ラーメンてうれ @京都・一乗寺「激安450円みそラーメン」実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は京都・一乗寺からも近い「ラーメンてうれ」さんの激安ラーメンを紹介します。京大生の多いこのエリアでは、昔ながらの値段のラーメン店がいくつかあり、ラーメンが300円~400円で食べられる激安ラーメン地帯でもあるのです。

今回は「味噌ラーメン 450円」を実食レビューしたいと思います。

広告

昔の値段で昔の味のラーメン店


京都では珍しい「札幌ラーメン」

京都では珍しい「札幌ラーメン」

今回の「京都ラーメンブログ」は、京都では珍しい「札幌ラーメン」を食べることができる「てうれ」さんへ行ってきました。

ラーメン店「てうれ」さんは、一乗寺のすぐ南「茶山駅」からほど近い「田中」というエリアにあるお店です。

京都では、かなり老舗のラーメン専門店ですが、地元のラーメンマニアなどでないとご存知ではないかもしれません。

人気の秘密はこの激安価格です

人気の秘密はこの激安価格です

ネットでも話題になることはないように思いますが、オープン直後から次々と常連らしき叔父様方が来店してくるお店です。

実はこちら・・・・

ラーメンが安いのです!

醤油ラーメン 400円」から始まり、常連のほとんどが食べる「味噌ラーメン 450円」という激安価格なのです。

お店は古いが清潔な店内です

お店は古いが清潔な店内です

店内はカウンターとテーブルが2つ。

もちろん食べるのは「味噌ラーメン」です。

こちら、昔食べてた味噌ラーメンの味が、そのまま残っており、お値段も昔のまま、味も昔のままというお店なのです。

激安!450円の味噌ラーメン 実食レビュー


450円の味噌ラーメン!ボリュームあります

450円の味噌ラーメン!ボリュームあります

さて、こちらの「450円の味噌ラーメン」ですが、この値段でもボリュームがあります。

トッピングも「チャーシュー細もやしニンジンネギ黒コショウ」とチープな感じは全然しません。

他にも、餃子は230円ライスは150円でテンコモリなど、京大生の多い立地らしい価格設定です。

味噌ラーメン 450円
バターラーメン 450円
塩ラーメン 400円
しょうゆラーメン 400円
カレーラーメン 600円
玉目ラーメン 650円
大盛 +150円
チャーシューメン +150円
皿うどん 650円
餃子 230円
ライス 小150円 並180円

昔食べた素朴な味噌ラーメンの思い出が

昔食べた素朴な味噌ラーメンの思い出が

スープは、最近の甘い味噌ラーメンではなく、味噌の味と香りが唯一の特徴という「昔ながらの味噌ラーメン」でした。

40年くらい前、ラーメンが300円前後だった時代(180円ラーメンびっくり屋とかあった頃)よりも少し前くらいに食べた立ち食いの味噌ラーメンの味に似ていました。

府中競馬場にあった「うどん・ラーメン」のスタンド店があって、そこで食べたような「味噌の味がダイレクト」に来るラーメンでした。

餃子は味がしないタイプ

餃子は味がしないタイプ

餃子もそうなのですが、味付けなどは非常にアッサリ目です。

昔はこういう味の店が多かったなぁと思いながらラーメンを食べましたが、餃子に関しては「味がしない」というものでした。

関西というか「餃子の王将」も味がしない餃子ですが、それに輪をかけて味がしない餃子で、これはちょっとビックリしました。

ラーメンてうれ 基本情報


ラーメンてうれ 外観

ラーメンてうれ 外観

さて、最近のラーメン店と比べるとパッとはしませんが、昔の味と値段で勝負しているラーメン店てうれ」さんがあるのは、京都のラーメン激戦区・一乗寺からも歩いて行ける叡電「茶山駅」の近くです。

駐車場はひとつありますが、停められるようなスペースではなく、近隣のコインパーキング(セブンイレブン前にある)などを利用しなくてはなりません。

味は前述のように、アッサリとしたラーメンです。

味噌ラーメンと餃子で680円と、安くお腹いっぱいになりましたとさ。

京都府京都市左京区田中東高原町33
営業時間:11:30~14時、17:30~22時
定休日:火曜
URL:http://www.eonet.ne.jp/~teure/


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。