珍元 閉店 @京都・壬生「映画タンポポ」で伊丹十三監督も取材に来たラーメン店

京都の大宮(壬生)にある中華そばの名店「中華そば専門店 珍元」さんが2018年9月11日をもって閉店し、37年間の歴史に幕を閉じました。店頭には「閉店のご挨拶」と書かれた貼紙がされています。

映画『タンポポ』の取材で伊丹十三監督も立ち寄ったとされる京都の名店でした。

広告

中華そば専門店 珍元、37年間の歴史に幕


京都の壬生で37年間、中華そばを作り続けた名店「珍元」が閉店

京都の壬生で37年間、中華そばを作り続けた名店「珍元」が閉店

京都の「中華そば専門店 珍元」さんが2018年9月11日をもって閉店しています。

創業から37年間の歴史に幕ということになるのですが、女将さんが亡くなられたと地元では言われていました。

場所は阪急京都線「大宮駅」の西を通る「壬生川通」に面したお店で、店頭には以下のような貼紙がされています。

中華そば専門店 珍元の閉店告知

中華そば専門店 珍元の閉店告知

閉店のご挨拶
突然のことではございますが、この度
珍元は閉店させていただく事となりま
した。
37年間皆様に足をお運びいただきました
事、心より感謝いたします。
尚、御用のお有りの方が御座いました
ら、西隣の自宅(『堀』)の方へいらして
下さいます様、お願い申し上げます。

台風21号直後からお店を閉めていたそうですが、2018年9月11日で上のような貼紙がされています。

閉店理由については記載されていませんが、急な閉店であることが分かります。

豚骨スープに生姜の香りがするラーメンで、ファンの多い店でもありました。

中華そば専門店 珍元 アクセス方法


中華そば専門店 珍元

中華そば専門店 珍元

京都の「中華そば専門店 珍元」さんといえば、映画監督の伊丹十三監督が映画『タンポポ』の構想を立てている際に、主演の宮本信子さん(女優)と京都で立ち寄った店とされている名店です。※ちなみに映画のモデルになったラーメン店は東京の「佐紅信」というお店です。

創業から37年間、中華そばをリーズナブルな価格で提供してきた昭和のお店でした。

地元の名店が閉店になるというのは寂しいことですが、時代の流れを感じる出来事です。

京都府京都市中京区壬生相合町20
営業時間:11時~23時
定休日:月曜日

中華そば専門店 珍元の口コミや感想


この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。