油そば専門店 西院麺ism @京都ラーメン「麺ism の京都支店が西院で出店」新店オープン

京都・西院に南草津の油そば専門「麺ism」のラーメン新店が開業することになっています。店名は「西院麺ism」となっており、現在はオープンに向けて準備中となっていました。2019年1月17日にオープンのラーメン新店です。

ということで「油そば専門店 西院麺ism」で営業時間などの情報を聞いてきました。

広告

京都・西院にラーメン新店「油そば専門店 西院麺ism」が新店オープン


油そば専門 西院麺ism(2019年1月17日撮影)

油そば専門 西院麺ism(2019年1月17日撮影)

京都・西院にラーメン新店「油そば専門店 西院麺ism」さんが開業すると予告されています。

場所は四条通のニトリの前で鶏谷の隣り、そうです!2018年12月2日までは「担担 西院店」があったテナントです。

さらに、店名「麺ism」と聞いて「おやっ?」と思う方もいらっしゃるかと思います。

私は今出川のラーメン店「麺イズム はらはち」が速攻で思い浮かびましたが、滋賀県の南草津にある「油そば専門 麺ism」の京都初の店舗なのだそうです。

ラーメン新店「油そば専門 西院麺ism」

ラーメン新店「油そば専門 西院麺ism」

滋賀県の南草津にある「油そば専門 麺ism」の京都初の店舗(西院麺ism)

滋賀県の南草津にある「油そば専門 麺ism」の京都初の店舗(西院麺ism)

店長の今村さんという若い女性の方にお話を聞く機会があり、開店日などを教えてもらいました。

開業日「2019年1月17日」で、現在まだスタッフ募集中でとのことでした。

現在は盛り付け方などを検討しつつ開業へ向けて作業されています。

西院麺ism メニューと値段


メニュー(西院麺ism)

メニュー(西院麺ism)

では「西院麺ism」さんのメニューはどんなラーメンなのでしょうか。

基本メニューは「くんまぜ台湾まぜそばラー辛まぜ背脂まぜにぼまぜ」となっています。

麺量は150g~300gまでは同じ値段で、50g刻みで注文できるので好みの量が選べて良いと思います。

くんまぜ 780円(150g、200g、250g、300g)
台湾まぜそば 880円(200g)、980円(300g)※追い飯付き
ラー辛まぜ 780円(150g、200g、250g、300g)、880円(400g)
背脂まぜ 780円(150g、200g、250g、300g)、880円(400g)
にぼまぜ 780円(150g、200g、250g、300g)、880円(400g)
メニューと値段(西院麺ism)

メニューと値段(西院麺ism)

プレオープン直前の店内(西院麺ism)

プレオープン直前の店内(西院麺ism)

西院麺ism「台湾まぜそば」実食レビュー


西院麺ism「台湾まぜそば」

西院麺ism「台湾まぜそば」

ということで、2019年1月17日にプレオープンとなった「西院麺ism」さんへ行って来ました。

11時30分のオープンすぐに到着、お客さんも開店直後すぐから入店し始めて、しばらくすると満席となりました。

メニューの「くんまぜ」は燻製油で食べるまぜそばで、それに背脂がのると「背脂まぜ」煮干しが効いたのが「にぼまぜ」です。

辛いのは「ラー辛まぜ」で、「台湾まぜそば」は辛くないタイプのものです。

今回は、燻製油も使ってあり背脂も入っているトッピング盛りだくさんの「台湾まぜそば 880円」を注文しました(2019年2月時点で台湾まぜそばに背脂はトッピングされていません)。

麺はモッチリとした太麺で美味しい(混ぜる前)

麺はモッチリとした太麺で美味しい(混ぜる前)

麺はモッチリとした太麺で美味しい麺です。

コシも固さもバッチリちょうど良く、タレの油もよく絡みます。

タレがよく絡んでいます(混ぜた後)

タレがよく絡んでいます(混ぜた後)

最初の写真は「混ぜる前の麺」で、分かりやすいように上に「混ぜ後の麺」の写真も掲載します。

この麺、私の好みの麺でとても食べやすかったです。

クセがないので、風味を味わう「まぜそば」にちょうどよく合う麺だと思いました。

タレは脂のコクをよく感じるものでアッサリ、卓上調味料で好みの味に

タレは脂のコクをよく感じるものでアッサリ、卓上調味料で好みの味に

タレは脂のコクをよく感じるタイプで、脂の旨味が美味しいタレです。

辛さなどは比較的アッサリなので、卓上調味料(タレ、酢、ブラックペッパー、コリアンダー)を好みで入れます。

すると、タレも好みの味わいになりました。

〆のご飯が付く「台湾まぜそば」

〆のご飯が付く「台湾まぜそば」

台湾まぜそばのみ、〆のご飯が付いてきます。

ということで、最後に飯を投入すると、これがまた美味しい

麺と一緒に食べるのと違って、油のコクがもっと分かる食べ方でした。

麺ism さんのまぜそばは「油を楽しむ」タイプで、食べやすいし、なかなか良いお店が近くに開店したなと満足することができました。

西院麺ism「くんそば」実食レビュー


もうひとつの人気メニューの「くんそば」

もうひとつの人気メニューの「くんそば」

さて、先ほどの「台湾まぜそば」と人気を二分するのが「くんそば」です。

こちらは燻製油をふんだんに使ったもので、油と醤油ダレで食べるようになっています。

麺は同じく太麺で食べごたえがあり美味しいし、麺も300gまでは同じ値段なのが嬉しいです。

油も良い香りで、こちらもかなりお薦めの油そばでした。

西院麺ism 営業時間や定休日


西院麺ism(2019年1月17日撮影)

西院麺ism(2019年1月17日撮影)

では、西院麺ism の営業時間や定休日についてです。

店長さんに確認したところ、当面の営業時間は「11時30分~17時」で、定休日は「月曜日」とのことでした。

営業時間は2019年2月から延長され「11時30分~21時」となります。

京都府京都市右京区西院四条畑町5
営業時間:11時30分~21時(月曜日のみ14時まで)
定休日:月曜日の夜
公式Instagram:https://www.instagram.com/men_ism/

西院麺ism アクセス方法

「西院麺ism」さんの場所についてです。

前述したように「担担 西院店」のあった場所で、四条通にある「ニトリ 京都西院店」の北側お向かいです。

最寄り駅は阪急京都線「西院駅」で徒歩で10分くらいの場所です。

駐車場や駐輪場はありませんので、自家用車の場合は四条通のコインパーキングなどを使用するようにしてください。


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。