らーめん双龍製麺 @京都・久御山 2017年11月15日新店オープン

京都に新しいラーメン店「らーめん双龍製麺」さんが2017年11月15日に新店オープンしています。場所は京都府久世郡久御山町で、左京区の「めんや龍神」さんの2号店(セカンドブランド)になります。「らーめん双龍製麺」さんは製麺所も兼ねているお店です。

今回は「貝の恵みの塩ら~めん」を実食レビューします。

広告

らーめん双龍製麺 @京都・久御山に2017年11月15日新店オープン


京都・久御山に2017年11月15日新店オープンのラーメン店「らーめん双龍製麺」

京都・久御山に2017年11月15日新店オープンのラーメン店「らーめん双龍製麺」

新しいラーメン店「らーめん双龍製麺」さんが、2017年11月15日に京都府久世郡久御山町で新店オープンしています。

自家製麺と無化調にこだわったラーメンのお店で、貝出汁をメインに4種類の「ベースが異なる」ラーメンがメニューになっています。

貝の恵みの塩ら~めん 900円 ※貝入り
あさり鶏豚(とりとん)塩ら~めん 850円 ※貝入り
どろりん鶏豚(とりとん)醤油ら~めん 800円
トリプルブレンド(魚介・鶏・豚)つけめん 800円
ラーメン4種類をベースにチャーハンや餃子セットがあります

ラーメン4種類をベースにチャーハンや餃子セットがあります

貝出汁の塩ラーメンがメイン2種、それ以外は鶏豚や魚介などの合わせスープです。

餃子セットチャーハンセットなどもあり、セットにすると1000円程度になる構成となっていました。(チャーハンと餃子は12月から販売開始)

メインの「貝の恵みの塩ら~めん」は、白ハマグリ沖しじみを使った出汁で塩の清湯ラーメンです。

実は、このお店は京都市左京区の北大路通にある「めんや龍神」さんの2号店(セカンドブランド)で、メニューの鶏豚ラーメンは「めんや龍神」と同じメニューなのですが、それを無化調に進化させたラーメンになっています。

らーめん双龍製麺 店内の様子


店内はカウンターとテーブル3卓ほど

店内はカウンターとテーブル3卓ほど

店内は広いめでゆったりとしており、カウンター10席ほどとテーブル3卓が置いてありました。

元々「都飯店」さんだった居抜物件で、中華料理が調理できる広い厨房になっているテナントです。

ラーメン屋さんにしては広い厨房ですが、広い厨房がうらやましいラーメン店は多いと思います。

入口右手はフリースペースになっていました。ちょっとしたテーブルが置けそうです

入口右手はフリースペースになっていました。ちょっとしたテーブルが置けそうです

以前「めんや龍神」さんで一度お会いしたお店の方に案内していただいておりますので、内容などは直接インタビューしたものです。

そのため、ここに書かれた情報は「お墨付き!オリジナル」のものです。

また、写真撮影と掲載許可もいただいています。

らーめん双龍製麺は製麺所も兼ねた店舗


製麺工房(自家製麺のお店です)

製麺工房(自家製麺のお店です)

今回は「製麺工房」も見せていただきました。

新店の「らーめん双龍製麺」さんで製麺して、それを「めんや龍神」さんでも使用するとのことでした。

麺は「麺無双」と「特赤星」という小麦をブレンドしたものです。

両方とも「日清製粉」のブランド小麦で「麺無双」は弾力と粘りが特徴です。

貝の恵みの塩ら~めん 実食レビュー


貝の恵みの塩ら~めん

貝の恵みの塩ら~めん

今回はメニュートップに掲載されている「貝の恵みの塩ら~めん」を実食レビューします。

白ハマグリ沖しじみを使った貝が入ったラーメンです。

トッピングは「鶏チャーシュー豆苗(かいわれ?)白ハマグリ沖しじみ白ネギ千切り」といろいろ入っています。

清湯の貝出汁は濃厚です

清湯の貝出汁は濃厚です

清湯の貝出汁は濃厚で、よく出汁が出ています。

卓上に「オリジナル山椒」や「ブラックペッパー」があり、このスープにはブラックペッパーがよく合いそうでした。

大き目の貝が3つ入っています

大き目の貝が3つ入っています

貝は「白はまぐり」がひとつ、「沖しじみ」がふたつは言っています。

プリプリした貝で、なかなかの美味です。

麺は自家製の平打ち麺でやや柔らかめでした

麺は自家製の平打ち麺でやや柔らかめでした

自家製麺はやや平打ちにしてありました。

少し柔らかい感じでしたが、量はかなり入っており普通より少し多めだと思います。

平打ちにした理由がちょっと分からなかったのですが、このスープなら味変狙いで麺に個性を持たせた方が良いかもしれません。

小麦も外国産の風味のあるものを使い、味わい重視にして中太麺の丸麺にすると、スープと麺の両方の味を楽しめる麺になるんじゃないかなという気がしました。

らーめん双龍製麺 基本情報


らーめん双龍製麺 外観

らーめん双龍製麺 外観

ということで「らーめん双龍製麺」の場所です。

国道1号線(京阪国道)沿いの交通量の多い場所にあり、駐車場も完備しています。

2017年11月16日は夜休み11月19日と11月22日~11月25日も終日休みなのでご注意ください。

京都府久世郡久御山町田井荒見75−1
営業時間:11時~14:30、17時~23時
定休日:不定休


この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新規・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。