2020年2月1日オープン ARIRANG HOTDOG (韓国式ホットドッグ、京都・新京極通)

2020年2月1日に新店オープン「ARIRANG HOTDOG 新京極通店」さんの実食レビューです。ありらんホットドッグというのは韓国式ホットドッグのことで、チーズに衣をつけてココナッツパウダーをたくさん付けて食べる韓国のおやつです。

2020年2月1日オープン ARIRANG HOTDOG 新京極通店


2020年2月1日オープン ARIRANG HOTDO

2020年2月1日オープン ARIRANG HOTDO

2020年2月1日~7日までプレオープンの韓国式ホットドッグのお店へ行って来ました。

お店の名前は「ARIRANG HOTDOG 新京極通店」さん。

京都では2店舗目となり、こちらは新京極通で新店オープンしました。

2月3日早朝に通った時はまだ開店時間ではなかったので、2月5日に再訪です。

ありらんホットドッグ(韓国式ホットドッグ)のお店です

ありらんホットドッグ(韓国式ホットドッグ)のお店です

韓国式ホットドッグ「ありらんホットドッグ」のお店で、チーズがはいったホットドッグというと分かりやすいでしょうか。

揚げた衣にココナッツパウダーを大量にかけて食べるのが本場の食べ方なのだそうです。

メイン商品の「ポテトレーラ」は500円

メイン商品の「ポテトレーラ」は500円

メイン商品の「ポテトレーラ」は500円。

他にも「ダッカンジョン(500円)」や「チーズボール(500円)」があり、ほとんどの商品がワンコインで提供されています。

他には「トースト」もあります

他には「トースト」もあります

韓国カフェでよくある「チーズトースト」もありました。

今回はメイン商品の「ポテトレーラ」を食べてみたいと思います。

韓国式ホットドッグ「ありらんホットドッグ」実食レビュー


ポテトレーラ

ポテトレーラ

こちらが韓国式ホットドッグの「ポテトレーラ」です。

チーズを串にさして、その周りにポテトと生地を付け油で揚げたジャンクフード。

味は結構好みです

味は結構好みです

卓上に「ハニーマスタード」があったので、そちらを多めにかけてからケチャップもかけました。

ココナッツパウダーもハニーマスタードも好物。

白いのがココナッツパウダーですね。

これがとても甘く、ハニーマスタードの甘酸っぱさも加わって好みの味で食べることができました。

美味しかったのですが、サイズも大きく、ジャンキーなので中年になるとなかなか食べる機会もないですね。

店内も学生さんらしき観光客の方が多かったです。

2階はコンセント付きのイートインになっていました

2階はコンセント付きのイートインになっていました

ARIRANG HOTDOG は新京極通のどこにある?


ARIRANG HOTDOG は四条通から新京極通入ってすぐ左側です

ARIRANG HOTDOG は四条通から新京極通入ってすぐ左側です

では、この新京極通で新店オープンした「ARIRANG HOTDOG」さんの2号店はどこにあるのでしょうか?

場所は四条通から新京極通入ってすぐ左側です。

営業時間はまだ決まってないみたいですが10時30分頃から営業しているそうです。

1号店は「ありらんホットドッグ京都店」で、住所は「〒604-8033 京都府京都市中京区奈良屋町292−3(地図)」にもあります。

〒604-8042 京都府京都市中京区中之町560−1
営業時間:10時30分頃から
定休日:不定休


京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西の・スイーツ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。