2020年5月11日閉店 らー麺九九ッ (ラーメンきゅうくつ、京都・下鴨)

京都市左京区下鴨のラーメン店「らー麺九九ッッ (ラーメンきゅうくつ)」さんが2020年5月11日に閉店してしまいました。ラーメン1杯500円という安いラーメン店で、蕎麦を練りこんだ弾力のある自家製麺が特徴的だったお店です。

2020年5月11日閉店 らー麺九九ッ


2020年5月11日閉店 らー麺九九ッ

2020年5月11日閉店 らー麺九九ッ

京都の下鴨、北大路通沿いで長く営業していたラーメン店「らー麺九九ッ」さんが突然閉店してしまいました。

閉店理由は、店主さんのご実家である北大路大橋東詰「みなもとそば処」を受け継ぐためで、ラーメン店のほうを店じまいしたとのことでした。

九九ッと書いて「きゅうくつ」と読み、カウンターのみの窮屈なお店というのがその由来です。

ラーメンが並盛500円からという安いラーメン屋さんでしたが、2020年5月11日に閉店しましたという貼紙が店頭に貼ってありました。

店頭に2020年5月11日に閉店しましたという貼紙

店頭に2020年5月11日に閉店しましたという貼紙

この「らー麺九九ッ」さん、地元では知られたラーメン店でしたが、そんなにお客さんが入っていたわけでもありませんでした。

ただ、関西のグルメ情報番組『魔法のレストラン』でも紹介されたことがあったり、テレビドラマ『最強のふたり~京都府警 特別捜査班~』のロケ地にもなったことがありました。

店主さんの実家が蕎麦店だからか、蕎麦が混ざった全粒粉の自家製麺で食べるラーメンで、細麺なのにコシがある麺が特徴的でした。

建物の二階に製麺室があり、そこで自家製麺していました。

なお、すぐ西の北大路大橋東詰にある「みなもとそば処」さんの蕎麦もここで製麺していたそうです。

このお店のメニューは?


とにかく安かったラーメンは500円

とにかく安かったラーメンは500円

京都の安いラーメンをまとめた記事「京都民御用達の600円以下で食べられる京都ラーメン」でも紹介したことがあるほど安いラーメン店でした。

ラーメン並で500円、中盛(1.5玉)が550円、大盛(2玉)でも600円という驚きの安さです。

ライスとセットでも650円で、五目飯(250円)とセットでも700円でした。

このお店への行き方や営業時間は?


場所は京都市左京区下鴨(北大路通沿い)

場所は京都市左京区下鴨(北大路通沿い)

では、2020年5月11日に閉店した「らー麺九九ッ」さんはどこにあったラーメン店なのでしょうか。

場所は京都市左京区下鴨(北大路通沿い)です。

住所は下鴨ですが、北大路に近い方です。

周囲にはラーメン屋さんが点在している中で、値段の安さから常連さんが多いお店でした。

※補足※ らー麺九九ッさんの前は「味千らーめん」がここにありました。その「味千らーめん」は今の「熊本ラーメン肥後もっこす」さんです。

京都府京都市左京区下鴨西半木町70−2(地図
営業時間:12時~13時30分、18時30分~23時30分
定休日:火曜日

このお店の口コミは?


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。