2019年2月8日新店オープン 麺匠つじや 梅小路北店 (京都・千本七条)

2019年2月8日に梅小路公園近く(千本七条)で「濃厚鶏出汁と炭焼焼豚 麺匠つじや 梅小路北店」が新店オープンしています。「焼鳥専門店にしかできないラーメン」をコンセプトにゴボウの風味が香る濃厚鶏白湯ラーメンのお店です。

広告

濃厚鶏出汁と炭焼焼豚 麺匠つじや 梅小路北店 2019年2月8日新店オープン


2019年2月8日新店オープンしたラーメン店「麺匠つじや 梅小路北店

2019年2月8日新店オープンしたラーメン店「麺匠つじや 梅小路北店

2019年2月8日新店オープンしたラーメン店「麺匠つじや 梅小路北店」さんへ行って来ました。

正式名称は「濃厚鶏出汁と炭焼焼豚 麺匠つじや 梅小路北店」というらしく、濃厚鶏白湯に炭火焼きのチャーシューを使ったラーメン店です。

本来は「酒場つじや 梅小路北店(2018年3月26日開業)」というお店のテナントで、夜は居酒屋営業中に「鶏汁ラーメン」があります。

「からあげ専門店つじや」として昼営業に提供していたラーメン(2018年10月4日撮影)

「からあげ専門店つじや」として昼営業に提供していたラーメン(2018年10月4日撮影)

2018年5月1日に「からあげ専門店つじや」として昼営業を開始して昼のランチ限定で「鶏ゴボウの炊いたんラーメン 850円」と「海老香る西京味噌つけめん 850円」を販売していたこともあるのですが、その唐揚げ店は程なく営業をやめてしまわれました。

そこが2019年2月8日に昼営業をリニューアルして本格的にラーメン専門店を始めたという経緯になっています。

2018年3月26日 酒場つじや 梅小路北店 として夜に鶏汁ラーメンを提供
2018年5月1日 からあげ専門店つじや として昼営業にラーメンを提供
2019年2月8日 麺匠つじや 梅小路北店 として昼営業がラーメン専門店となる
キャッチコピーは「焼鳥専門店にしかできないラーメン」

キャッチコピーは「焼鳥専門店にしかできないラーメン」

キャッチコピーには「焼鳥専門店にしかできないラーメンをお届けしたい・・」とあり、さらに「ごぼうの風味をアクセントに」との記述もあるので、前店とラーメンのコンセプトは似ているようでした。

麺匠つじや「極味(きわみ)850円」ラーメン実食レビュー


麺匠つじや「極味(きわみ)850円」ラーメン

麺匠つじや「極味(きわみ)850円」ラーメン

今回は「極味(きわみ)850円」のラーメンを食べてみました。

炭火焼きの香ばしい油(鶏油かな)が香るラーメンで、同じく炭火焼きのネギと炭焼きチャーシューがトッピングされていて風味が増しています。

他にも「青梗菜ゆで卵海苔」がトッピングされており満足度が高いラーメンです。

トッピングの炭焼きチャーシュ(麺匠つじや)

トッピングの炭焼きチャーシュ(麺匠つじや)

スープについて


スープは濃厚鶏白湯に根菜系の味わい

スープは濃厚鶏白湯に根菜系の味わい

スープは鶏白湯で、なかなかの濃度でした。

それに根菜だと思うのですが、野菜の風味がほのかにします。

キャッチコピーに「ごぼうの風味をアクセントに」とあったので、それかもしれません。

スープのクオリティが高く美味しい鶏白湯で、それに炭焼きの風味が合わさっているのでグイグイと飲んでしまいました。

麺について


中太ストレートで美味しい麺です(麺匠つじや)

中太ストレートで美味しい麺です(麺匠つじや)

もとても美味しいものを使っており、中太ストレートのやや固めの茹で加減になっています。

スープが濃厚なので、このくらいの太さがちょうど良いと思いました。

ただ、少しヌメリが気になります。グツグツ湯だった寸胴で手早く一気に茹であげない(麺を踊らせていない)感じがありました。

このあたりを改良すれば、さらによくなりそうに思えました。

生七味がラーメンについてきます


ラーメンについてきた 生七味(麺匠つじや)

ラーメンについてきた 生七味(麺匠つじや)

丼の横を見ると、なにやら見慣れない添え皿がありました。

これ「生七味」なんだそうです。

生七味は乾燥させていない七味のことで、山椒なども入っており香りと辛さがあります。

これをスープに溶かしながら、香り付けをして食べるとさらに美味しくいただくことができました。

麺匠つじや メニューと値段


メニューと値段(麺匠つじや)

メニューと値段(麺匠つじや)

現状では、ラーメンは1種類で「極味(きわみ)」という鶏白湯+ゴボウのラーメンのみです。

値段は1杯850円

もうひとつチャーシュー3倍増しのラーメン「極味焼豚(きわみちゃーしゅー)」もメニューに書かれていました。

前述のように「酒場つじや 梅小路北店」時代にあったラーメンと同じコンセプトですが、もうひとつ近日発売予定として「西京味噌つけ麺」もメニュー化されるとありました。前店でも「海老香る西京味噌つけめん」があったのでそのラーメンも同じコンセプトのようです。

極味(きわみ)850円
極味焼豚(きわみちゃーしゅー)1100円 ※チャーシュー3倍増し
替玉 150円

ちなみに、このラーメンは楽天通販でも購入可能です。

麺匠つじや 梅小路北店 営業時間と定休日


麺匠つじや 梅小路北店

麺匠つじや 梅小路北店

では「麺匠つじや 梅小路北店」さんの営業時間と定休日についてです。

営業時間は「11時30分~14時(L.O.13時30分)」で昼営業のみです。

定休日は「水曜日」となっています。

京都府京都市下京区朱雀北ノ口町51(MAP
営業時間:11時30分~14時(L.O.13時30分)
定休日:水曜日
公式Instagram:https://www.instagram.com/p/BtnY10EDkze/
公式サイト:http://www.kyoto-tsujiya.com/tsujiya/

麺匠つじや 梅小路北店 への行き方(アクセス方法)

最後に「濃厚鶏出汁と炭焼焼豚 麺匠つじや 梅小路北店」への行き方(アクセス方法)についてです。

最寄り駅はJR山陰本線「丹波口駅」で、梅小路公園の北西(京都中央卸売市場)の西側になります。

七条通沿いなのですぐに分かると思いますが、京都市バスの場合は「七条千本バス停」で下車すると目の前です。


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。