くるまのパンや ぐろ~り~(松ヶ崎)実食レビュー

京都市左京区の松ヶ崎駅近くにパンをワゴン販売する「くるまのパンや ぐろ~り~」が2020年11月17日に開業しました。阪急桂駅東口で18年続くパン屋「パン処詣」のパンを出張販売しています。

2020年11月17日オープン くるまのパンや ぐろ~り~


2020年11月17日オープン くるまのパンや ぐろ~り~

2020年11月17日オープン くるまのパンや ぐろ~り~

京都市左京区の松ヶ崎駅南側の住宅にパンをワゴン販売する「くるまのパンや ぐろ~り~」というパン屋さんがありました。

こちらは阪急桂駅東口で18年続くパン屋「パン処詣」のパンを毎朝仕入れて販売しているのだそうです(お知り合いとのこと)。

車で販売といっても移動販売ではなく、松ケ崎の自宅前で販売しているという珍しいパン屋です。

松ケ崎通を南へ一筋目のところに看板があります(くるまのパンや ぐろ~り~)

松ケ崎通を南へ一筋目のところに看板があります(くるまのパンや ぐろ~り~)

松ヶ崎駅2番出口の南側の通り)松ケ崎通を南へ一筋目のところに看板があったので立ち寄ってみました。

パンは160円~320円程度、菓子パン・惣菜パン・食パンなど19種類のパンが車の後部に陳列されていて、そこから選ぶようになっています。

また、近隣限定でパンを配達してくれるそうで、2個から配達(有料50円)してもらえ、3個だと配達料は無料とのことでした。

今回はこの「くるまのパンや ぐろ~り~」のパンを実食レビューします。

実食レビュー


車の後ろに陳列されたパンから選びます

車の後ろに陳列されたパンから選びます

今回は「ウインナー巻き(190円)・クロックマダム(200円)」を購入しました。

先ほどパンは19種類と書きましたが、その日で若干仕入れ内容が変わるようで、クロックマダムはチラシには書かれていないパンです。

クロックマダムは卵サンドのことで玉子の風味の良いサンドイッチです。

ウインナー巻きもウインナーがおいしくて、ミートソースで味付けされていました。個人的にソーセージのパンが大好物なので美味しくいただきました。

桂駅東口のパン屋「パン処詣」は有名なお店で、地元では定評があるパン屋さん。それを桂まで買いに行かなくても購入できるのが「くるまのパンや ぐろ~り~」さんというお店でした。

このお店の営業時間は?


くるまのパンや ぐろ~り~(店舗外観写真)

くるまのパンや ぐろ~り~(店舗外観写真)

今回紹介した「くるまのパンや ぐろ~り~」さん、住宅街の中に突然あったので驚きましたが、立ち寄ってみると、有名パン店「パン処詣」のパンを西京区から左京区まで運んできてくれるというパン屋さんでした。

場所は松ヶ崎駅2番出口を出て、お向かいに見える松ヶ崎通を南へ、ひと筋目を右に曲がるとすぐに見えます。

住所でいえば「〒606-0914 京都府京都市左京区松ケ崎今海道町8−3」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

営業日は「火曜日~金曜日」の8時~12時の午前中販売のみです。

ジャンル「パン屋」
予算「160円~600円」
営業時間「8時~12時」
定休日「土曜日~月曜日」
駐車場・駐輪場「なし」
住所「〒606-0914 京都府京都市左京区松ケ崎今海道町8−3」
地図こちらをクリック(Google Maps)」
テイクアウト「お持ちかえりのみ」
出前「配達対応」
電子決済「なし」
コロナ対策「マスク」


この記事を書いた人

この記事は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。



京都のパン屋さんを紹介するカテゴリーです。京都の知られざるパン屋を開拓し、新店速報には定評があります。他の京都ブロガーも注目している地元密着メディア「お墨付き!」でも人気のあるカテゴリーです。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!