うどん らいと @京都・太秦「出汁うま!あげカレーうどん」実食レビュー

今回の「京都ランチ」はカレーうどんが評判の「うどん らいと」さんへ行って来ました。丸太町通沿いにあるうどん屋さんで、嵐電「常磐駅」やJR「太秦駅」から歩いて行くこともできます。スパイスは控えめで甘いきつね揚げが入った京都人が好きだろうなぁというカレーうどんが名物です。

広告

カレーうどんが評判の「うどん らいと」さんへ行って来た


京都の太秦にカレーうどんが美味しいお店がある

京都の太秦にカレーうどんが美味しいお店がある

今回の「京都ランチ」は、京都・太秦にあるカレーうどんが美味しいお店です。

お店の名前は「うどん らいと」さん、嵐電「常磐駅」から丸太町通を西へ数分、焼肉石屋さんの駐車場スペースにある店舗です。

普段から店の前は通るのですが、営業時間内に通ったことがないので、今回が初訪となりました。

人気メニューは「冷やしカレーうどん」

人気メニューは「冷やしカレーうどん」

人気メニューは「冷やしカレーうどん」、これは夏場なのでそうなっていますが、普段はカレーうどんが美味しいと評判です。

肉と甘キツネが入った「特得カレーうどん」は700円、甘キツネの「あげカレーうどん」は600円となっています。

普通のうどんもあります

普通のうどんもあります

メニューは「かけうどん 350円」からあり、カレーうどん以外もあります。

今回は「あげカレーうどん」を食べてみたいと思います。

出汁うま!あげカレーうどん


甘キツネの「あげカレーうどん」は甘さと辛さのコンビネーションが抜群です

甘キツネの「あげカレーうどん」は甘さと辛さのコンビネーションが抜群です

こちらが「あげカレーうどん」です。

九条ねぎと甘いきつねがトッピングされており、カレーは食べやすい辛さです。

甘キツネの甘さと辛さのコンビネーションが抜群で、甘さを楽しみながらややスパイシーなカレー出汁を飲むのが楽しいカレーうどんになっていました。

京うどんらしく出汁が効いています

京うどんらしく出汁が効いています

サラッとしたややトロみのあるスープは出汁も効いていてGoodな味わいです。

カレーうどん店も食べ歩きしますが、その中でも結構な上位に入るお店だと思います。

特にカレーうどんは特徴となるスパイスが重要ですが、京都では辛すぎないようにするのも大事です。

ほんのりスパイシーで、甘いおあげで辛さを和らげつつ食べる工夫は、いかにも京都らしいカレーうどんだと思いました。

麺は普通くらいの茹で加減で、京うどんよりやや太めなのも良いと思います

麺は普通くらいの茹で加減で、京うどんよりやや太めなのも良いと思います

うどん らいと 営業情報


丸太町通沿いにある「うどん らいと」さん(外観)

丸太町通沿いにある「うどん らいと」さん(外観)

では、この京都・太秦にある「うどん らいと」さんの営業情報を書いておきます。

営業時間は二部制「11時30分~14時30分、18時~21時」ですが、土日祝は通し営業+時短営業となっています。

定休日は「月曜日と水曜日夜」です。

丸太町通を嵐山方面へ、嵐電「常磐駅」を越えて道の反対側にP店が見えたら、その手前にお店があります。駐車場は「石屋」さんと共用なので車でも行くことができますよ。

京都府京都市右京区太秦北路町
営業時間:11時30分~14時30分、18時~21時(土日祝は11時30分~18時)
定休日:月曜日(祝日の場合は営業し翌日休み)、水曜日の夜


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。