2020年9月22日オープン あくた川流 (京都ラーメン、京大農学部前)

京都市左京区の京大農学部前に新しい二郎インスパイアのラーメン店「あくた川流(ながれ)」が2020年9月22日に新店をオープンです。初代(今出川)にいた方が店長でラーメンは二郎インスパイア「白・黒・赤」の3種類で値段は800円均一となっています。

2020年9月22日オープン あくた川流


2020年9月22日オープン あくた川流(京大農学部前)

2020年9月22日オープン あくた川流(京大農学部前)

京都市左京区の百万遍から東へ行ったところ、京大農学部前に新しい二郎インスパイアのラーメン店「あくた川流(ながれ)」が2020年9月22日に新店オープンします。

お洒落な黒塗りの建物で、一見するとカフェかなとも思うお店です。

店主さんは初代(今出川)の創設メンバー3人のうちのひとりで、この方は初代(今出川)の店舗にいたのですが、あくた川のグループでは一番好きな味で作ってくれる方です。

京都 あくた川流 開演(2020年9月22日)

京都 あくた川流 開演(2020年9月22日)

にんにく(有り、無し)が気になる

にんにく(有り、無し)が気になる

あくた川は家系ラーメンのお店です。

店舗で味が微妙に異なるのですが、家系ラーメンらしい味わいは今出川店、それ以外は濃厚豚骨醤油ラーメンという味わいです。

あくた川流はまた異なる味わいになるのかどうか、まだ不明ですが「お好み表」には家系ラーメンらしく「麺・味・油」を好みで選べるようになっていました。

しかし、気になるのは「にんにく(有り、無し)」の表記で、これは二郎系のラーメンではデフォルトの質問になっているのです。

そこで店長さんに確認してみると・・・・

あくた川流は二郎インスパイアのラーメン店だったのです。

店内の様子は?(新型コロナ対策など)


カウンターメインのお店になっていました

カウンターメインのお店になっていました

店内装飾もメニューと同じで「白・黒・赤」で統一。

二階もあるようですが、客席ではありませんでした。

テーブルはなく、カウンター形式がメインになっています。

客席数は全部で17席、全席カウンターです。

対面は誰も向かいあわないようになっています

対面は誰も向かいあわないようになっています

新型コロナ対策としては、対面は誰とも向き合わないようになっていますが、横はシールドはありません。

あとは入口で手指消毒をするくらいとなっていました(オープン日以降は手指消毒はなくなっていました)。

席は隣と近く、せめて仕切り(もしくは席の間引き)が欲しいと思いました。

このお店のメニューは?


ラーメンは3種類「白流、黒流、赤流」で値段は800円

ラーメンは3種類「白流、黒流、赤流」で値段は800円

メニューは3種類で値段は800円均一です。

オープン当初は「白流」のラーメンだけの提供ですが、種類は「白流黒流赤流」となっています。これまでの「あくた川」の傾向から考えれば「白=背脂、黒=マー油、赤=ラー油」というところです。

系列店全店舗でおなじみの「50円ライス」もあり、お替り無料で腹いっぱいになるサービスですが、名物の漬物は付いていないようです。

値段は麺量で変わり、各種の並が800円、中が900円、大が1000円となっています。また、小で750円というのもあります。

麺量は中で300gとのことなので目安にしてください。

コールはなく野菜マシはできませんが、食券を買う際に+50円で野菜大盛りもしくはキクラゲ追加ができます。

あくた川流は二郎インスパイアのラーメン店

あくた川流は二郎インスパイアのラーメン店

これまで「あくた川」の店舗の一部で二郎インスパイアのラーメンを提供してきましたが、それとは全く異なる本家二郎をインスパイアしたラーメンになっています。

トッピングは「もやし、豚肉、にんにく」で、オープン初日は「味玉」がサービスとなっていました。

白流らーめん(800円)


白流らーめん(800円)

白流らーめん(800円)

見た感じは普通に二郎インスパイアのラーメンです。

味も、これまでの「あくた川」の味わいとは全く異なっており、ラーメン二郎にとても似ています。でも、それでいて粗さがなく丁寧な一杯に思えました。

上は「普通、にんにくあり」でオーダーしたものです。

スープは少々辛め(濃いめ)です

スープは少々辛め(濃いめ)です

スープは少々辛め(濃いめ)に仕上がっていました。

豚の旨味、それに甘辛い醤油ダレも二郎系の特徴をよく捉えていました。

テイガクの平打ち太麺です

テイガクの平打ち太麺です

麺は麺屋棣鄂の平打ち太麺を使用。

スープがよく絡んできます。

小麦の主張は強くなく、二郎らしい荒々しさがない感じがしますが、一般的な二郎系ラーメンより少し細めの麺で食べやすいかと思います。

赤流らーめん(800円)


赤流らーめん(800円)

赤流らーめん(800円)

2020年9月24日から「黒流らーめん」が販売スタート、9月29日からは「赤流らーめん」がスタートしていました。

上の写真は「赤流らーめん(800円)」で、麺カタ、油多め、味普通、にんにくありです。

赤といっても辛さはなく、辛くないラー油をスープの表面に大量に浮かべたラーメンになっていました。

ほんのり香ばしくてライスが進みます。

卓上調味料


卓上調味料は「にんにく醤油、にんにく酢、一味」があります

卓上調味料は「にんにく醤油、にんにく酢、一味」があります

卓上調味料には「にんにく醤油にんにく酢一味」がありました。

今回、こちらのお店のテーマのひとつに「ニンニクにこだわる」というのがあるので、にんにくを漬けた調味料になっています。

醤油は少し入れるだけでも結構濃くなるので調整するなら数滴ずつがお薦め。

酢はサッパリしますが、入れすぎ注意です。

一味は個人的にはパウダーのほうが好みなので使いませんでした。

お好み表


お好みは「普通、にんにくあり」がお薦め

お好みは「普通、にんにくあり」がお薦め

二郎系ラーメンによくあるのが「お好み表」です。

お好みは「普通、にんにくあり」がお薦めです。

麺は固めだと早めに着丼しますが、太麺なので普通に茹でた方がお薦めです。

味は元から少し辛めに仕上げてあるので、濃いめにすると辛すぎると思います。

あと、脂(油と表記)はお好みでどうぞですが、普通だと少な目です。

このお店への行き方や営業時間は?


あくた川流、お店の場所は今出川通沿いで吉田山の少し西側、京大農学部が目の前

あくた川流、お店の場所は今出川通沿いで吉田山の少し西側、京大農学部が目の前

では「あくた川流」はどこに開業するのでしょうか?

お店は今出川通り沿い、百万遍の交差点から東へ結構行くと京大農学部があるのですがその南側です。

吉田チキンさんの並び、角の黒い壁のテナントです。

営業時間は「11時~15時、17時~22時」の2部制となっています。

〒606-8317 京都府京都市左京区吉田本町26(地図
営業時間:11時~15時、17時~22時
定休日:月曜日
公式Twitter:https://twitter.com/nagare_001

このお店の口コミは?


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。