冷やしまぜそば @京都「こだわりのないラーメン屋」実食レビュー

京都は6月入ってすぐから湿っぽい暑さになっており、汗の出る夏らしい暑さになってきました。そこで今回はキンキンに冷え冷えのラーメン「冷やしまぜそば」を食べてきました。食べたお店は百万遍にある「こだわりのないラーメン屋」さんです。オーナーの「普通のまぜそばなんですけどね・・・・」という言葉と裏腹に「こだわっちゃった感満載」のまぜそばが出てきました。

ということで「冷やしまぜそば」の実食レビューです。

広告

京都「こだわりのないラーメン屋」に再訪


百万遍の「こだわりのないラーメン屋」

百万遍の「こだわりのないラーメン屋」

今回の「京都ラーメンブログ」は、暑くなってきた京都で食べる「冷やしまぜそば」を紹介します。

行ったのは百万遍の「こだわりのないラーメン屋」さんです。

実は、まったく別件でオーナー様に用事があって「例のあの噂」を確認しにいったのですが、諸般の事情で延期になっていたので急遽「まぜそば」レビューとなりました(笑)

前回紹介してから新メニューが増えており「帰ってきたワシワシメン」と「冷やしまぜそば(夏季限定)」が追加されています。

メニューが賑やかになっていました

メニューが賑やかになっていました

帰ってきたワシワシメン(ダブルラリアット風)700円~
冷やしまぜそば(夏季限定)700円~
京大生が考えた煮豚丼 250円

さて、「帰ってきたワシワシメン」も気になりますが、6月1日から急に湿っぽい暑さになった(暑さを実感)京都だったので「冷やしまぜそば(夏季限定)」を食べることにしました。

冷やしまぜそば @京都「こだわりのないラーメン屋」実食レビュー


冷やしまぜそば(夏季限定)700円~

冷やしまぜそば(夏季限定)700円~

ということで「冷やしまぜそば(夏季限定)」です。

トッピングは「かいわれ白ごま大根花かつお煮豚海苔」と試行錯誤したと思われる組み合わせになっていました。

器もキンキンに冷え冷えと手間をひとつ加えた上に、煮豚はワザとほんのり温かくしてあり、店名とは裏腹に「こだわってしまった感」がある冷やしまぜそばです。

このあたりは「ダブルラリアット」もとい「こだわりのないラーメン屋」さんらしいところです。

麺は自家製極太麺を冷水でしめてあります

麺は自家製極太麺を冷水でしめてあります

なお、味は魚介風味の焦がし醤油でかなり辛いので、暑さで寝てた頭がシャキッとする感じです。

麺は「自家製焙煎ふすま入り極太麺」で、コシの強い麺になっていました。

京都ではかなり異端なラーメン店なので、そういうのが好きな方は一度行ってみると良いでしょう。

こだわりのないラーメン屋 基本情報


こだわりのないラーメン屋 基本情報

こだわりのないラーメン屋 基本情報

さて、京都のラーメン店「こだわりのないラーメン屋」さんの場所ですが、京都大学近くの百万遍付近(田中)という場所にあります。

すでに新店オープン時にレビューしましたが、今回は新メニューの「ひやしまぜそば」を紹介しました。

キンキンに冷えた丼に醤油辛さのパンチが効いた一品になっており、夏の暑さでモウロウとした頭がシャキッとするようになっていましたよ。

京都府京都市左京区田中大堰町168-1
営業時間:11時~15時、18時~22時(土曜は11時~14時)
定休日:日祝
Twitter:https://twitter.com/kodawarikyoto/followers


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。