ハンバーグ担々麺 @京都・一乗寺「ハンバーグ一乗寺 期間限定メニュー」実食レビュー

今回は一乗寺で話題になりそうなラーメンを食べて来ました。それが「ハンバーグ担々麺」で、ハンバーグ専門店のハンバーグが担々麺にトッピングされているという珍しいラーメンです。食べられるお店は京都・一乗寺ラーメンストリートにある「ハンバーグ一乗寺」さん。期間限定でランチのみ提供されています。

ハンバーグ一乗寺 期間限定メニュー「ハンバーグ担々麺」


ハンバーグ一乗寺 期間限定メニュー「ハンバーグ担々麺」

ハンバーグ一乗寺 期間限定メニュー「ハンバーグ担々麺」

今回の「京都ラーメン速報」は、京都のラーメンストリート「一乗寺」で珍しいラーメンを食べて来ました。

そのラーメンとは「ハンバーグ担々麺」です。

お店は京都のラーメン街道にあるハンバーグ専門店「ハンバーグ一乗寺」さん。

そのハンバーグ一乗寺さんがランチ限定・期間限定で提供している新メニューが「ハンバーグ担々麺」です。

ハンバーグ担々麺はハンバーグ一乗寺の期間限定メニュー(2020年7月23日~9月30日)

ハンバーグ担々麺はハンバーグ一乗寺の期間限定メニュー(2020年7月23日~9月30日)

このハンバーグ担々麺はハンバーグ一乗寺で2020年7月23日~9月30日の間のみ提供されている期間限定メニューのことです。

なんと、担々麺にハンバーグがひとつ入っているというあまりなかった組み合わせでもあります。

担々麺にハンバーグがひとつ入っているというあまりなかった組み合わせ

担々麺にハンバーグがひとつ入っているというあまりなかった組み合わせ

それもハンバーグ専門店のハンバーグがのっている担々麺だということなので、これは食べておかなければいけないメニューなわけです。

ちなみに値段は850円。

では、このハンバーグ担々麺はどんなラーメンなのでしょうか?

食べてみたいと思います。

ハンバーグ担々麺 実食レビュー


ハンバーグ担々麺(850円)+ライス(150円)

ハンバーグ担々麺(850円)+ライス(150円)

こちらが、京都・一乗寺ストリートで食べられる「ハンバーグ担々麺(850円)」です。

ゴマ香るスープに自家製ラー油が浮き、白ネギに糸唐辛子とほうれん草がトッピングされています。

もちろん、中央にはハンバーグ専門店であるハンバーグ一乗寺さん特製のハンバーグがトッピングされていました。

ハンバーグは麻辣で食べる「麻辣バーグ」というそうです

ハンバーグは麻辣で食べる「麻辣バーグ」というそうです

ハンバーグは麻辣で食べる「麻辣バーグ」です。

自家製ラー油が付いてくるのでそれをかけて辛さを調整しながら食べるようになっていました。

中からは肉汁があふれ出す(麻辣バーグ)

中からは肉汁があふれ出す(麻辣バーグ)

麻辣バーグは箸で切り分けると中から肉汁があふれ出してきました。

味付けはやや塩辛目の味わい。

担々麺のスープも塩気があるので、辛さよりも塩気が強めになっていました。

ということで、これはライスと組み合わせのが良いと思いました。ライスは+150円で追加可能で大盛で出てきます。

自家製ラー油を使うとさらに香ばしい味わいになります

自家製ラー油を使うとさらに香ばしい味わいになります

自家製ラー油はそんなに辛いものではありません。

これを使うとハンバーグ担々麺がさらに香ばしい味わいになりました。

ハンバーグとラーメンって珍しい組み合わせなので、一乗寺で話題になりそうなラーメンでしたよ。

このお店への行き方や営業時間は?


京都・一乗寺のど真ん中にある「ハンバーグ一乗寺」

京都・一乗寺のど真ん中にある「ハンバーグ一乗寺」

さて、このハンバーグ一乗寺さんがあるのは京都のラーメンストリートのど真ん中です。

北大路通から高野交差点を北上、右手にセブンイレブンと高安がある中心部の西側にある大きなカラオケビル一階にあるお店です。

創業は2010年、ラーメンだらけの一乗寺では珍しい他業種のお店。

ランチ営業は「11時~15時」となっていました。

ビルには駐輪場が少しありますので自転車やバイクで行くこともできますよ。

〒606-8112 京都府京都市左京区一乗寺西杉ノ宮町59 カラオケ SOM 1F(地図
営業時間:11時~15時、17時30分~20時(通常は22時30分まで、今回は時短営業期間中でした)
定休日:不定休
公式サイト:https://www.hamburg-i.net/index.html


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。