2019年9月8日オープン 令和食堂 正福 (まさふく、京都・亀岡、ラーメン中華新店)

なんと!王将1号店(旗艦店)の味を受け継ぐラーメン店が亀岡で新店オープンしました。そのお店とは「令和食堂 正福(まさふく)」さん。ラーメンや中華料理を食べられるお店で値段もリーズナブルながら、本格的な京都の中華を食べられるお店なのです。

広告

2019年9月8日オープン 令和食堂 正福


2019年9月8日オープン 令和食堂 正福

2019年9月8日オープン 令和食堂 正福

今回の「京都ラーメン速報」は、京都府亀岡市で2019年9月8日に新店オープンしたばかりの中華料理店(ラーメン店)の紹介です。

お店の名前は「令和食堂 正福 (まさふく)」さん。

JR亀岡駅からも近く、イオンの北側で元々は「餃子の王将 亀岡駅前サティ店(2019年3月31日で閉店)」があったところです。

餃子、炒飯、ラーメンのお店です(令和食堂 正福)

餃子、炒飯、ラーメンのお店です(令和食堂 正福)

看板には「餃子、炒飯、ラーメン」の文字。

11時~14時までは日替わりランチ(750円)もある中華料理店なんです。

ということで、さっそく入店してみましょう!

令和食堂 正福 ってどんな店?


4名テーブルが4卓、カウンターも多めです

4名テーブルが4卓、カウンターも多めです

店内は4名テーブルが4卓ほど、カウンターもありました。

前述のように、この正福さんは餃子の王将だったテナントなので広めでゆったりとしたお店になっています。

メニューと値段(麺類など)

メニューと値段(麺類など)

メニューはラーメンや中華一品に揚げ物や飯類などレパートリー豊富

値段は餃子280円、ラーメン550円~、チャーハンも500円(並)とめちゃくちゃリーズナブルな価格です。

メニューと値段(定食など)

メニューと値段(定食など)

定食もあって「醤油ラーメン+焼き飯(小)+唐揚げ+小鉢」で900円です。

お子様ランチもありますね。

このメニュー構成でうっすら気がつくかもしれませんが、実はこちらのお店は「餃子の王将 四条大宮店」というテレビでよく紹介される王将の旗艦店と深い関わりあいがあるラーメン店なのです。

令和食堂 正福 ラーメン・チャーハン・餃子を食べてみた


とても手際よく中華鍋で料理が出来上がっていきます

とても手際よく中華鍋で料理が出来上がっていきます

この「令和食堂 正福」さん、元は餃子の王将の発祥店である「四条大宮店」で腕をふるっていた二人の店員さんが立ち上げたブランドなのです。

代表は『松本家の休日』で四条大宮店が紹介された時に出演していた高原正文店長!

そうなんです。

「令和食堂 正福」さんは、餃子の王将1号店(発祥店)「四条大宮店」店長さんが独立開業した王将クローン店だったのです。

メニューを右から3つ(餃子、焼飯、醤油ラーメン)食べてみます

メニューを右から3つ(餃子、焼飯、醤油ラーメン)食べてみます

ということで、注文は「餃子焼飯醤油ラーメン」にしました。

さすが、元王将の旗艦店で店長をやっていただけあって料理の手際は完璧です。

正福 醤油ラーメン(550円)

正福 醤油ラーメン(550円)

さて、最初に着丼したのが「正福 醤油ラーメン(550円)」です。

こちら、鶏ガラベースの中華そばで、シャッキリもやしと甘いメンマにじっくりと熱を通したチャーシューがトッピングされたラーメンです。

アッサリ系ですが、鶏の出汁もよく、ほんのり甘い食べやすくスッキリした味わいです。

焼飯(500円)並盛

焼飯(500円)並盛

焼飯は並盛で500円、小盛りもあります。

中華鍋で威勢よく焼かれた焼飯はものすごくパラパラです。

京都なので味わいはサッパリ、玉子と焼豚の味を楽しむチャーハンになっています。

餃子の王将の味そのままです

餃子の王将の味そのままです

もちろん「餃子(280円)」も注文です。

普段から食べ慣れた餃子で、餃子の王将の味そのものです。

亀岡駅前から餃子の王将がなくなって残念がっていた方もいらっしゃると思いますが、今後は「令和食堂 正福」さんで王将旗艦店の味を楽しむことができるようになったわけですね!

令和食堂 正福 営業情報


令和食堂 正福(外観写真)

令和食堂 正福(外観写真)

さて、今回紹介した「令和食堂 正福」さんの営業情報についてです。

JR亀岡駅の南口を出て左へ、イオン亀岡店の北端にあるのが「令和食堂 正福」さんです。

3時間無料のバイク駐輪場もあるし、イオンに駐車場もあるので立ち寄るのはものすごく便利です。

営業時間は「11時~14時(L.O.10分前)17時~22時(L.O.30分前)」で、定休日は「火曜日」となっています。

京都府亀岡市古世町西内坪101
営業時間:11時~14時(L.O.10分前)、17時~22時(L.O.30分前)
定休日:火曜日
広告


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。