2020年10月15日オープン ファントム(PHANTOM、京都ラーメン)

京都市南区、東九条の竹田街道沿いに豚骨魚介醤油ラーメンのお店「ファントム(PHANTOM)」が2020年10月15日に新店オープンしました。また、豚骨を使わない鶏を使ったラーメンもあるお店です。ラーメンの種類が多いですが値段は750円均一でした。

2020年10月15日オープン ファントム(PHANTOM)


2020年10月15日オープン ファントム(PHANTOM)

2020年10月15日オープン ファントム(PHANTOM)

京都市南区の九条駅から徒歩3分ほどのところにラーメン店「ファントム(PHANTOM)」が2020年10月15日に新店オープンです。

場所は九条通から竹田街道を下がってすぐ東側のテナントで、郵便局の少し南側です。

とんこつ魚介醤油ラーメン、とんこつ辛みそ肉そぼろラーメン、とんこつ醤油ラーメンが基本メニュー

とんこつ魚介醤油ラーメン、とんこつ辛みそ肉そぼろラーメン、とんこつ醤油ラーメンが基本メニュー

ラーメンの種類は多くて、豚骨ベースが「とんこつ魚介醤油ラーメンとんこつ辛みそ肉そぼろラーメンとんこつ醤油ラーメン」の3種類。

メイン商品は魚介を使った「とんこつ魚介醤油ラーメン」のようです。

外国人向けに鶏ガラやヴィーガンラーメンもあります

外国人向けに鶏ガラやヴィーガンラーメンもあります

他にも、外国人向けに豚を食材に使わないを使った「Soy Source RamenSpicy Miso Chicken Soboro Ramen」があります。

また、ヴィーガンラーメンとして「Spicy Miso Ramen」というのもありました。

値段はいずれも750円で、麺は2種類(中細麺、細麺)から選べるというお店です。

店内の様子は?(新型コロナ対策など)


元は焼肉店なので店内換気が強力そうです

元は焼肉店なので店内換気が強力そうです

入口はいるとすぐ手指消毒液があるので、それで消毒して入店しました。

お店は元は焼肉店ということもあり、大型の換気設備がそのまま使われていました。

手前にカウンター7席ほど、奥にテーブルが2卓ほどあります。

このお店のメニューは?


基本は豚骨スープのラーメンで麺は2種類から選べます(750円均一)

基本は豚骨スープのラーメンで麺は2種類から選べます(750円均一)

ラーメンは前述したように、基本は豚骨ベースの「とんこつ魚介醤油ラーメンとんこつ辛みそ肉そぼろラーメンとんこつ醤油ラーメン」の3種類です。

また、英語記述のラーメンが3種類ありました。

英語記述のものは豚不使用のラーメンで鶏ベースだそうです。

また、もうひとつヴィーガン対応ラーメンがあり味噌ラーメンとして提供されていました。ヴィーガンなので「豚、牛、鳥、魚、乳製品、卵」不使用です。

麺は中細麺と細麺が選べますが、ヴィーガンラーメンだけは細麺のみとなっています。これは中細麺が「たまご麺」なのでヴィーガンラーメンに使えないからです。

とんこつ魚介醤油ラーメン(750円)
とんこつ辛みそ肉そぼろラーメン(750円)
とんこつ醤油ラーメン(750円)
Soy Source Ramen(750円)
Spicy Miso Chicken Soboro Ramen(750円)
Spicy Miso Ramen (VEGAN RAMEN)750円
店内の様子は?(新型コロナ対策など)

とんこつ魚介醤油ラーメン(750円)


とんこつ魚介醤油ラーメン(750円)

とんこつ魚介醤油ラーメン(750円)

今回は主力メニューと思われる「とんこつ魚介醤油ラーメン(750円)」を注文してみました。

これは豚骨魚介スープで、魚粉が多めに入っている醤油ラーメンです。

トッピングが個性的です

トッピングが個性的です

トッピングは「大判海苔魚粉チャーシュー玉ねぎ少し青ねぎ(たぶん)茎ワカメ」です。

玉ねぎも香りを感じるようにカットしてあるので濃口のスープの息継ぎにちょうど良い塩梅でした。

スープ


トロッとした濃厚スープです

トロッとした濃厚スープです

トロッとした濃厚スープです

味わいは魚介の風味が強めで最初甘く感じますが、醤油の辛さが結構あるので濃口の味わいでした。

少し辛めなのでライスも注文すれば良かったかなと思いました。

途中で山盛りの魚粉をスープに混ぜて味変を試みましたが、そんなに変わりはしないようです。

スープは粘度があるのでライスを注文して〆のご飯投入も合いそうでした。


卵麺(中細麺)が濃口の味に合います

卵麺(中細麺)が濃口の味に合います

今回は卵を使っている中細麺」でオーダーしました。

麺は京都でよく見る「テイガク」のものを使っており可もなく不可もなくです。

中細麺はプリッとしたタイプの少し太めの卵麺ですが、細麺はパツンとした感じの麺とのことなので、京都で食べなれた麺が良い方は細麺もいいかもしれませんね。

このお店への行き方や営業時間は?


ファントム(店舗外観写真)

ファントム(店舗外観写真)

では、2020年10月15日オープンのラーメン店「ファントム(PHANTOM)」さんの場所や営業時間についてです。

場所は地下鉄烏丸線「九条駅」から歩いて3分くらいのところで、九条通から竹田街道を南に下がってすぐのところです。

途中に郵便局があり、その南数軒隣りです。

営業時間は「11時30分~20時30分(ラストオーダー30分前)」だそうです。

定休日は聞いたところまだ決めていないそうなので「不定休」としておきますが、月曜日とか水曜日がいいんじゃないかと言ってあるのでそんな感じになるかもしれません。

〒601-8027 京都府京都市南区東九条中御霊町40−7(地図
営業時間:11時30分~20時30分(ラストオーダー30分前)
定休日:不定休(まだ決めてないそうです)

このお店の口コミは?


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。