京都の「おにぎり(おむすび)専門店」厳選7店舗まとめ

京都でおにぎり専門店というと、なかなか思い浮かぶお店はないと思います。でも、探せば京都にも「おにぎり専門店」はいくつか存在しています。2018年4月24日放送の『マツコの知らない世界』に出演する中村祐介さんも絶賛している「青おにぎり(京都市左京区)」など、美味しいと言われるお店もあり、今回は京都のおにぎり専門店をいくつかチョイスして紹介したいと思います。

では、京都にある「おにぎり専門店」で美味しいお店はどこなのでしょうか。

マツコの知らない世界に登場する中村祐介さんが認めた京都のおにぎり


京都で厳選!おにぎりが美味しい「京都のおにぎり専門店」

京都で厳選!おにぎりが美味しい「京都のおにぎり専門店」

2018年4月24日放送の『マツコの知らない世界』で、年間3500個のおにぎりを食べているIT会社社長が登場すると予告されていました。

そのマニアとは「中村祐介さん」という方なのですが、彼がイチオシでおすすめしている「おにぎり専門店」が京都にあります。

銀閣寺近くの「青おにぎり」というお店です。

実は、京都って「おにぎり専門店」は少ない方だったりするのですが、そんな京都のおにぎり専門店をイチオシしていただいているのは、まこと嬉しいかぎりです。

そこで、今回は京都のおにぎりも食べ歩いてきた「お墨付き!」が、とっておきの京都にある「おにぎり専門店」を紹介したいと思います。

おむすびころりん(京都府亀岡市)


握らないおむすび「おむすびころりん」

握らないおむすび「おむすびころりん」

京都で一番おいしい「おにぎり」は、京都府亀岡市にある「おむすびころりん」さんです。

安くて美味しくて大きいという良いことだらけのお店で、それでいて「超ふんわりしたおむすび」なのです。

このお店「近くにあったら通うレベル」だと思っていただいて構いません。

値段も1個130円~140円がメインで、むすばないのでとても柔らかいおにぎりになっています。

・梅 130円
・さけ 130円
・明太子 130円
・たらこ 130円
・めんたいこ 130円
・かつお 130円
※その他多数あります。
京都府亀岡市にある「おむすびころりん」

京都府亀岡市にある「おむすびころりん」

お店は亀岡市の「つつじヶ丘」という住宅地の中にあり、亀岡駅からは遠いので自家用車などで行くかバスを利用することになります。

営業時間は「9時~15時」で、定休日は「月曜日、木曜日」なのでご注意ください。

もう少し詳しい記事が別記事にありますので、そちらもご覧ください。

京都府亀岡市南つつじケ丘大葉台1丁目12−2(地図
営業時間:9時~15時
定休日:月曜日、木曜日(祝日は営業し翌日休み)

まんぷくおにぎり 米都(北白川)


米が美味しい「まんぷくおにぎり 米都」

米が美味しい「まんぷくおにぎり 米都」

美味しい「おにぎり」は、当然「米がウマイ」わけですが、その米がおいしい京都のおにぎり屋が「まんぷくおにぎり 米都」さんです。

こちらは本当にお米が美味しいお店ですが、中に入っている(写真ではわかりません)具材もかなり美味しいお店です。

おにぎり買うなら「まんぷくおにぎり 米都」さんで間違いないので、京都で美味しいおにぎりが食べたいなら行っておくべきお店です。

値段は165円が一番多い価格帯で、オススメは「焼きサバ 165円」です。

・おかか 125円
・こんぶ 135円
・しじみご飯 155円
・焼鮭 165円
・天むす 165円
・焼さば 165円
・ふくやめんたいこ 185円
白川通沿いにある「まんぷくおにぎり 米都」さん

白川通沿いにある「まんぷくおにぎり 米都」さん

京都市内に4店舗展開しており、烏丸や造形大学近くにも支店があるので、地元の方ならご存知の方も多いことでしょう。

河原町の藤井大丸にも出店しているので、観光客の方でも入手が比較的簡単なのも良い感じです。

※2018年11月21日に店舗北側にセカンドブランド店「マんプクカツヤ」も新店オープンされています。

京都府京都市左京区鹿ケ谷西寺ノ前町31−3(地図
営業時間:8時~17時
定休日:年末年始
URL:http://www.maito.jp/

おむすび柿の木(京都市北区)


 京都市北区「おむすび柿の木」

京都市北区「おむすび柿の木」

京都市北区衣笠にある「おむすび柿の木」さん。

アツアツご飯の中には具材がこれでもかと詰め込んであり、おにぎりの上にも同じトッピングがのっているので、コストパフォーマンスが高いおにぎりと言えます。

この記事を書いた2018年時点では京都最強のおいしさというお店でランキング1位に。

地元でもすぐに売り切れるお店でしたが、2021年時点では他店と比較して美味しさという点で落ちたように思えましたのでランキングを下げてあります。

おかか(130円)
タカナ漬(130円)
おかか(130円)
赤しそ(130円)
しいたけ昆布(130円)
きゅうりのしそ味(130円)
しば漬け(130円)
紅鮭(170円)
きんぴら(170円)
めんたいタカナ(170円)
昆布たまご(170円)
おじゃこ高菜(170円)
たらこ(170円)
肉しぐれ(170円)
ツナマヨ(170円)
ねぎ味噌(170円)
豚肉しょうが焼(170円)
とり肉の甘煮(170円)
あなご(200円)
えび天むす(200円)
明太子玉子(200円)
かつお角煮(200円)
まぐろ煮(200円)山椒入り

※価格は2021年6月時点のものです。

わら天神前の交差点を東にある「おむすび柿の木」

わら天神前の交差点を東にある「おむすび柿の木」

「おむすび柿の木」さんがあるのは、京都の「わら天神」すぐ近くです。

こちら、京都案内のガイドブックやネット情報には、まず掲載されていない「地元民だけが知るお店」で、本ブログでいち早く記事にしてから、地元でも人気となって午前中で売り切れることがほとんどという、地元民御用達のおにぎり屋さんとなりました。

朝6時30分から営業しているので、絶対に食べたい場合は11時前くらいまでには購入する必要があります。昼だとほとんど売り切れていますが、具材があればその場で握ってもくれます。

もう少し詳しい記事が別記事にありますので、そちらもご覧ください。

京都府京都市北区衣笠高橋町33(地図
営業時間:6:30~昼前くらいまで
定休日:日曜日、月曜日
URL:http://omusubikakinoki.crayonsite.net/

青おにぎり(京都市左京区)


注文してから握るおにぎり「青おにぎり」

注文してから握るおにぎり「青おにぎり」

京都市左京区にある「青おにぎり」さんは、店内で注文して食べる「おにぎり屋」さんです。

こちらは、地元の方に聞いても知らない方が多いのですが、メディアでは取り上げられることが多くて、2018年4月24日放送の『マツコの知らない世界』に出演する中村祐介さんも絶賛しているというお店です。

こういうことはよくあって、観光客は知っているけど、地元民は知らないなんてことはよくあります。

京都市左京区の「青おにぎり」さんはメディアでも度々紹介されるお店

京都市左京区の「青おにぎり」さんはメディアでも度々紹介されるお店

炊きたてご飯で、注文してから握るおにぎりは「ふわふわ」と絶賛されるおにぎりです。

お米のクセがなく具材を楽しむおにぎりで、お米は少し固めに炊いて、それをフンワリと握るというスタイルです。

値段は150円~220円、買いやすいお値段のお店です。

テークアウトおにぎりもありますが、おにぎりの握りたては間違いなく美味しいです。でも、ここは少し冷ましたくらいがもっと美味しいかなと思いました。

※別記事で「青おにぎり」の実食レビューもありますのでぜひご覧ください。

京都府京都市左京区浄土寺下南田町39−3(地図
営業時間:11:30~売り切れまで
定休日:月曜日、月に2日ほど火曜日休み
URL:http://www.aoonigiri.com/
Twitter:https://twitter.com/aoonigiri

中央米穀(錦市場)


京都の老舗「中央米穀」さんの おにぎり

京都の老舗「中央米穀」さんの おにぎり

明治40年から京都で米屋を営んできた「中央米穀」さんが、錦市場で出店している米専門店です。

京都の台所「錦市場」というのは昔のフレーズで、今は主要観光地になっていることから、京都らしい具材を使ったおにぎりがたくさんあります。

主に観光客用のお店ではありますが、京都の老舗米店の「おにぎり」で、味もなかなか良い味わいがしました。

・すぐぎ 160円
・しば漬け 160円
・竹の子ごはん 140円
・梅 160円
・しそ穴子 190円
・鶏そぼろ味噌 190円
・鶏そぼろ辛味噌 190円
・ほぼ玄米 90円
・山椒昆布 190円
・赤飯 130円
・カツオ昆布 160円
・雑穀ごはん 160円
中央米穀さんは京都の台所というか観光地「錦市場」にあります

中央米穀さんは京都の台所というか観光地「錦市場」にあります

場所は錦市場の中ほど、店頭でテークアウトの「おにぎり」を販売されています。

値段は1個190円程度、おにぎりだけで12種類ほどが売られています。

京都府京都市中京区中魚屋町(地図
営業時間:9:30~18時
定休日:日曜日
URL:http://www.kyoto-nishiki.or.jp/stores/chuoubeikoku/

おにぎり屋さん(京都市右京区)


米の味わいという感じではなく「スッキリ」とした味のおにぎり

米の味わいという感じではなく「スッキリ」とした味のおにぎり

地元でも「大きいおにぎり」で知られるお店が京都市右京区の三条通沿いにある「おにぎり屋さん」さんです。

値段は1個150円~200円程度です。

店内では定食を食べることもでき、地元では何か催しものがあると「おにぎり弁当」などを注文したりしています。

味は普通で値段は若干高めなのですが、大きいおにぎりです。

車折神社のすぐ近くにある「おにぎり屋さん」

車折神社のすぐ近くにある「おにぎり屋さん」

京都府京都市右京区嵯峨明星町31(地図
営業時間:
定休日:

おにぎり屋さん(出町柳駅)


おばぁちゃんが握る素朴なおにぎり「おにぎり屋さん」

おばぁちゃんが握る素朴なおにぎり「おにぎり屋さん」

はじめて見た時には「なんじゃこりゃ!」と思いました(笑)

小さい、不揃いなおにぎりがたくさん並んだ「おにぎり専門店」が出町柳駅すぐ近くの「おにぎり屋さん」です。

海苔の巻き方も独特で、具材の量も結構マチマチです。

まぁ、そこがこのお店らしいところではありますが、味は普通でした。。

・ゆかり 130円
・わさび菜 141円
・塩こんぶ 141円
・さけわさび 141円
・しば漬け 141円
・カリカリ梅 141円
・しそひじき 141円
・ちりめん 141円
出町柳駅出てすぐ左にある「おにぎり屋さん」

出町柳駅出てすぐ左にある「おにぎり屋さん」

店名が「おにぎり屋さん」で、叡電「出町柳駅」改札を出て左側すぐの所にお店があります。

叡電で行楽に出かける方が利用することが多いのでしょうか、お弁当が540円で販売されています。

値段も安く、駅にも近いので利便の良いお店と言えるでしょう。

京都府京都市左京区田中上柳町53(地図
営業時間:7時~18:30
定休日:不定休

京都のおにぎり専門店7選まとめ


ちょっと遠いけど「有栖川 おにぎり工房 五郎」さんはオススメです

ちょっと遠いけど「おむすびころりん(京都府亀岡市)」さんはオススメです

今回紹介した「京都のおにぎり専門店」ですが、上からオススメ順になっています。

この中で厳選するなら、最初の2店舗「おむすびころりん(京都府亀岡市)」さんと「まんぷくおにぎり 米都(北白川)」さんです。

この2店、味は間違いありません。

・おむすびころりん(京都府亀岡市)
・まんぷくおにぎり 米都

マツコの知らない世界 2018年4月24日 予告


マツコの知らない世界 2018年4月24日 予告は以下の通りです。

コンビニVS新専門店!ご飯×具材 マツコ感動の組み合わせ続々!東京おにぎり大戦争も勃発▽GWを深~く楽しむ終着駅の世界 全国203か所から厳選3駅!
▼みなさん、本当に美味しいおにぎりを食べていますか?今夜は、おにぎりに人生を救われたIT社長が登場!年間3600個以上食べた中から厳選した絶品おにぎりをご紹介! コンビニ大手3社のおにぎりが“夢の共演”を果たし、マツコのシーチキン愛が爆発!?さらに駅や街中の「おにぎり専門店」の底力に、マツコ驚愕!半世紀以上おにぎりを握り続ける職人も登場! コンビニVS新専門店!おにぎり大戦争の結末は…?
▼全国に200箇所以上ある終着駅を全て訪ねた田中さんが登場し「哀愁漂う終着駅の世界 」をご紹介! 途中で途絶えてしまった線路…終着駅に立ち続ける謎の美女…切なさにひたることのできる、選りすぐりの終着駅とは?マツコも行ってみたいと唸る「哀愁漂う終着駅」の奥深い魅力に、あなたも思わず涙…?


マツコの知らない世界

「マツコの知らない世界」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。