2019年10月1日リニューアル 陽はまた昇る (醤油ラーメン専門店、京都・深草)

2019年10月1日リニューアルオープン「醤油ラーメン専門店 陽はまた昇る」さんのラーメン実食レビュー記事です。京都市伏見区の深草にあるラーメン店で「地鶏スープと自家製麺」がコンセプトになっています。醤油は「岡直三郎商店、日東醸造、五光醤油」と名だたる蔵元のものを使ったラーメンもあります。

広告

2019年10月1日リニューアル 醤油ラーメン専門店 陽はまた昇る


2019年10月1日リニューアル 陽はまた昇る

2019年10月1日リニューアル 陽はまた昇る

2019年10月1日、京都市伏見区の深草に「醤油ラーメン専門店 陽はまた昇る」さんがリニューアルオープンしました。

ここ、前は「ラー麺 陽はまた昇る」という屋号で営業していましたが、蕎麦専門店「蕎麦 ヒハマタノボル」に業態変更していたお店です。

蕎麦専門店といっても夜は「つけ麺」もありました。

しかし、2019年9月25日閉店。

2019年10月1日から「醤油ラーメン専門店 陽はまた昇る」に屋号変更という経緯になっています。

地鶏スープと自家製麺で醤油にこだわったお店

地鶏スープと自家製麺で醤油にこだわったお店

屋号変更に伴いコンセプトも変更となっています。

今回は「地鶏スープと自家製麺」という組み合わせで、タレの醤油にこだわったそうです。

醤油は「岡直三郎商店、日東醸造、五光醤油」と名だたる蔵元のものが使用されており、それぞれのラーメンに特徴を出していました。

なお、ラーメンは7種類あり、醤油にこだわったものはそのうち3種類です。

地鶏醤油ラーメン(陽はまた醤油)780円
地鶏醤油ラーメン(白たまり)830円
濃厚鶏白湯醤油 850円
地鶏と貝出汁醤油 880円
地鶏醤油ラーメン(生醤油)830円
地鶏醤油つけ麺 880円
まぜそば 830円

地鶏と貝出汁醤油 実食レビュー


地鶏と貝出汁醤油 880円

地鶏と貝出汁醤油 880円

今回は「地鶏と貝出汁醤油」を食べてみることにしました。

ベースは地鶏、麺は自家製麺、その醤油ラーメンに「アサリ出汁」をブレンドしたアサリのコクを感じるラーメンです。

アサリの旨味がビビッドに効いています

アサリの旨味がビビッドに効いています

スープはアサリ味というよりも、アサリの旨味が溶け込んでいるというスープ。

元々、ラーメンには定評のあるお店で丁寧な仕事がうかがえます。

味もバッチリで美味しいラーメンです。

自家製麺は打ち立てのようなチュルッとした食感

自家製麺は打ち立てのようなチュルッとした食感

自家製麺は打ち立てのようなチュルッとした食感です。

ただ、このスープなら熟成麺の方が合いそうだなとは思いました。

まぁ、でも美味しかったし、リピートはありかなと思うお店でした。

醤油ラーメン専門店 陽はまた昇る


醤油ラーメン専門店 陽はまた昇る

醤油ラーメン専門店 陽はまた昇る

ということで、オープンすぐに行ってきた「醤油ラーメン専門店 陽はまた昇る」さん。

味も良いし、行きやすい場所にあるので重宝しそうなラーメン店です。

場所は師団街道から師団橋へと向かう途中にあります。

藤森駅から歩いて5分くらい、他にもラーメン店が多いエリアです。

営業時間は確認を忘れましたが、以前と同じなら以下の通りです。

京都府京都市伏見区深草野田町8−3
営業時間:11時~14時、18時~23時30分
定休日:木曜日
広告


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。