金麟 @京都・千本中立売の中華料理で「ゴマ味濃厚担々麺」実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は、昨年夏から本ブログでも「ブームになりそう」と言っていた「担担麺」を食べてきました。食べに行ったお店は京都・千本中立売中華料理「金麟」さんです。こちらではゴマ味がそのまま楽しめる「濃厚担々麺」を食べることができるのです。

では中華料理「金麟」さんの「濃厚担々麺」とはどのようなものなのでしょうか。

広告

京都の中華料理「金麟」でゴマ味が濃厚な担々麺を食べてきました


中華料理店「金麟」さんの「濃厚担々麺(担担麺)」を食べに来ました

中華料理店「金麟」さんの「濃厚担々麺(担担麺)」を食べに来ました

今回の「京都ラーメンブログ」は、京都の千本中立売にある中華料理店「金麟」さんの「濃厚担々麺(担担麺)」を食べてきましたので実食レビューします。

濃厚という言葉を使っているのは、近辺だと金閣寺「麻婆家」さん、宇治の「三国志」さんくらいで、なかなか期待のできそうな担々麺です。

中華料理店「金麟」さんはお昼のランチ時には「日替わり中華定食 750円」が人気のお店ですが、麺類も提供しており「濃厚担々麺 850円」がメニューにあります。

ランチメニュー

ランチメニュー

日替定食 750円
エビチリ定食 900円
鶏肉の甘酢煮込み 850円
酢豚定食 850円
青椒肉絲定食 850円
マーボー豆腐定食 800円
ラーメン 650円
豚骨ラーメン 650円
濃厚担々麺 850円
チャーハン 650円
かにレタスチャーハン 900円

それでは、さっそく食べてみましょう!

ゴマ味が濃厚な担々麺 実食レビュー


中華料理 金麟 店内の様子

中華料理 金麟 店内の様子

中華料理 金麟」さんはカウンターとお座敷のあるお店で、広くはありませんが店内はゆったりした感じのお店です。

注文するのはもちろん「濃厚担々麺」です。

しばし待つこと8分ほどで担々麺が出てきました。

これが「濃厚担々麺」です

これが「濃厚担々麺」です

濃厚担々麺は、白ごまがベースの担々麺で、白ごま自体も大量にスープに浮かんでいますが、スープ自体もほぼ白ごまのスープになっていました。

ゴマ本来の味わいが強い担々麺で、ゴマの濃厚さというかゴマの味そのままの担々麺になっていました。

ラー油の辛さはあまりなく、中央には甘いミンチ多めの青ネギがトッピングされています。

甘めのミンチがおいしいです

甘めのミンチがおいしいです

ゴマ味が濃いためか、スープを飲んでいると担々麺好きでも飽きてくる感じはありました。

ミンチに甘味があり、さらにネギも多いので、かき混ぜたり「お酢」を入れながら食べるとちょうど良いと思います。

麺は中太ストレート麺を使っており、この濃度だと麺にスープがくっついて重くなっていました。手もみの玉子麺の方が濃度の濃いスープには合うので、そういう麺でも食べてみたい担々麺でした。

金麟 基本情報


中華料理 金麟 外観

中華料理 金麟 外観

中華料理 金麟」さんがある千本通の今出川より南は飲食店も多く、ラーメン店もたくさんあるのですが、担々麺を出すお店はそんなに多くはありません。

場所は「千本中立売」で、いわゆる「西陣京極」の商店街の付近になります。

駐輪場などはないので歩きで行くしかありませんが、「千本中立売」まではJR「二条駅」から京都市バス201・206系統などで行くことができます。

京都府京都市上京区仲御霊町64−2
営業時間:11:30~14:30、17時~22:30
定休日:木曜


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。