マんプクカツヤ @京都・銀閣寺「松坂豚 ステーキ丼」の店が新店オープン

京都・銀閣寺に松坂豚ステーキ丼の店マんプクカツヤ」が新店オープンです。高級ブランド豚「松坂豚」を使った「ステーキ丼、ソースカツ丼、とんかつ定食」が1000円以内で食べられるリーズナブルなお店です。

実はこのマんプクカツヤ「まんぷくおにぎり米都」さんのセカンドブランドなんです。

京都・銀閣寺に松坂豚ステーキ丼の店「マんプクカツヤ」が新店オープン


マんプクカツヤ(2018年11月21日新店オープン)

マんプクカツヤ(2018年11月21日新店オープン)

今回の「京都ランチ」は、銀閣寺近くで2018年11月21日に新店オープンしたばかりの「マんプクカツヤ」さんで食べた絶品「松坂豚 ステーキ丼」「松坂豚 とんかつ定食」の紹介です。

こちらの「マんプクカツヤ」さん、以前紹介した白川通沿いにある おにぎりが美味しいお店「まんぷくおにぎり 米都」さんのセカンドブランドで、オーナー様自らが厨房に立って調理されています。

オーナー様自らが食べて選んだ豚肉の中で一番お気に入りの「松坂豚」のみを使った「ステーキ丼、ソースカツ丼、とんかつ定食」を提供したレストランで、どのメニューにも美味しい豚汁が付いています。

お肉はメニューによって肉の部位を使い分けており、以下のようになっています(店頭に部位の記載はありませんが確認済)。

・ステーキ丼(肩ロース)
・ソースカツ丼(内モモ)
・とんかつ定食(マルシン)
マんプクカツヤ、メニューは「ステーキ丼、ソースカツ丼、とんかつ定食」です

マんプクカツヤ、メニューは「ステーキ丼、ソースカツ丼、とんかつ定食」です

松坂豚というのは三重県松阪市の山越畜産のブランド豚で、松阪牛を彷彿させる霜降りと部位によって異なる弾力感が特徴的な豚肉です。

それでいて脂っこくない上質な脂で、豚臭さが一切ないというアッサリなのに濃厚という極上豚のことです。

高級豚肉を使いながら、それでいて値段もリーズナブル、さらに旨いということで「マんプクカツヤ」さんオススメの一軒です。

・三重県松阪市の山越畜産のブランド豚
・部位によって異なるシッカリとした弾力感が特徴
・霜降り豚だがアッサリとした上品な脂が特徴
・豚臭さがないので肉の風味がダイレクトに味わえる

マんプクカツヤ 店内の様子


店内の様子(マんプクカツヤ)

店内の様子(マんプクカツヤ)

ということで、早速中に入ってみると、店内は絵画やオブジェで飾られた雰囲気でシンプルモダンなお店になっていました。

入ってすぐに券売機があるので、そこで食券を購入して着席して待ちます。

店奥の目立つ赤いドアがトイレで、左手にカウンター席が5席ほど。

右手にテーブル席が4卓ほどありユッタリした広さのお店です。

マんプクカツヤ メニューと値段


マんプクカツヤ メニューと値段

マんプクカツヤ メニューと値段

では、マんプクカツヤさんのメニューと値段はどんな感じなのでしょうか。

高級豚肉のステーキ丼が1000円以内なのでとてもリーズナブルです。

それで全種類「松坂豚使用豚汁付き」になっています。

おにぎり屋さんのセカンドブランドで、お米がおいしいと評判の「米都」さんなので「オールごはんもの」というメニューになっていました。

松坂豚ステーキ丼 970円
松坂豚ソースカツ丼 700円
松坂豚とんかつ定食 860円

上質な松坂豚を使った 特上ステーキ丼


松坂豚 ステーキ丼(970円、豚汁付き)

松坂豚 ステーキ丼(970円、豚汁付き)

ということで、こちらがお店でイチオシの「松坂豚 ステーキ丼」です。

値段は970円で、松坂豚たっぷり、とき卵のふわっとしたオムレツにフランス料理のような香りが良いタレでいただくようになっています。

霜降りの脂は人肌で溶けていくほど繊細で上質な脂でとても濃厚です。

フレンチのようなタレとオムレツに松坂豚の三重奏

フレンチのようなタレとオムレツに松坂豚の三重奏

ステーキ丼では「肩ロース」を使用、プニップニとした弾力のある柔らかい部位なのが特徴的です。

牛肉だとスジっぽさがある部位ですが、松坂豚では脂身も楽しめる柔らかい部位なんだそうです。

豚臭さが一切ないので濃厚ながらアッサリ、クドさがないのでかなり美味しいステーキ丼になっていました。

一番ヘルシーな部位(マルシン)を使った 特上とんかつ定食


松坂豚 とんかつ定食(860円)

松坂豚 とんかつ定食(860円)

さて、次は一番ヘルシーな部位(マルシン)を使った「松坂豚 とんかつ定食」です。

これで、値段は860円なのでお安いと思います。

ちなみに「マルシン」はもも肉の中央部分で一番ヘルシーな部位なんです。

なので、味わいではヒレに近くヘルシーでアッサリしながら熟成肉のような深い味わいがするトンカツになっていました。

非常に濃厚な肉の味わいがするのでそのまま、もしくは塩だけで食べるのがオススメ

非常に濃厚な肉の味わいがするのでそのまま、もしくは塩だけで食べるのがオススメ

このトンカツ、非常に濃厚な肉の味わいがするのでそのまま、もしくは塩だけで食べるのがオススメです。

ぜひ、松坂肉のダイレクトな風味を味わっていただきたいです。

アッサリだけど濃厚、ちょっと年齢を重ねてくると「わかる~( ∩՞ټ՞∩)」って思うはずです!

マんプクカツヤ 営業時間と定休日


マんプクカツヤ は白川通の錦林車庫前にお店があります

マんプクカツヤ は白川通の錦林車庫前にお店があります

美味しくて安いお店なので、銀閣寺(錦林車庫前)に行ったらぜひ行ってみてください!

ということで、マんプクカツヤ さんの営業時間と定休日を書いておきます。

営業時間は「11時~19時」でラストオーダーは閉店30分前になっています。

定休日は「火曜日、水曜日」となっていました。

京都府京都市左京区鹿ケ谷西寺ノ前町33−5(MAP
営業時間:11時~19時(18時30分LO)
定休日:火曜日、水曜日
公式サイト:http://www.maito.jp/

※地図に登録申請をしておきました。
※米都のオーナー様と一ヶ月ほど前に別店で会った際「新店を開店します」と聞いていたお店で写真掲載了承済です。

マんプクカツヤ アクセス方法

では、マんプクカツヤさんへはどのようにして行けば良いのでしょうか。

平たく言えば「錦林車庫前」で白川通沿いです。

銀閣寺からだと徒歩5分ほど、駐輪場や駐車場はないので、今回は銀閣寺前の市営駐輪場を使用しました(400円)。

京都市バスだと「銀閣寺道」へ行くバスを使うことになりますが、下車は「錦林車庫バス停」です。


京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。