甘楽 花子 閉店@京都・丸太町「京和菓子の人気店」が2018年3月24日閉店

京都の烏丸丸太町で15年ほど営業されていた茶道用生菓子のお店「甘楽 花子」さんが2018年3月24日の営業をもって閉店されることになりました。当日は18時まで営業して、その後はまたどこか新天地でお店を再開したいとのことです。閉店理由はテナントビルの所有者が変わったことで営業ができなくなったからです。

営業できるよう交渉してきたそうですが、残念なことに2018年3月24日をもって閉店すると告知されていました。

広告

丸太町「甘楽 花子」が2018年3月24日で閉店


丸太町「甘楽 花子」さん、テナントビルの所有者が変わり出ていくことになりました

丸太町「甘楽 花子」さん、テナントビルの所有者が変わり出ていくことになりました

京都御所の南西、烏丸丸太町で2003年から営業してきた京菓子のお店「甘楽 花子」さんが、2018年3月24日18時をもって営業を終了し閉店となるそうです。

京の辻餅茶道用生菓子などを販売する和菓子店で、店内にも4人テーブルが2卓ほどあり食べていくこともできるお店です。

お茶と和菓子のセットが775円でいただけるというもあるのでしょうが、今日が最終日だからでしょう、店内は満席で最終営業日に和菓子を買っていかれる方も数名いらっしゃいました。

生菓子や京の辻餅が売られています

生菓子や京の辻餅が売られています

・お茶と和菓子のセット 775円
・生菓子 425円(1個)
・京の辻餅 195円(1個)
・閑栖豆(大徳寺納豆の干菓子)1080円(1箱)

閉店は残念な話ですが、テナントとして入っていたビルの所有者が変わったことが閉店理由とのことでした。

しばらくの間、営業継続のため交渉はしてきたとのことだったのですが、結果的には2018年3月24日18時で閉店することになったそうです。

閉店の理由はテナントビルの所有者が変わったから

閉店の理由はテナントビルの所有者が変わったから

甘楽 花子 への行き方(アクセス方法)


烏丸丸太町にある「甘楽 花子」の店舗

烏丸丸太町にある「甘楽 花子」の店舗

さて、この「甘楽 花子」さんの場所ですが「烏丸丸太町」の交差点東南角になります。

京都御所の南西角の所というと分かりやすいでしょうか。

2003年に開業して、茶道用生菓子や京の辻餅に閑栖豆を15年間ほど販売してきた人気店です。

今後は、また新しい場所で再出発をされるとのことでしたが、今の所はまだ場所やいつ頃のことなのかは未確定のようでした。

京都府京都市中京区大倉町206


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。