京野菜~和~ラーメンいたや @京都・銀閣寺道で2019年2月27日新店オープン

京都の銀閣寺道に京風ラーメンのお店「京野菜~和~ラーメンいたや」さんが2019年2月27日に新店オープンすると告知されています。ラーメンは「京野菜の出汁を使ったラーメン」になるそうで、シジミと白菜を使った和風スープのラーメンとなっていました。

広告

京野菜~和~ラーメンいたや が銀閣寺道で2019年2月27日新店オープン


京都の銀閣寺道に新しいラーメン店「京野菜~和~ラーメンいたや」が開業

京都の銀閣寺道に新しいラーメン店「京野菜~和~ラーメンいたや」が開業

京都の銀閣寺道に新しいラーメン店が開業します。

お店の名前は「京野菜~和~ラーメンいたや」さんで、2019年2月27日に新店オープンとなっています。

和風テイストの店舗(ラーメンいたや)

和風テイストの店舗(ラーメンいたや)

和風テイストの店舗で、観光地ということでカジュアルに入れるラーメン店になっています。

ラーメンは「シジミと京野菜の出汁を使ったラーメン」になると告知されており、京風のアッサリ系ラーメンとなっていました。

シジミと京野菜の出汁を使ったラーメン
和風テイストのカフェのような店内
席数は約25席

京都旬野菜つけめん(税込1200円)実食レビュー


京都旬野菜つけめん(税込1200円)シジミと白菜などの出汁

京都旬野菜つけめん(税込1200円)シジミと白菜などの出汁

ということで、こちらが「京野菜~和~ラーメンいたや」さんの看板商品である「つけめん」のひとつです。

京都旬野菜つけめん

というメニューになっており、値段は税込みで1200円となっていました。

京野菜の煮込み、半熟玉子や焼豚などのラーメントッピングがついた「つけめんセット」になっています。

麺について


麺は棣鄂(ていがく)の全粒粉ストレート中細麺

麺は棣鄂(ていがく)の全粒粉ストレート中細麺

麺は全粒粉のもので、ストレート中細麺くらいのものを使っています。

製麺所は「棣鄂(ていがく)」となっており、コシ強めの茹で加減です。

主張の薄い麺が多い棣鄂製にしては、前面に香りと味を出してくる麺になっており、同じく主張の強いスープに負けないようになっているのが特徴的でした。

スープについて


スープは「シジミ+白菜などの野菜」がベースの塩味です

スープは「シジミ+白菜などの野菜」がベースの塩味です

スープは「シジミ+白菜などの野菜」がベースで味付けは濃い目の塩味になっています。

京都ではかなり辛口なスープですが、つけ麺に合わせるとちょうど良い塩梅になります(それでもちょっと辛めかも)。

でも、途中で京野菜の煮物などを食べながらなので、そんなには気にならないと思います。

煮物やトッピングについて


京野菜の煮物と白ネギ

京野菜の煮物と白ネギ

今回食べた「京都旬野菜つけめん」や「京都旬野菜いたや御膳」は京野菜の煮物が付いたセットになっています。

大根や蓮根に金時人参で、それに白ネギが入っています。

つけ汁に入れて食べもよいし、このまま食べても良いと思います(白ネギは汁に入れました)。

トッピングも別皿になっています

トッピングも別皿になっています

つけ麺のトッピングは別皿提供で、そちらには「半熟卵チャーシュー青ネギ柚子胡椒」が付いています。

柚子胡椒は京都ではあまり馴染みのない食材で、九州などが本場です。

実はこちら愛媛県松山市の「和菜いたや」さんという和食店が本店で、そちらが京都の銀閣寺道に進出してきたということになります。

金閣寺で2018年2月7日に新店オープンした「鯛めし 槇 金閣寺店」さんも愛媛県松山市ですが、お店同士仲が良いのだそうです。

京野菜~和~ラーメンいたや メニューと値段


京都旬野菜いたや御膳(2100円)

京都旬野菜いたや御膳(2100円)

ラーメンは「和ラーメン、つけめん」の2種類あり、値段は単品で800円です。

京都旬野菜盛り合わせをセットにしたのが「京都旬野菜つけめん、京都旬野菜和ラーメン」で値段は1200円になります。

それに前菜や天巻きにデザートがセットになったのが「京都旬野菜いたや御膳」で、こちらの値段は2100円となります。

京都旬野菜いたや御膳はラーメンかつけ麺を選択できるようになっていました。

京都旬野菜いたや御膳 2100円
京都旬野菜つけめん 1200円
京都旬野菜和ラーメン 1200円
つけめん 800円
和ラーメン 800円

京野菜~和~ラーメンいたや 営業時間や定休日


京野菜~和~ラーメンいたや

京野菜~和~ラーメンいたや

この「京野菜~和~ラーメンいたや」さんですが、現時点では「営業時間定休日」などは未定です。

お店で確認したところでは「11時~未定」で営業終了時刻は決まっていないそうです。

銀閣寺道なので夕方以降の営業はたぶんあまりないと思います。

定休日も現状では「不定休」とのことでした。

場所は銀閣寺道の橋を渡ってすぐ左入った側道沿いです

場所は銀閣寺道の橋を渡ってすぐ左入った側道沿いです

京都府京都市左京区銀閣寺前町12-2(MAP
営業時間:11時~未定
定休日:不定休

京野菜~和~ラーメンいたや への行き方

では「京野菜~和~ラーメンいたや」さんの場所についてです。

銀閣寺道を銀閣寺方面へ、参道へ入る直前の石橋を渡ってすぐ左入った側道沿いです。

表通りからは見えづらい位置にありますので、ある程度目立つような店舗デザインは必要そうに思えました。

※地図に登録申請をしました。


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。