京都・一乗寺にある「広島汁なし担々麺」実食レビュー

今回は京都で食べられる広島名物の「広島汁なし担々麺」を食べに一乗寺まで言って来ました。お店は「一乗寺ブギー」さんで、つけそばメインのお店ですが、汁なしの「広島汁なし担々麺」がメニューにあります。

これがまた美味しいので結構お薦めです。

広告

広島名物の「広島汁なし担々麺」が京都でも食べられるよ!


広島名物「広島汁なし担々麺」を京都でも食べられる店が一乗寺にある

広島名物「広島汁なし担々麺」を京都でも食べられる店が一乗寺にある

今回の「京都ラーメン速報」は、広島名物の「広島汁なし担々麺」を実食レビューします。

もちろん、広島県まで行って来た・・・・わけではなく、実は京都の一乗寺にあるラーメン店で食べることができるのです。

そのお店とは「一乗寺ブギー」さん、以前も「つけそば」の実食レビューをしたことがあるラーメン店です。

一乗寺ブギー最安値の「広島汁なし担々麺」は530円~580円で提供されています

一乗寺ブギー最安値の「広島汁なし担々麺」は530円~580円で提供されています

この「広島汁なし担々麺」は値段が530円(麺量150g)~580円(麺量200g)と、他のメニューに比べて安い値段で提供されています。

汁なしそばは生産コストが安いので、それをきちんと商品価格に反映しているところが実直だなと思いました。

では、この「広島汁なし担々麺」を早速食べてみたいと思います。

広島汁なし担々麺(一乗寺ブギー)実食レビュー


広島汁なし担々麺(一乗寺ブギー)

広島汁なし担々麺(一乗寺ブギー)

こちらが一乗寺ブギーさんのメニューにある広島名物「広島汁なし担々麺」です。

トッピングはたっぷりミンチ、そして「青ねぎ山椒」で、底にはラー油と一味の油が入れてあります。

辛さは普通より少し辛いくらい、辛さを足せるようにもなっています。

広島汁なし担々麺を30回混ぜた状態

広島汁なし担々麺を30回混ぜた状態

麺量は200g、30回以上混ぜて汁が麺に全て絡むまでかき混ぜます。

山椒の風味が良く、ミンチとラー油で甘辛く美味しい汁なし担々麺です。

〆のライスを入れるとたぶん激ウマです

〆のライスを入れるとたぶん激ウマです

辛さ調整用の一味や山椒、そしてキャロラインリーパー

辛さ調整用の一味や山椒、そしてキャロラインリーパー

美味しいのでサクサクと食べてしまいました。

で、食べ終わった後に気がついたのですが、これは〆の白米を入れると激ウマなやつです。

ミンチの甘さとラー油の辛さに白米を混ぜて食べると美味しいだろうなと思ったのですが、オプションで+100円だったので注文するのを忘れてしまいました。

リピートはありだと思ったので、次回はぜひ〆のライスも一緒に注文したいなと思う逸品でした。

一乗寺ブギー 営業時間やアクセス方法


営業時間は「11:30~15時、17時~24時30分」

営業時間は「11:30~15時、17時~24時30分」

さて、一乗寺ブギーの営業時間は「11:30~15時、17時~24時30分」です。

土日祝は通し営業になっており、以前の日曜日定休から不定休に変わっていました。

一乗寺ラーメンストリートの中程にあるラーメン店で、他にも「つけそば、中華そば」などのメニューもあります。

京都府京都市左京区高野玉岡町49−1
営業時間:11:30~15時、17時~24時30分
定休日:不定休
公式Twitter:https://twitter.com/1_Boogie
公式サイト:http://www.syakariki.jp/


2019年5月7日放送の『ちゃちゃ入れマンデー』で、滋賀県長浜市で食べられる千葉県のご当地グルメ「ホワイト餃子」のお店が紹介されます。そのお店とは「茶しん 駅前本店」さんのことで、ここではイタリアン焼きそばやホワイト餃子といった他府県のグルメを堪能することができます。



今回はゴールデンウィークに食べ歩きたい「関西の京都で食べられる全国ご当地グルメ」をまとめました。いまやご当地グルメも現地に行かなくても食べられる時代です。京都でご当地グルメを提供している飲食店を探してみると10店舗ほどあるんです。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。