

河原町丸太町では目立つファーストフード風

お店があるのは河原町丸太町を上がったすぐ東側で飲食店が多いエリアです。

河原町丸太町は個人的にはお店があってもすぐに気がつかないことが多いのですが、こちらの店舗はファーストフード風の外観なので目立っていました。

1階はカウンター8席、二階もあります

1階はカウンター8席、二階もあります

店内は牛丼チェーンのようなファーストフード風。

座席数は1階はカウンター8席、二階もありテーブル席が3卓(プレ期間中は2階席は使われていませんでした)。

運営は「株式会社グリグラ」で、京都ではラーメン店「醍ぶ」を運営している会社です。

丼ものは6種類

丼ものは6種類

丼ものは6種類あって、鶏肉牛肉を使ったもの。

辛い系メニューもありますが、辛くない「野菜と小柱のかき揚げ丼牛肉とごぼうの卵とじ丼」が気になるメニューです。

野菜と小柱のかき揚げ丼・八三一汁

野菜と小柱のかき揚げ丼・八三一汁

今回は「野菜と小柱のかき揚げ丼」を注文。

汁ものがセットだと200円だったので「八三一汁」も一緒にオーダーしました。

からだに嬉しい愛情たっぷりごはん

からだに嬉しい愛情たっぷりごはん

コンセプトは「からだに嬉しい愛情たっぷりごはん」となっていて、かき揚げ丼も天ぷらダレを使っていない優しい味わいです。

でも、衣と野菜からは出汁の味がするのと、サツマイモや玉ねぎが甘いのでタレがなくても食べられるようになっていました。

野菜たっぷりの白みそ汁

野菜たっぷりの白みそ汁

セットで付けた八三一汁は野菜たっぷりの白みそ汁。

丼ものもそうですが塩分かなり控えめで「からだに嬉しい」というコンセプトそのもののお料理です。

塩分控えめは自分には嬉しい配慮

塩分控えめは自分には嬉しい配慮

今回食べたかき揚げ丼は若い子には物足りない味付けかもしれませんが甘辛い系や卵とじ系もあるので、学生さんなどはそちらを食べてみると良いでしょう。

私くらいになると塩分・糖分・脂分が気になってくるのと、身体が自然と優しい味付けを求めるので美味しくいただくことができました

京都御苑からも近いのでご年配の方も多い立地、そこでリーズナブルな値段で身体に優しい丼ものを食べられるというコンセプトは筋が通っているなと思いました。

メニュー


このお店のメニューは?

このお店のメニューは?

メニュー リスト(クリックでオープン&クローズ)
【グランド】メニュー
野菜と小柱のかき揚げ丼 680円
和風ビビンバ丼 690円
豚と玉葱の辛味噌炒め丼 590円
鶏唐と野菜の甘辛丼 690円
牛肉とごぼうの卵とじ丼 730円
まぐろアボカド丼 780円
八三一汁(セットは200円) 300円
値段は税込み価格です。
※メニューと値段は記事掲載時点のものです(サービス内容は変更になる場合もあります)。

メニュー一覧や値段など「メニュー情報」です。

メニューは「丼もの汁もの」という構成。

値段は680円~780円とリーズナブル。注文はオンキャッシュ(先払い)です。

ごはんは普通で200グラム、小盛りにすることも可能です。大盛り(250g)は追加で30円必要です。

営業時間・定休日


このお店の営業時間と定休日は?

このお店の営業時間と定休日は?

営業時間や定休日など「店舗情報」です。

営業時間は「11時~14時30分、17時30分~20時」です(ラストオーダー15分前まで)。この営業時間は8月31日までの時短営業です。

※京都では2021年8月1日~31日まで「まん延防止等重点措置)により時短要請が出ています。

定休日は「不定休」となっていました。

アクセス(場所)

八三一(やそいち)への行き方についてです。

場所は御所東の河原町通沿い、河原町丸太町上るすぐ東側

住所でいえば「〒602-0877 京都府京都市上京区桝屋町369」で、大きな地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場はありません。

店舗情報(クリックでオープン&クローズ)
店舗情報
店舗名 八三一(やそいち)
ジャンル 和食・丼もの
食事予算 1000円以内
営業時間 11時~14時30分、17時30分~20時(変更になる場合があります)
定休日 不定休
駐車場・駐輪場 なし
住所 〒602-0877 京都府京都市上京区桝屋町369
地図 こちらをクリック(Google Maps)
マップコード 7 647 709*77
最寄り駅 神宮丸太町駅から徒歩5分(約350m・ルート
最寄りバス停 河原町丸太町バス停から徒歩1分(約47m・ルートバス停情報
テイクアウト 対応
出前 なし
電子決済 QR決済(PayPay)
コロナ対策 手指消毒・マスク・透明シールド
公式SNS なし
公式サイト なし
電話番号 タップで電話発信(テイクアウト予約可、営業時間内におかけください)
オープン日 2021年8月31日オープン
※営業時間と定休日は記事掲載時点のものです。臨時休業の場合もありますのでご注意ください。
※「マップコード」および「MAPCODE」は(株)デンソーの登録商標です。


京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



ニューオープン

主に関西・京都の新店・リニューアルオープンを紹介している「新店速報」です。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。