2021年6月15日リニューアル 韓国料理店 限界ヲ突破セヨ

三条会商店街のすぐ近くで2019年12月20日に新店オープン(2021年6月15日韓国料理店にリニューアル)した「韓国料理店 限界ヲ突破セヨ」へ行って来ました。韓国料理の専門店で、地元に住む韓国の方から「本場の味がする料理店」と評判になっています。オーナーシェフ自ら韓国へ料理修行に行き、調味料などの食材も韓国製にこだわっています。

韓国仕込みの味付けで韓国人の方に大評判「韓国料理店 限界ヲ突破セヨ」

韓国仕込みの味付けで韓国人の方に大評判「韓国料理店 限界ヲ突破セヨ」

こんにちは、京都中を観察して飲食新店を探しているリサーチャーノーディレイ(Twitter:@nodelayworks)」です。毎日、京都市内・京都府南部・京都府北部」を巡って見つけた新店をこれまで1600店舗以上紹介してきました。


ノーディレイ(顔写真)
今回は京都で本場韓国料理を味わえる「韓国料理店 限界ヲ突破セヨ」を紹介します。

右京区太秦のライフすぐ近くで2021年6月15日にリニューアルして、創作料理バルから韓国料理専門店になりました。本場の韓国仕込みの味付けで地元の韓国人の方に大評判のお店です。


タッカンジョン定食 850円(韓国料理店 限界ヲ突破セヨ)

タッカンジョン定食 850円(韓国料理店 限界ヲ突破セヨ)

今回紹介する「韓国料理店 限界ヲ突破セヨ」は韓国料理の専門店で、地元に住む韓国人に「本場の味がする料理店」と太鼓判を押されるほどのお店です。

オーナーシェフ自ら韓国へ料理修行に行き、調味料などの食材も韓国製にこだわっています。

お店の場所は三条会商店街の中ほどにある西友三条店のところを南へ下がってスグ

お店の場所は三条会商店街の中ほどにある西友三条店のところを南へ下がってスグ

場所は三条会商店街のすぐ近く。

2019年12月20日に新店オープンして、2021年6月15日韓国料理店にリニューアルとなりました。

2021年6月15日リニューアル 韓国料理店 限界ヲ突破セヨ


韓国料理店 限界ヲ突破セヨ(2021年6月15日リニューアル)

韓国料理店 限界ヲ突破セヨ(2021年6月15日リニューアル)

2019年12月20日に新店オープンした「BAL 限界ヲ突破セヨ」が「韓国料理店 限界ヲ突破セヨ」にリニューアルしたので再訪しました。

場所は京都市中京区の「三条会商店街」の中ほどで「西友三条店」のところを南へ下がったところ。

オープン日(開業日)は2019年12月20日ですが、リニューアルオープンは2021年6月15日のことです。

韓国料理店 限界ヲ突破セヨとは


「限界ヲ突破セヨ」というユニークな店名

「限界ヲ突破セヨ」というユニークな店名

実はこちらのオーナーさん、綾小路室町などで働いていた若い料理人さん。

また、2019年初頭に地元ではJR花園駅前に「ラーメン屋台がある」と一時話題になったのですが、2019年1月から半年ほどの期間で嵐山や花園の駅前で「ラーメン屋台 限界ヲ突破セヨ」を営業していたのが、この方なんです。

なお、この記事を書いたオープン当初は創作料理のお店でしたが、2021年6月15日から「韓国料理専門店」へとリニューアルしましたので記事の内容は最新のものに変更してあります。

韓国の方から「本場の味がする料理店」と評価されたお店が「韓国料理店 限界ヲ突破セヨ」

韓国の方から「本場の味がする料理店」と評価されたお店が「韓国料理店 限界ヲ突破セヨ」

地元に住む韓国の方から「本場の味がする料理店」と評判のお店。

オーナーシェフ自ら韓国へ料理修行に行き、調味料などの食材も韓国製にするなどコダワリを感じます。

お父様が韓国出身の方で小さい頃から韓国食文化に触れてきたオーナーさん。

オーナーさん曰く「韓国料理は本場の味にこだわっています」とのことでした。

実食レビュー


タッカンジョン定食 850円(韓国料理店 限界ヲ突破セヨ)

タッカンジョン定食 850円(韓国料理店 限界ヲ突破セヨ)

今回は12時~15時まで提供しているランチ限定の定食メニューのひとつ「タッカンジョン定食(850円)」を食べてみました。

ランチタイムに提供されているのは大きく分類すれば「特選定食(1500円~2500円)、韓国鍋定食(800円~850円)、韓国風ジャンボ唐揚げ定食(800円~900円)、韓ラーメン(850円~950円)」の4ジャンル。

韓国鍋やラーメンも気になるメニューですが「韓国風ジャンボ唐揚げ定食」がボリュームありそうなので、その中から選びました。

韓国風ジャンボ唐揚げの定食(ライス・鶏出汁スープ付き)がお値打ち

韓国風ジャンボ唐揚げの定食(ライス・鶏出汁スープ付き)がお値打ち

定食は玄米ごはん鶏出汁スープ付き、ライス大は+50円追加でお替りは1杯まで無料です(韓国鍋定食はライスおかわり有料)。

唐揚げも韓国風ジャンボ唐揚げなので、これで値段が850円ならお値打ち価格です。

タッカンジョンは大きくてパリッとした食感が美味しい(韓国料理店 限界ヲ突破セヨ)

タッカンジョンは大きくてパリッとした食感が美味しい(韓国料理店 限界ヲ突破セヨ)

韓国風唐揚げ「タッカンジョン」は大きくてパリッとした食感が美味しい料理でした。

タッカンジョンというのは鶏肉を油で揚げてタレを絡めて食べる料理のこと。

ヤンニョムチキンとの違いはヤンニョムチキンが骨付き鶏肉なのに対して、タッカンジョンは骨なし鶏肉を使っているところが違います。

また、タッカンジョンの方が衣がサクサクしているという違いもあります。

味付けはコチュジャンで甘辛くしてありました。

コチュジャンは国産だと甘いものが多いのですが、本場韓国製品を使っているので甘辛い味わいです。

大きいので卓上のハサミで切って食べます

大きいので卓上のハサミで切って食べます

大きいサイズの唐揚げをそのまま箸でつかんで食べていたところ、店主さんが「卓上のハサミで切って食べると良いですよ」と教えてくださいました。

ごはんは玄米なので栄養満点

ごはんは玄米なので栄養満点

12時間煮込んだ鶏ガラスープも香りがよくて美味しかったです

12時間煮込んだ鶏ガラスープも香りがよくて美味しかったです

ごはんは玄米なのもコダワリのひとつ、店主さんは「玄米は栄養があるから、これにしています。」とおっしゃっていました。

玄米ごはん・鶏出汁スープも付いて900円程度だし、韓国人のお客さんにも評判が良いお店なので、ぜひ食べに行ってくださいね。

雰囲気


工事現場のフェンスなどを上手に使った韓国風の店内(韓国料理店 限界ヲ突破セヨ)

工事現場のフェンスなどを上手に使った韓国風の店内(韓国料理店 限界ヲ突破セヨ)

お店の雰囲気工事現場のフェンスなどを上手に使った韓国風の店内でピンク色を基調にしたデザインになっていました。

席数は4名テーブルが2卓、カウンター席が6席ほどありました。

日本でも最近は若者向けの韓国料理店が増加中ですが、店主さん曰く「本場の韓国大衆料理のお店は派手さなはく」て「工事現場のフェンスとか木の樽を椅子にしたりとか簡易的な作りのお店が多い」のだそうです。

4名テーブルが2卓、カウンター席が6席(韓国料理店 限界ヲ突破セヨ)

4名テーブルが2卓、カウンター席が6席(韓国料理店 限界ヲ突破セヨ)

今回紹介した「韓国料理店 限界ヲ突破セヨ」のお店作りは、日本の韓国料理店の派手さもありつつ、本場韓国の食堂のように工事現場のフェンスを使ったりしてありました。

メニュー


今回食べた韓国風唐揚げのメニュー

今回食べた韓国風唐揚げのメニュー

メニューと値段についてです。

ランチメニューは前述のように「特選定食(1500円~2500円)、韓国鍋定食(800円~850円)、韓国風ジャンボ唐揚げ定食(800円~900円)、韓ラーメン(850円~950円)」があります。

ディナーメニューは「サラダ(900円~950円)、一品料理(400円~1000円)、卵焼き(650円~850円)、チヂミ(600円~850円)、韓国風唐揚げ(700円~3000円)、BTSチヂミセット(3000円)、韓国鉄板料理(850円~3000円)、キンパ(450円~850円)、スンドゥブ(750円~1000円)、タッカンマリ(800円)、クッパ(500円~550円)」など種類が豊富です。

ランチの特選メニューがこちら

ランチの特選メニューがこちら

ランチの韓国鍋メニュー

ランチの韓国鍋メニュー

ランチには韓ラーメンもあります

ランチには韓ラーメンもあります

※メニューと値段は記事掲載時点のものです(サービス内容は変更になる場合もあります)。最新情報は公式ページでご確認ください。

アクセス(場所)


お店の場所は三条会商店街の中ほどにある西友三条店のところを南へ下がってスグ

お店の場所は三条会商店街の中ほどにある西友三条店のところを南へ下がってスグ

では、この「BAL 限界ヲ突破セヨ」さんはどこにあるお店なのでしょうか?

場所は前述のように、三条会商店街の中ほどにある西友三条店のところを南へ下がってスグ

商店街からも見えるのですぐに分かると思います。

JR二条駅からも歩いて10分くらい、四条大宮駅からでも徒歩10分ほどです。

住所でいえば「〒604-8802 京都府京都市中京区今新在家東町91−15」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場はありませんので、近隣のコインパーキングを使ってください(地図)。

営業時間・定休日


このお店の営業時間と定休日は?

このお店の営業時間と定休日は?

営業時間や定休日など「店舗情報」です。

営業時間は「12時~15時、17時~20時」です。

定休日は「月曜日~木曜日」となっていました。

ジャンル「韓国料理」
食事予算「900円~」
営業時間「12時~15時、17時~20時」
定休日「月曜日~木曜日」
駐車場・駐輪場「なし」
住所「〒604-8802 京都府京都市中京区今新在家東町91−15」
Uber EatsフードパンダDiDi Food
地図こちらをクリック(Google Maps)」
電子決済・電子マネー「対応(Alipay、支付宝、Alipay HK、pay、微信支付、UnionPay、d払い、PayPay、LINE Pay、auPAY)」
コロナ対策「手指消毒・マスク」
公式SNSTwitterInstagram
オープン日「2019年12月20日」(リニューアル2021年6月15日)

※営業時間と定休日は記事掲載時点のものです。最新情報は公式ページでご確認ください。臨時休業の場合もありますのでご注意ください。

評判(口コミ)


京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。